FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-生贄-第5話

<生贄 第5話>

その夜、1台の馬車が城に到着した。
馬車に乗る兵士と守衛の兵士が幾つか言葉を交わすと、すんなりと馬車は
城への吊橋を通過して行く。
守衛の兵士が通過する馬車の内部を覗き込むと、栗色の髪をした少女は馬車の窓から
不安な表情でかがり火に照らされた城内を伺おうとしていた。

まだ14~15歳だろうか。脅えと不安によって、少女の見た目の年齢は実年齢よりも
幼く見えた。そして、この古くて無骨な城には、少女はあまりにも不釣合いであると
感じられた。このような古く無骨な城が、生命に溢れる若い少女を飲み込んでゆく。
まるで、少女の生命としての活力を取り込むことにより、城自体が生きながらえるかの
ように。

城にかかる吊橋を渡る時、マリアはこの1週間の出来事を思い返していた。
今まで経験した事の無い酷い内容に、悲しくて涙を流した。
性経験の全く無い少女が、複数の男達の性欲のはけ口として陵辱されたのだ。
処女だけは守られたものの、逆に言えばそれ以外の事は全てやらされた。

例えば、口での奉仕は性器だけでなく、肛門にまで及んだ。
仰向けになったマリアの顔の上にしゃがみ込むと、男は尻をマリアの美しい口元に
擦り付け、奉仕を要求した。この時の屈辱感、被虐感は、今思い出しても頭がおかしく
なりそうだった。大便の排泄器官である肛門を、口で綺麗にしろと命令されたマリアは、
号泣して抵抗したものの、最終的には体を震わせながら、舌を這わせた。

「くちゅ、くちゅ、くちゅ・・・」

唾液をたっぷりと出して、男の肛門を舌で綺麗に舐めるように命令されるマリア。
特に、中心部分は舌を尖らせて、皺の一本一本まで綺麗にするように命じられた。
口の中で唾液を舌にたっぷりと絡めると、目をつぶりながら舌を伸ばす。
そして、舌の先が男の肛門に触れた。この瞬間、マリアは自分が酷く汚れたような
気持ちになった。いや、気持ちだけでは無い。実際に後戻りできないくらいの、
もう一生忘れることのできない経験なのだ。そう思うと、また涙がこぼれた。

マリアは舌に肛門の皺の一本一本を感じながら、男の肛門に奉仕した。
そして、十分に唾液が肛門に行き渡ると、今度はその唾液を舐め取るように要求さる。
もちろん、マリアに選択肢は無い。命令どおり、汚れた自分の唾液を舌で舐め取っていく。
そして、最後に肛門に唇を密着させ、大きな音を立てながら吸うように言われた。
マリアは、もう屈辱と惨めさで、頭がおかしくなりかけていた。

「じゅっじゅるっ、ずじゅううぅぅっ・・・」

マリアの白く美しい顔が男の無骨な尻にに埋もれると、その次の瞬間に大きな音で
何かを吸い上げる音がした。もちろんそれは、マリアの美しい唇が、男の肛門に密着し、
その汚れを吸い上げる音である。その音を聞きながら、唇での奉仕を受ける男は
マリアの顔に更に尻を押し付けると、満足気な表情でペニスを隆起させた。
マリアの喉が、吸い出した唾液を飲み込む度に、ごく、ごくっと動く。
もう一人の男は、美しい少女の顔と、男の尻が密着しているのを見ただけで興奮した。
あの美しい少女が、いま男の肛門に唇を這わせている・・・そう考えるだけで、ペニスは
カチカチに硬くなった。

すると、マリアの舐める肛門が小さく、ひく、ひくと痙攣を始めた。
そしてその痙攣が大きくなり、連続で4回ほど痙攣したその次の瞬間、マリアは胸に
何か熱いものが振りかけられるのを感じた。それが何かは、マリアにも理解できた。
マリアの肛門への奉仕によって興奮した男が、たまらずにマリアの胸めがけて射精したのだ。
射精時の痙攣は、ペニスだけでなく、尻の穴にまで及んでおり、マリアはそれを唇で
強制的に認識させられることとなった。

マリアは、射精後の余韻で痙攣を繰り返す肛門に舌と唇を這わせながら、
熱い精液が、乳房の上をゆっくりと腹部まで流れていくのを感じた。
放出された大量の精液は、白く美しい乳房から腹部まで到達すると、
その細いウェストに沿って、垂れていった。
男の肛門を舐めて、射精させた・・・。性器に対する奉仕以外で、男を満足させた・・・。
その事は、自分が男達を射精させるための道具のように扱われているということを、
嫌でも再認識させられることとなった。

