FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-調教-第5話

<調教 第5話>

連続で絶頂を味わい、恍惚の表情でベッドに横たわる由佳。
白く柔らかな肉体を薄っすらと汗が覆い、淡い光を放っている。
焦点の定まらない視線、薄く開いたままの唇…。
由佳の頭の中は快感物質で埋め尽くされ、全身が脱力しきっていた。

だが、本当の調教はこれからだ。肉体的な責めなど、調教のほんの一面でしかない。
精神的な屈服こそ、俺の望むものだ。
俺はベッドの上で恍惚の表情を浮かべ、今だ快感覚めやらぬ由佳の腕を掴むと、
ベッドから無理やり床に引きずり降ろした。

「ほら、床に正座しろっ!」

床の上に全裸で投げ出された由佳は、慌てて正座をする。
膝をぴったりと合わせ、手は指先を揃えて太ももの上だ。
そして、これでいいですかと問うような視線を俺に向ける由佳。
同時に、これから何をされるのか分からず、怯えた表情を見せる。

「お前は、俺と女生徒が仲良く話しているのを見て、嫉妬したと言っていたな?」

「…はい、そうです。」

由佳がそう返事をした瞬間、俺は足元で正座をする由佳の頬を平手打ちした。
パシイィッという頬を打つ音が部屋に響き、由佳は体制をくずして手を付いた。
俺は由佳の髪をわしづかみにすると、顔を上に向けてやる。
怯え、目には涙を貯めて今にも零れ落ちそうである。いい表情だ。

「おい、お前は奴隷という立場をわきまえろよ。俺が何人の女と寝ようが、
奴隷に過ぎないお前には、一切関係の無いことだ。身の程を知れっ!」

「…はい、申し訳ありません…御主人様…。」

ようやく素直になってきたようだ。だが、まだ不十分だ。
こうゆう生意気な女には、自分が最底辺の存在だと思わせてやる必要がある。
その為には、自分よりも年下の者や同性から辛い仕打ちを受けるのが効果的だ。
実はこのアイデアは以前からあった。いよいよ、それを実行に移す時が来たようだ。

「お前が気にしている女生徒は、西園寺萌絵だろう?
ぶっちゃけた話をすると、確かに西園寺は俺の可愛い奴隷だ。それは認めよう。
だがな、奴隷にもそれぞれランクってものがある。お前は、明らかに西園寺より格下だ。
いいか、はっきり言うと、お前は俺の奴隷の中でもぶっちぎりの最低ランクだ。
お前みたいな屑が西園寺に嫉妬するなんて事は、本来あってはならない事だぞ。
これからは西園寺の言う事も聞いて、少しでもマシな奴隷になれっ!わかったな?」

しばらく返事の出来ない由佳。由佳の俺を見る目が、信じられないと言っている。
さすがにこれは効いたようだ。何しろ、これからは自分の生徒の命令にも従わなければ
ならないのだから。しかも、相手は17歳の女生徒だ。教師と生徒の関係が逆転する上に、
同性の若い娘の奴隷になるという事に、強い屈辱感を感じるはずだ。
萌絵に叱責されている由佳を想像して、俺はほくそ笑んだ。

「あ、あの、それは、どういうことですか…?
私が…教師である私が、生徒の西園寺さんよりも格下って…どういうことですかっ…?
それに、これからは西園寺さんの言うことも聞けって…いったいっ…。」

突然、取り乱し始める由佳。
萌絵の事には気づいていたものの、どうやら自分の立場までは理解していなかったらしい。
俺は再び由佳の頬にビンタをくれてやった。体制を崩し、裸体を横たえる由佳。
そこにすかさず頭を踏みつけ、言葉の暴力を浴びせてやる。

「どういうことも何も、その通りだろうがっ!お前は今日から西園寺の奴隷にもなるんだ!
もうお前達は、教師と生徒の関係じゃない!奴隷と主人の関係だ!
西園寺の命令は何でも聞いて、言われた通りにしろ。
そして、一日でも早く一人前の奴隷になれ。
それが出来ないというのなら、もうお前はゴミ箱行きだっ!二度と抱いてやらんっ!」

