FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-調教-第13話

<調教 第13話>

銃弾のように降り注ぐ雨は、体育倉庫の屋根を激しく打ち付けていた。
台形の跳び箱の形に添って、磔になっている哀れな少女。
切れ掛かった蛍光灯の薄暗い光に、まだ17歳の熟しきっていない裸体が照らされる。
深夜の体育倉庫に一人残された萌絵は、迫り来る絶望的な恐怖と戦っていた。

お、終わる…!
あの扉が開いたら、私の人生は終わる…!

今まで馬鹿にしていた男子生徒達が、跳び箱に縛り付けられた私の体に群がるだろう。
両手両足を拘束され、自由を奪われた状態で、男子生徒達に嬲られる…。
胸を揉まれ、唇を舐められ、もちろん、あそこにも…。
蛙の標本のように手足の自由を奪われた状態での陵辱…。
想像しただけで、涙が出てくる…。

男子生徒5人分の精液を、これから体中に浴びせられるのだ。
どろどろの濃い精液を、顔、胸、手、尻、体中に塗りたくられるだろう。
もちろん、外側だけでなく、内側にも…。
上から、前から、後ろから…。全部の穴から、注ぎ込まれる精液…。
雨音で叫び声はかき消され、誰も助けに来ない。

この、西園寺萌絵とやれるチャンスなのだ。
当然ながら、たった1回の射精で満足などしないだろう。
順番に、2回目、3回目の射精を行うに違いない。
5人が全員3回射精したとして、15回…。
私はこれから、一晩で15回も犯され、15回射精される…。

15回…。私、これから15回も犯されるんだ…。
そのうち何回が口に出されて、何回が中に出されるのか…。

そこまで考えた時、萌絵の心臓がドクンと大きく鼓動したような気がした。
そして、体の奥が急に熱くなり、そこからゾクゾクした感覚が湧き上がってくる。
その感覚は萌絵の胸を熱く焦がし、更に皮膚の上をざわざわと這った。
そしてそれらの感覚は、黒くて甘美な被虐の快感として萌絵の脳に認識された。
むき出しになった割れ目の奥から、熱い蜜がとろっと染み出し始めた。

ああ…私…興奮してる…
これから、馬鹿男子達に5人がかりでレイプされるってのに…
私、今からレイプされるの想像して、濡らしてるんだ…
輪姦されて、15回も射精されるの想像して、体が喜んでる…
こんなに…こんなに悔しくて、惨めで…悲しいのに…

恐らく、携帯で写真や動画も撮られるだろう。
私の性器のアップや、私が犯されているシーンの動画を撮られるに違いない。
私が男子生徒のペニスを口に咥えながら、バックで突き上げられてる所を。
性器が結合している所を。中に射精された瞬間の、私の表情を…。
そして…、そして私が泣きながら、号泣しながらお漏らしをする所を…。

それらの写真や動画は、当然ながら私を性奴隷として繋ぎとめるのに使われるだろう。
そして、毎日のように男子生徒達のおもちゃとして使われるのだ。
生きたダッチワイフとして、考えられる限りの事をやらされるに違いない。
そのうち、私を犯す男子生徒の数も増えていくことだろう。
そうなったら、正に正真正銘の便器女だ。誰もが使える、精液便所。
つまり、私は誰でも好きな時に使える、人間精液公衆便所にさせられる。

そう言えば、今夜自分が呼んだ男子生徒の中に、悪い薬に手を出しているとの噂のある
生徒も入っていた。もし、その噂が本当で、そんな薬を使われたりしたら…。
今までそのような物に手を出した事は無かったし、試してみようとも思わなかったが、
その効果について一般常識程度の知識はある。確か、気持ちの高揚、多幸感、万能感、
噂では性的な快感も増すと聞く。もし、そんなものを使われて犯されたら、私…。

男子生徒の思うがまま、薬の力で痴態を晒す自分…
自分の意思とは無関係に、止まらない絶頂に狂う自分…
薬欲しさに、どんな恥知らずで惨めな命令にも従う自分…
いずれ体がぼろぼろになって、ゴミのように捨てられる自分…

萌絵の頭の中は、悪い想像で一杯になった。もう、精神的におかしくなりそうだった。
そして、体の我慢の方も限界が近づいていた。
さっき6つも注入された浣腸液によって、お腹がぐるぐると蠢き始めたのだ。
腹から太もも辺りにかけて、ざわざわとした肌を這うような緊張感が、数秒おきに走る。
いったいいつまで我慢できるのだろう…。
それとも、馬鹿男子達に犯されながら…口とあそこに入れられながら、漏らすのか…。

「は、はああああぁ…あううぅっ…。」

萌絵の高いプライドが、引いては寄せる強烈な便意と戦っていた。
一体、どうするのが最もマシな選択なのか。
恥を忍んで、トイレにいかせてとお願いするか?
自分は6個も浣腸されて、今にも大便を漏らしそうだと自分から言う?
うんちさせて下さいって?萌絵は、うんちがしたくてたまりませんって?
今の私の顔は、うんちを我慢している顔なんですって?