そして、ショーンに尻の穴を犯されて以来、前の処女を奪わない代わりに後ろの穴は
男達によって何度も容赦無く犯された。
マリアにとって、口に続いて男の物を受け入れたのは、肛門であった。
このように、性器以外の場所を使ってのアブノーマルな経験は、逆にマリアにとっては
屈辱的で惨めに感じられた。子を産むためではない、愛の無い娯楽としてのSEX。
もちろん、楽しむのは一方的に男達だけである。
床に四つんばいにさせられると、足を開いて尻を突き出すように命令されるマリア。
肛門をメリメリと音を立てながら進入してくるそれは、まるで熱した鉄棒をねじ込まれた
かのようであった。
マリアは体全体を突き上げられる度に、嗚咽と悲鳴を上げ、泣きじゃくった。

「ああっーー!痛いっ!痛いぃっ!!」
「やっ止めてぇっ!動かさないでえぇっーー!!」

幼い少女が、四つんばいで肛門を犯される様は、悲惨の一言だった。
紅潮した顔を涙でぐしゃぐしゃにしながら、ただひたすら、肛虐に耐えるのだ。
幼い少女が泣きながら止めてと懇願する哀れな表情、そして悲鳴のような泣き声・・・。
それらは彼らの行為を止めるどころか、彼らを一層興奮させ、拍車をかけるだけであった。
肛門を犯す男は、少女の小さな尻をわしづかみにすると、硬くなったペニスを容赦なく奥まで
ぶち込み、激しいピストンによって少女の華奢な体を前後に揺すった。
そしてもう一人の男は、順番を待ちきれずに少女の髪を掴むと、泣き声を上げる口に
硬くなったそれをねじ込んだ。口まで塞がれ、満足に悲鳴を上げることさえできないマリア。

「うっううっ!うううううぅっーー!!」

両方の口を同時に犯される哀れな少女は、もはや、苦痛を訴える事すら許されなかった。
一人が終わると、すぐにもう一人がマリアの小さい肛門にペニスを突き立てる。
そうして交代で1週間、休むことなくマリアの尻の穴は拡張されていった。
最後の方では出血も無く、太い肉棒がすんなりと挿入できるほどまで広がっていた。
そして、完全に閉まらなくなった肛門からは、男達の精液がだらしなく滴り落ちた。

そして、マリアに対する肛虐は、マリア自身にも変化をもたらしていった。
最初は痛みに悲鳴を上げるだけだったが、その悲鳴が次第に甘美な声色に変化し始め、
肛門が拡張されてきた頃からは、それが明らかに快感を意味する声になっていた。
マリア自身もその変化に戸惑ったが、肛門を犯されることによる強烈な快感に、
抵抗することは出来なかった。後ろの穴を男達の性欲処理のための道具として使われることに、
密かに快感を感じるようになっていたのだ。

パンッパンッパンッ

マリアの白い尻に打ちつけられる音も、ほとんど性器に挿入しているのと同じくらいの
速さになっていた。男達も、前の処女は奪えなくとも後ろの穴で十分満足していた。
マリアのアナルは、もうほとんど、第2の性器といってもよいほどの開発がされていた。
そして、その快感は回を重ねる度に加速度的に増していった。
硬く太い肉棒を出し入れされ、尻の穴がめくれ上がる度に、快感を口にするマリア。
そして、ついに普通のセックスの前に、アナルセックスによる絶頂を知ることとなった。
もちろん、「その時」には、男達によって卑猥な言葉を言うように命令された。

「ああっ!いくっ!いきますっ!マリアがお尻の穴でいくところ、見てくださいっ!!」
「いくっ!いっくうぅっ!お尻っ!お尻でいきますうぅっーー!!」
「ああああっーーー!!」

四つんばいで太ももをぶるぶると痙攣させながら、背中をぐうっと反らしながらの、
本気の絶頂。絶頂を迎えた後も、口をパクパクとさせながら、体を細かく痙攣させている。
強烈な絶頂の後は、その余韻も長く続く。マリアは無意識に尻を振り、まだ中に挿入された
ままの肉棒を味わった。そして次の瞬間、男はマリアの尻をぐっと手前に引き寄せると、
絶頂で敏感になっているマリアの肛門を、激しく責め立てた。
そして最後にズンッと深くねじ込み、ペニスを出来るだけ奥に挿入すると、射精を始めた。

びゅうっ!びゅるっ!びゅるううぅぅっー!