それを聞いて、絶望した表情でさめざめと涙を流す由佳。
だが、どれだけ泣いたところで許してやるつもりは無い。
由佳にも、それは十分かっていた。もはや、選択の余地は無いのだ。
両手で涙をぬぐいながら子供のように泣いた後、由佳は完全な敗北宣言をすることとなった。

「わ、わかりました…。御主人様…。」

由佳は両手を付いて深々と頭を下げると、背中を震わせながら嗚咽を漏らした。
これから同姓の教え子より受ける辛い仕打ちの事を思うと、由佳の体はがくがくと震えた。
酷い…。御主人様だけでなく、女生徒の奴隷にもさせられるなんて…!
それも、最近御主人様と仲が良い、西園寺萌絵さんの…。

あの娘にしてみれば、私の存在は沢村先生を独占するための障害以外の何物でもない。
きっと、酷い仕打ちをするに決まっている…。それに、あの娘…可愛いのに、時々怖い顔を
することがある…。あの娘は単に可愛いだけじゃない。何かこう…自分とは違う圧倒的な
"強さ"のような物を感じる…。由佳の危機を感じる本能が、萌絵の本性を敏感に感じ取っていた。

震える由佳を見て、俺は大いに満足した。これで由佳が萌絵に屈服すれば、俺と由佳の関係は
2段階の格差となる。俺の奴隷である萌絵の、更に奴隷となるからだ。
そうなれば、こいつも俺に口答えしたり職員室で俺に恥をかかすようなことも無くなるだろう。
女生徒に調教される、女教師か…。萌絵に調教された由佳が、どうなるか非常に楽しみだった。

萌絵と由佳は二人とも俺の可愛い奴隷だが、その資質は根本的に異なっていた。
由佳はマゾヒスト以外の何物でもないのだが、萌絵はマゾであり、サディストでもあった。
その割合は半々であるが、両方が不完全というわけでは無い。むしろ、完全なマゾであり、
完全なサドなのだ。しかも、その完成度はある意味俺が畏怖を感じる程だった。
萌絵は、俺がたまたまサディストであるがために、マゾヒストを担当しているに過ぎない。

相手がマゾヒストになれば、とたんに残酷で容赦ないサディストとなり、相手を打ち据え、
破壊し、完全に支配するだろう。そして、その責めは恐らく俺の想像を超えると思われる。
もしかしたら、それによって由佳は取り返しの付かない精神崩壊を起こすかもしれない。
だが、それだけにその封印を解いてみたい気もするのだ。
そして、壊れる由佳を見てみたかった。美しい女教師が、美しい女生徒に壊される所を…。

あいかわらず、這いつくばって泣いている由佳…。
時々引き付けを起こしたかのように、ひっ、ひぃっと呻きながら泣いている。
いつまでもめそめそと泣いている由佳を見ているうちに、だんだん腹立たしくなってきた。
この女は、こういう女なのだ。端的に言うと、「虐めたくなる女」だ。
こうしていつまでもぐずぐず、うじうじしている姿を見せられると、尚更虐めたくなる。
そこで、俺は最後のお仕置きをくれてやることにした。

「おい、由佳!最後にキツイお仕置きしてやるから、こっちに尻を向けろっ!」

そう命令すると、由佳はのそのそと反対側を向いた。そして肘と膝を突いて四つんばいに
なると、肛門が天井を向くほど背中を反らし、膝を大きく開いた。
素直に言うことを聞く由佳。完全に観念しているようである。
剥き出しの性器と肛門を凝視すると、俺はそのまま2歩後ろに下がった。
そして…。

グッッパアアアアァァーーーンッ!!

