FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-陵辱-第4話

<陵辱 第4話>

ハンナは胸を反らし、体を震わせながら、荒れ狂う快感の濁流に翻弄されていた。
兵士に突き上げられる度に、奥の方からゾクゾクと痺れるような劣情が湧き上がり、
足のつま先から、頭髪の一本に至るまで、抗いようの無い強烈な快感に蹂躙されていく。
感じてはいけない、求めてはいけない、そう思えば思うほど、感じ、求めずにはいられない。
それは、夫との時とはまるで違う、背徳の快感だった。

ハンナの反応は、フォーリング・ダウンの効果が顕著に現れている証拠だった。
これを与えられた女が感じる被虐の感情は、全て性的興奮へと変換される。
よって、このように強姦等によって強い羞恥や劣情を与えながら犯す事は、
この媚薬の効果を最大限に発揮する為の、最も適している方法と言えるだろう。

「おらっ!どうだ!奥まで届いてるぞっ!
お前の子宮口が俺のに当たって、コリコリいってやがるっ!」

「うっ…くあっ!ああああっーーーー!!」

蛙のような格好で大きく足を開かされ、無様に犯され続けるハンナ。
複数の男達に両手両足を押さえつけられながら、激しく体を揺さぶられている。
しかも、愛する夫の目の前でである。
積み重なった劣情は媚薬によって増幅され、ハンナの体、そして精神を翻弄した。

ああ、そんな…
無理やりされてるのに…、私…

ハンナの体と精神の混乱は、続いていた。
酷い事をされて、悲しい思いをするほど、惨めな思いをするほど…
たまらなく切なくて、気持ちいい…

私の体は、一体どうなってしまったというの…
さっき、兵士は薬がどうとか言ってなかったか…
悲しい思いをすると、あそこが熱くなって、きゅうぅっと切なくてたまらない。
これは、その薬とやらの効果なのか?

「くぅっ!…っああ!!」

ハンナは、頬を紅潮させながら、歯を食いしばって耐えた。
ほんの一瞬でも気を抜いただけで、絶頂を迎えてしまいそうになる。

だが、それは既に引き返す事が出来ない所まで来ていた。
悪魔の薬を与えられた者に、選択肢は無かった。
自分の望む望まないに関わらず、到達する先は同じなのだ。

「おいおい、この女、もういっちまいそうだぜっ!」

順番待ちの帝国軍兵士達の間に、笑い声が起こった。
後ろの兵士達が、身を乗り出してハンナの反応を見ている。
にやつき、下品な笑い声を止めない、帝国軍兵士達。
ハンナの痴態を食い入るように見る兵士達の顔に、明らかな嘲笑が見て取れた。

うう…気づかれてる…
悔しい…
惨めすぎる…
そして何よりも、女として恥ずかしい…

あの瞬間だけは…。
あれだけは、迎えさせられたくない…
駄目…それだけは…それだけは、駄目っ…!
それに、あの人の…愛する夫の前でだけは…!

しかし、それをやってしまった時に味わうであろう、悲しさ、惨めさが、
今となっては甘美な果実のように感じられた。
その果実にかぶりつき、全身でその甘美な果肉を味わえたとしたら…。
それらの悲惨な劣情は、どれほどの快感をもたらしてくれるのだろう…。

そこまで考えた時、ハンナの中で何かがパッと弾けた。
そして、抑える事の出来ないゾクゾクした負の快感が湧き上がった。
あそこがきゅううぅっと収縮し、切なくてたまらない。

ああ、もうっ…!

「うう…はああっ!はああああああああーーー!」

兵士達はハンナの反応を確認すると、今まで押さえつけていた両手と両足から手を離した。
そしてその直後、ハンナはその時を迎えるのを覚悟した。

もう…だ…めっ!

私っ…!