とてもそんな事は言えそうもなかった。
しかも、それを聞いた奴らがトイレに行かせてくれるとはとても思えない。
5人が見守る中、全裸で排便する所を見られるのだ。
この跳び箱に張り付けられたままさせられたとして…私はその時、どんな声を出すのか。
"やめてっ!見ないでっ!見ないでくださいっ!"と大声で叫びながら、泣きながら
大便を撒き散らす私…それを食い入るように見つめる男子生徒達…。

もしかしたら、四つんばいにしてさせられるかも知れない。
犬のような格好で、させられるのだ。完全な見世物だ。
顔を床に押し付けられて、お尻を高く突き出しての排便…。
想像しただけで、号泣したくなるような屈辱だ。

また、仰向けに寝かされて、更に体を半分に折り曲げ、お尻が天井を向くような格好で
させられるかもしれない。そうしたら、お尻の穴から出てくる一部始終が全て見られる。
天井に向かって噴水のように吹き出る浣腸液と軟便…。まるで何かのショーのようだ。
トイレに行かせて欲しいと懇願したところで、状況が好転するとは思えない。
そう考えると、自分から便意を我慢しているのを言うのは得策とは言えなさそうだ。

では、やはり無駄だと分かっていながら限界まで我慢をするのか?
そして、口と性器に馬鹿男子達のペニスを咥え込み、体を激しく揺さぶられながら漏らす…?
嫌だ、そんな屈辱的で惨めなのは嫌だ…!
犯されながら…馬鹿で低脳な男子達に犯されながら…犯されながら漏らすなんて…!
ああ…!駄目…!お腹が…お腹がぐるぐる鳴ってる…!

その時、激しい雨で水溜りだらけの校庭を、びちゃびちゃと踏む音が近づいて来た。
そして、体育倉庫の扉の前に誰かが立つのが分かった。
萌絵が呼んだ男子生徒のうちの一人であろう。
憧れの萌絵に、それも人気の無い深夜の体育倉庫に呼び出されたとあっては、
この程度の雨など関係無かったようだ。時刻は、萌絵の指定した時間ぴったりだった。

萌絵は後悔していた。
こんな事になるなら、男子生徒など呼ぶんじゃ無かった。
男子生徒を呼んでいなければ、石神先生の前で痴態を晒すだけで済んだものを…。
自らの策によって窮地に陥っている自分が、あまりにも愚かに思えた。
墓穴を掘るとは、正にこの事だ。私は自分を陥れる為に、男子生徒達を呼び、
浣腸を1ダースも用意したのだ。無様にも程がある。

萌絵は心の中で謝罪し、哀願した。
ごめんなさい!許して!土下座して謝るから…
あなた達を馬鹿にしたことを謝るから…
お願い、許して!許してください…
だからお願い、開けないでぇっ!
助けて…誰か助けて!誰かっ…!

建てつけの悪い扉に手が掛けられ、ギッ、ギギッと扉を開けようとする音が響いた。
そして横にスライドする扉に、手が掛けられた。

ああっ…!だ、だ…めっ…!
駄目っ!その、その扉が開けられたらっ…私…!
死、死ぬ…!死んじゃう…!
た、た、たすっ、助けっ…て!…神様!!

萌絵の願いも空しく、扉は徐々にスライドしていく。
そして、その扉に両手が掛けられると、大きな音を立てて一気に開いた。

ギ、ギギ、ガララアァァッーー

縛りつけられた萌絵の両手両足に、無意識のうちに力が入る。
跳び箱の上で、跳ねるように体を反らす萌絵。

「ひっ、ひいいぃぃっーー!」

その瞬間、萌絵は悲鳴のような声を上げながら失禁した。
ちょろちょろと漏れた尿が、放物線を描いてコンクリートの床を叩く。

また、それと同時に絶頂を迎えた。
尿を漏らしながら、大きく開かれた太ももをぶるぶると痙攣させ、
背中を大きく弓のように仰け反らせる。
絶望、悲哀、そして強烈な被虐の快感が結合し、それが一気に爆発したのだ。
拘束された体を何度も仰け反らせて、ビクンビクンと痙攣させる。

「あ…ああっ…。」

今だ快感覚めやらぬ萌絵は、恐る恐る入り口の方を見た。
そして…、予想通りの人物の登場に、安堵した。
土砂降りの雨だというのに、沢村はいつもの涼しい顔をしている。

「お前の呼んだ男子生徒達なら、心配無い。俺が追っ払っておいたよ。」

沢村は後ろ手に扉を閉めると、跳び箱に近づき、萌絵を拘束するロープを
解き始めた。そして跳び箱から全裸の萌絵を降ろすと、優しく抱きしめた。
そして、萌絵の耳元で低い声で囁く。

「さあ、これから土砂降りの校庭で、全裸でお漏らししてもらおうか…。
もちろん、観客は俺一人だ…。」

ニヤッと笑う沢村の顔に、萌絵は心の底から服従する事を誓った。
もう、私にはこの人しかいない…。この人が、私のご主人様だ…。
萌絵は泣きながら、土砂降りの校庭に全裸で足を踏み出した。

< 完 >

※この後、バッドエンドバージョンへ続きます。
[ 2011/12/17 23:34 ] 調教 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。