「っくううぅぅっーーー!!」

由佳の肛門目掛けて、最後のサッカーボールキックをくれてやった。
それも、ゴールキックなみのキツイのを。
むき出しにされた肛門を直撃され、その衝撃は体を通って頭の先端まで届いた。
由佳は喉を絞るような声を上げながら前のめりに倒れると、足を蛙のように開いたまま、
無様な姿で動かなくなった。これは相当効いたらしい。
だが、由佳の醜態はそれだけで終わらなかった。

ッシャアアァァッーー

失禁である。
肛門を強打したことにより下半身の感覚を一瞬失った由佳は、排尿を止める事も出来ない。
尿はしぶきを上げながら、勢いよく出続けた。
由佳がうつ伏せに倒れたカーペットに、大きな染みが広がってゆく。

「ちっ、汚しやがって…。罰として、今日は部屋に帰ったら、玄関でオナニーしろ。
鍵は掛けずにな。もちろん、全裸でだ…!命令だぞ!」

尿を垂れ流しながら泣いている由佳を見下ろしながら、俺は最後の命令を告げた。
といっても、部屋まで付いて行くわけでは無いので、もちろん確認する方法は無い。
だが、この女はきっと言いつけを守って玄関でオナニーをするだろう。
そして、命令に従わざるを得ない惨めで哀れな自分に酔うことになる。
俺は全裸で無様に横たわる由佳を置いて、部屋を出た。

沢村が部屋を出て行き、一人残された由佳。
しばらくそのままの格好で泣いていたが、10分程してようやく立ち上がると、ぼんやりした
表情でバスルームへと向かった。

それから、マンションへ帰ってくるまでの記憶は曖昧だった。気づいたら、部屋の前で鍵を
取り出していた。それと同時に、先ほどまでの記憶が徐々に蘇ってくる…。
そうだ…私、御主人様とホテルで…。それから、最後に何か命令されて…。
その瞬間、一瞬にしてその時の記憶が蘇った。無様に尿を漏らしながら泣いている自分…。
言い放たれる沢村の命令…。部屋の扉を開けた瞬間、全てが思い出された。

由佳は扉を閉めるなり、鍵も掛けずにその場で服を脱ぎ始めた。
興奮で服のボタンを外す指が震えた。玄関という外部と扉一枚で隔たれた場所で、一枚づつ
肌を覆う布を取り去ってゆく由佳。脱いだ衣類は無造作に玄関の床に捨てられてゆく。
そしてブラジャーを外すと、最後の一枚も躊躇無く脱ぎ捨てた。
玄関という外部と薄い扉一枚を隔てただけという環境が、由佳を興奮させた。

由佳のマンションは3LDKであり、玄関は比較的広かった。
全裸でコンクリートの冷たい床に仰向けになると、両足を大きく開いた。
そして左手で乳房を強く揉みしだき、右手の指ははずぶ濡れの割れ目に挿入した。
右手の中指と薬指の2本が、難なく割れ目に吸い込まれて行く。
くちゅっといういやらしい音を立てながら…。

私、玄関で全裸になって…こんなっ…恥かしい格好で…!
命令に従ったかどうかなんて、確認する方法なんて無いのに…。私っ…どうしてっ…!
鍵の掛かってない玄関で…全裸で、こんなに大きく足を広げてっ!
だめ、もう止まらない…ああ…恥かしい…私、すごく恥かしい事してる…。

もし、今この扉を誰かに開けられたら…。
もし、西園寺さんにもオナニーするように命令されたら…。
そこまで考えると、体の奥底からゾクゾクした感覚が這い上がってきた。
由佳の蜜壷の奥から、新たな熱い蜜がどっと溢れ出す。

だめっ、い…く…。いっちゃう…。
玄関で…。玄関で全裸オナニーして…いっちゃう…。

足は限界まで広げられ、片足が玄関の扉に掛かっている。
ずっぷりと挿入された2本の指が、びしょ濡れの割れ目を激しくかき回す。
それに連れて、性器が出す卑猥な音が玄関に響いた。2本の指に力が入る…。

ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐっちゅううぅぅっっーー

「だ、だめっ!いくっ!いくうぅっ!玄関で…全裸オナニーでいくっ!
いくっ!いくぅぅっーー!ああっ!ごっ、御主人様ああぁぁっーーー!!」

外まで聞こえるような大声を出しながら、腰を激しく振って全身を痙攣させる由佳。
マゾヒズムという甘美な快楽に浸りきった、哀れな女がそこにいた。
[ 2011/12/17 23:29 ] 調教 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。