絶頂を迎えたばかりで敏感になっている所に、熱い精液のほとばしりを感じるマリア。
出されたっ・・・!お尻に・・・!お尻に精液を出されてるっ!
そう考えると、マリアは再び強烈な快感を感じて絶頂を迎えた。
もうその時には、尻の穴に精液を出されると、絶頂を迎えるように調教されていた。
もはや、少女にその快感に抗う術は残されていなかった。
恥も屈辱も無い。ただ、黒くて甘美な快感に、心と体をもてあそばれるのみである。

「ああっ!熱いっ!お尻に出されてるっ!」
「あっ!またっ!またいくっ!お尻でっ!お尻の穴でいっちゃううっ!」
「いくっ!いっくううぅぅっーー!!あっ!あああああああっーーー!!」

連続で強制的に絶頂を迎えさせられるマリア。
その事を男達の前で大声で宣言することによって、その被虐感は一層高まった。
マリアは口を大きく開き、舌を突き出して獣のように吼えた。
美しい少女から発せられているとは思えないような、本能をぶちまけるような声だった。
再び体全体が硬直し、細かく痙攣しながら何度も伸縮を繰り返す。
頭の中が真っ白になるほどの、本気の絶頂を迎えている証だった。
ようやくマリアの体の硬直が取れ、弛緩した時、射精を終えたペニスが抜き取られた。

「あぅっ!」

その瞬間も、思わず快感の声を漏らしてしまうマリア。連続で絶頂を迎えさせられて、
その余韻も長く続いていた。しかし、その余韻が冷めることはまだ無さそうだった。
次の男が、マリアの絶頂を迎える姿に興奮してカチカチに硬直したペニスを、
ひくつくマリアの尻の穴にあてがったのだ。繰り返し使われることによって、ぷっくりと
隆起している肛門からは、先ほど流しこまれた精液が、泡を立てながら流れ落ちている。
そして、次の男は何の躊躇も無く、その硬直したペニスを一息に奥まで押し込んだ。

「あっ!くっうううううっーー!!」

連続で2度も絶頂を味合わされて敏感になっている所に、突然奥まで挿入されて、
マリアはたまらず声を上げた。もちろん、快感に震える声である。
そして、次の瞬間には容赦のない激しいピストンが開始された。
ペニスの亀頭が半分外に出るくらいまで引き抜いた後、体重をかけて奥まで乱暴に
突き入れる。そして再び入り口近くまで引き抜く。

肛門を犯される場合、挿入時よりも引き抜く時に快感を感じる事が多い。
これは、元々肛門が排泄専用の器官であるためであろうか。
マリアもペニスを引き抜かれる瞬間、脱力したような快感の声を上げた。
そして入り口付近まで引き抜くと、肛門付近の肉が裏返ってめくれ上がる。

「あっ!あああああああぁぁぁぁーー!!」
「だめっ!そんなっ!お尻っ!お尻の穴がめくれてるっ!」
「ああっ!だめっ!またいくぅっ!あああっーー!いっくううぅぅーーー!!」

またしても、男達の前で、惨めな絶頂を迎えさせられるマリア。
その後も何度もアナルを犯されることにより、大声を上げながら痴態を晒した。
美しい少女のアナルは、完全に2人の男達によって作り変えられてしまったのだ。
しかし、作り変えられたのはマリアのアナルだけでは無かった。
マリアの心さえもが、男達に奉仕する喜びを感じるように、作り変えられてしまっていた。

もし、後ろだけでなく前にも入れられたら、どんなに気持ちがいいんだろう・・・。
マリアは密かに、そんな事まで考えるようになっていた。恐らくこの後、連れて行かれた
場所で、処女は奪われることになるに違い無かった。
それを想像すると惨めだったが、同時にうっすらと、甘美な期待感もあった。
しかし、それはマリアが想像しているよりも、何十倍も悲惨な形で実現することとなる。
[ 2011/12/17 23:00 ] 生贄 | TB(1) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【キーワードが”生贄”のSM動画、SMCG+ノベル】
★「あなたが欲しているものは、あなたが嫌悪するもの……。」 あの淫獣シリーズをも凌駕し新たに贈る、オムニバスカルトエロス。隠蔽された聖女の淫欲が乱麻する!! 「淫夢~生贄 ...
[2015/05/07 18:30] MドリームのBlog
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。