FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-生贄-第4話

<生贄 第4話>

マリアはぎゅっと目を瞑り、口を開けて待つ。
この美しい少女が、自分の目の前で、しかも自分のペニスを咥えようとしている。
それも、全裸で自分の足元に跪いて…。何とも興奮する状況である。
ウォルターはマリアの頭をぐいっと自分の股間に引き寄せると、マリアの汚れを知らぬ
美しい唇を見つめた。この美しい唇に、これから自分の欲望そのものを咥えさせようと
している…。そして、それを止める邪魔者は誰もいない。

そこまで考えただけで、ウォルターは酷く興奮した。
パンパンに肥大した亀頭からは、既に透明な熱い汁を滴らせている。
ウォルターは自分の硬くなった肉棒に手を添えると、マリアの唇にゆっくりと挿入した。
マリアの美しい唇が、汁を滴らせる汚れた欲望そのものに接触する。
その瞬間、マリアの閉じられた目蓋が痙攣し、白い頬も強張った。
ウォルターは亀頭に唇が触れたのを感じると、喉の奥まで一気に突き入れた。
マリアの唇が、今はウォルターのペニスの根元付近を咥えていた。
柔らかな舌の上で、ウォルターはさらにペニスを硬化させた。

「うう…入った…。」

ウォルターは思わず声を出すと、意識を自分のペニスに集中させた。
さきほどは自分の舌で味わったマリアの口の中の暖かな感触を、今はペニスで味わっている…。
美しい唇、柔らかで暖かな舌の感触…。
ウォルターはそれらを自分の目で、そしてペニスで感じながらも、現実感が乏しかった。
まるで、夢の中の出来事のようであった。
こんな美しい少女が、自分のペニスを口に咥えている…。
ウォルターは口の中に挿入したまま、じっとマリアを見つめた。
マリアの肩が大きく動き、鼻から出される息が、自分の体に微かに当たった。
この少女も、生まれて初めて男のものを口に咥えさせられて、興奮しているのだろうか…。

マリアは、生まれて初めて男のペニスを口にして、困惑していた。
男の人がおしっこをする所を、口に入れるなんて…。
なんだが、すごく自分が汚されている気がする…。
いや、気がするのではなくて、この瞬間既に汚されているのだ…。
それにしても、この人の…すごく太くて…それに硬い…。
舌の上で、びくびくと痙攣して、蠢いている。
なんだが、すごく胸がどきどきして…息も…激しくなってくる…。
それに…あそこがすごく熱い…。
こんなに酷いことされてるのに、あそこが熱くなるなんて…どうしちゃったの、私…。
マリアは、自分の中にある"被虐"という甘美な願望に気づき始めていた。

ウォルターは、マリアの口内をこれ以上無いほど硬く勃起させた肉棒で、かきまわし始めた。
腰をゆっくりと回しながら、マリアの柔らかな舌、頬、唾液、そしてその暖かさを味わった。
肉棒を左に向けて、亀頭で右頬を内側からなぞる。
すると、マリアの白く柔らかな右頬が、内側から押されてぷっくりと膨らんだ。
亀頭を這わせる位置を変えると、それにつられて右頬が膨らむ位置もぐぐっと変わっていく。
口の中から、マリアの白く柔らかな頬を汚している…。
ウォルターはその事実を目と性器の先端で確認すると、胸の奥からざわざわと何かが
湧き上がってくるのを感じた。もっと感じたい…この美しい少女の体の細部まで…。

「舌を動かせっ!舐めるんだっ!」

マリアの口から怒張したペニスを引き抜くと、ウォルターは命令した。
硬く勃起した竿の部分には血管が浮き出ており、マリアには非常にグロテスクに見えたが、
命令ではしかたがない。この口を使って、奉仕するしかないのだ。
ウォルターの命令に、マリアは素直に従った。
柔らかな舌を突き出すと、マリアの唾液で光るペニスに舌を這わした。
竿の部分を、根元から亀頭の方まで、ハーモニカのように唇を動かして舐めるマリア。
さらに亀頭にも舌を這わせて奉仕する。亀頭のかりの部分を、円を描くように舌を這わす。
その様を上から見つめるウォルターは興奮し、呼吸も早くなっていた。
そして、時折マリアの舌先が鈴口に触れると、うめき声のような声を漏らした。

マリアはペニスに舌を這わせながら、その現実が信じられなかった。
全裸にさせられて、男の足元に跪かされた状態でこんなことを…。
まるで、これでは奴隷のよう…。
給仕の仕事だと聞いてはいたが、やはりこういう事なのか。
どこに連れて行かれるかは分からないが、こうして男達の慰み者にされる人生なのか…。
マリアは急に悲しくなった。貧しいながらも家族と一緒に暮らしていたというのに、
その次の瞬間には、こうして跪いて男のものを咥えている自分…。そのギャップに、
頭がおかしくなりそうだった。

しかも、マリアを当惑させるのはそれだけでは無かった。
さきほどから、体の奥の方からゾクゾクと何かが湧き上がって皮膚まで震わせている。
「ウォルター様の太いちんぽを、淫乱なマリアに、しゃぶらせてください…。」と
言わされた時から、その感情にマリアは支配されていた。
どうやら、このような屈辱的な事を…男の排泄器官を口に咥えるような事をさせられると、
その黒いゾクゾクした感情が湧き上がってくるようである。
しかも、そのソクゾクした感覚は被虐感が強いほど、大きな快感を伴っていた。
頭の中まで薄く白いモヤが掛かったようになって、くらくらする…。
そして、マリアの男を知らない割れ目からは、透明な液体が溢れていた。

ウォルターはマリアを椅子に座らせると、足を大きく開かせた。
男を知らない割れ目が、丸見えである。
マリアは顔を横にそらして、恥ずかしそうにしている。
その割れ目にそっと手を触れると、熱い蜜がとろっとあふれ出てウォルターの指を汚した。

「なんだ、俺のをしゃぶって、こんなに興奮したのか…マリア…。
今度はお返しに、俺がお前のをしゃぶって綺麗にしてやる。」

そう言うと、ウォルターはきっちりと閉じたマリアの綺麗な割れ目に、舌を突き入れて
しゃぶり始めた。じゅるじゅると卑猥な音を響かせながら、舌と唇を使って愛撫してゆく。
まるで、さっきマリアの唇に吸い付いた時と同じように、唇を愛撫するかのように
割れ目を舌で味わった。割れ目を両手で広げると、綺麗な薄ピンク色である。
しかも、そこからは透明な蜜が次から次へと湧き出ている。
ウォルターは唇を密着させて、じゅる、じゅるううぅ…とその熱い蜜を吸い出す。
そして、それを口の中で唾液と混ぜると、マリアの唇に流し込んだ。

「お前の蜜と俺の唾液のミックスジュースだ。飲み込め。」

ウォルターの命令に、マリアは喉を動かした。
自分の恥ずかしい液を、まさか飲まされるなんて…。
マリアはその仕打ちに、さらに興奮して体を震わせた。
もう、このゾクゾクした感情は、マリアの中で完全に快感として認識され始めていた。
気持ちいい…この感じ…。虐められたり、酷いことされると、この感じが味わえる…。
マリアはこの時、初めてその事に気づいた。
もっと酷いことされて虐められたら…。
もっと興奮して…気持ちいいのかしら…。

再び、ペニスを咥えさせられるマリア。
ウォルターは、激しく腰を動かしてマリアの口内を味わう。
硬く勃起した太いペニスがマリアの唇から出入りする度に、
じゅぼじゅぼと卑猥な音が接合部分から漏れ出した。
ウォルターはマリアの栗色の頭を両手でぎゅっと掴むと、さらに激しく腰を振り始めた。

マリアは両手をだらんと下げて、成すがままである。
ただ、男の射精のために口を使われている。そんな感じである。
男が射精するための受け皿。それが今のマリアだった。
ウォルターは、激しく振っていた腰の動きを急に止めると、腰をびくっびくっと2回痙攣
させた。その次の瞬間に、マリアの口の中に熱い精液が勢いよく流し込まれた。

どくっどくっどくうぅぅぅぅっ

マリアは口の中に出された瞬間、目を大きく開いた。
喉の奥に、熱い液体が打ち付けられるのを感じた。
それは舌の上まで広がり、そして最終的に口の中いっぱいまで広がった。
独特の匂いが、口の中から鼻腔を伝って感じられた。
排泄器官から放出された精液を、口で受け止めさせられるなんて…。
マリアは目に涙を浮かべた。自分は今後、こんな使われ方をしていくんだ…。
そう思うと、惨めだった。そして、そんなマリアに追い討ちの言葉が浴びせられた。

「飲めよ。」

マリアは、満足そうな笑みを浮かべるウォルターの目を見ながら、口の中に出された
男の欲望を嚥下した。精液はどろどろしていて飲み込みにくく、飲み込んだ後も
まだ喉にへばりついているかのような感覚が残った。
そして、マリアは声を出して泣いた。今まで我慢していた涙が、一気に溢れ出した。
初めての奉仕。
今、マリアがさせられたのは、全く愛の無い、男の性欲を処理するためだけの、奉仕だった。

事が済むと、ウォルターは急いで馬車を降りた。
馬車の運転席に戻ると、ショーンはニヤニヤした顔で出迎えた。

「なんだ、やけに早かったな。もういいのか?」

ウォルターは答えなかった。
何だか、自分の中で何かが大きく変わった気がしていた。
ショーンの言葉が、全く頭の中に入ってこなかった。

「おいっ!聞いてるのか?」

ショーンに肩を揺すられて、ようやく我に返ると、ウォルターは曖昧な返事を返した。

「女の叫び声が聞こえなかったってことは、ケツの穴は使わなかったのか?
せっかく譲ってやったのに。じゃあ、俺がいただくよ。」

そう言うと、ショーンは急いで馬車の扉を開けて入っていった。
ウォルターは、まだ夢の中にいるかのようだった。
自分のやった事が、自分で理解できないでいた。
まるで、誰かの命令でやらされていたかのような…。
だが、自分の手であの娘を陵辱したのは、紛れも無い事実だった。
そして、今度はショーンが同じ事をしようとしている。
自分にそれを止める権利など、あろうはずも無い。

そのうち、後ろのほうから悲鳴のような声が聞こえてきた。
少女が泣きながら悲鳴を上げている。
馬車がその泣き声に合わせてキシッキシッキシッキシッと僅かに揺れている。
ショーンが、後ろの穴を使っているのは間違い無さそうだ。
あの美しいマリアが、尻にペニスを突き入れられて、泣いているのだ。
口を汚された後は、尻の穴まで…。

何の躊躇も無く、美しい少女の尻の穴にペニスをぶち込んだショーン。
ウォルターはそんなショーンが羨ましかった。
この戦乱の世で、道徳や戒律など、くそ食らえだ…。
俺は自分のやりたいようにやる…。ショーンが終わったら、自分もマリアの尻の穴に
ペニスをねじ込んで泣かしてやる。泣き叫ぶ少女の尻の穴に、精液をぶちまけてやる。
そして、汚れたペニスをマリアの口で掃除させてやる…。
ウォルターは射精したばかりのズボンの中のものが、再び硬くなっているのを感じた。
[ 2011/12/17 22:59 ] 生贄 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。