「ああっーー!だ、だめええぇっーー!!」

ハンナは自分を犯す兵士に体を預けると、自由になった両手を男の背中に回した。
そして自ら足を思い切り開いて腰をぐっと押し付け、更に性器を僅かに前に突き出す。
最後に自分を貫く物を最深部まで導くと、膣をぎゅっと締め付けた。
男の膨張した先端を膣がぎゅうっと締め付け、子宮口に密着させる。

「うっ!くううううぅぅっ…!ああっあああああっーーー!!」

ハンナは、抑える事の出来ない快感の声と共に、絶頂を迎えた。
悲しみの涙で、頬を濡らしながら。

その瞬間、悲しみ、惨めさ、あらゆる劣情が爆発し、外に向かって膨張していった。
ハンナは胸を張り背中を大きく反らせると、ビクンッ、ビクンッと2度大きく痙攣し、
その後はがくがくと全身を細かく痙攣させた。
大きく開かれた口から、舌までもが快感に細かく震えているのが分かる。
ハンナは帝国軍兵士の全てを受け入れ、全身で被虐の快感を味わった。

ハンナにとって、悲しみの涙と共に絶頂を迎えたのは、これが初めてだった。
そして、それは被虐の快感の虜になった瞬間でもあった。
一度この絶頂を覚えた女は、二度とその強烈な快感を忘れる事が出来ないのだ。

「おい、この女、亭主の前で犯されてイッてやがるぜっ!
俺のをぎゅうぎゅう締め付けて、びくびく痙攣させてやがる!」

「薬を使ってるとは言え、すげえ絶頂の迎え方だったな!
敵兵士に犯されてるってのに、薬だけでこんなになっちまうのかよ!
ははっ、亭主が哀れだねぇー!」

ハンナを取り囲む帝国軍兵士達の中に、どっと笑い声が起こった。
絶頂を迎えてしまった事による深い悲しみと後悔に、心臓が押し潰されてしまいそうだった。
辛くて、辛くて、涙でぐしゃぐしゃになりながら、嗚咽を漏らすハンナ。
悲しいと思えば思うほど、惨めだと思えば思う程、負の快感は増幅されていった。

そして、自分の体の方は、いまだに快感にびくびくと痙攣を続けていた。
美しい丘陵を成す乳房の先端は硬くしこり、触られると痛いくらいだった。

「うう、ううああああぁ…!う、うう…ううううううぅぅあああっ…!」

自分の不甲斐無さに、号泣するハンナ。
薬を使われたとはいえ、帝国軍兵士に犯されて絶頂を迎えてしまうとは。
しかも、愛する夫の目の前でである。
自分の中で、何か大事なものが失われたように感じられた。
それも、決して失ってはいけないものを。
ハンナは、胸が張り裂けそうな思いだった。

「わ、私…。ごめんなさいっ!ごめんなさい、あなたぁっ…!」

先程まで唖然としていた夫は、今はただうな垂れ、足元をじっと見て動かない。
愛する妻を目の前で犯された男の心情は、いかなるものか。
永遠と誓った妻への愛は、帝国軍兵士達に陵辱された後でも、
以前と同じように保てるのだろうか?
それとも、永遠の愛情は、妻への失望へとかわるのだろうか?

「心配すんなよ、亭主の代わりに、俺達が順番で可愛がってやるからよっ!」

「そうそう、あの薬使われちゃあ、こうなっても仕方がねえって!」

返事の無い夫の代わりに、帝国軍兵士達によって浴びせられる言葉が、
更にハンナの心を切り刻む。
もう、愛する夫のいる方向を、見ることも出来なかった。
ただ、鉛のように重い冬の寒空を見上げながら、悔恨の涙を流した。

「おい、これからは、いくときはちゃんと言うんだぞっ!
今度黙っていったら、お前のへたれ亭主の首を刎ねてやるからな。
それが嫌だったら、ちゃんといくって言うんだぞ!」

「うう…は、はい…。」

ハンナは、ただ言いなりになる他は無かった。
もう、堕ちてしまいたい…奈落の底まで…
一番底まで堕ちて、何者でも無くなってしまいたい。
妻でもなく、人でさえなくても構わない。
何もかも捨てて、ただ、言いなりに成るだけの道具でありたい。
もう、何も考えたくなかった。

とその時、ズンっと一際深く肉棒が突き刺さった。
どろどろの割れ目を押し開き、膨張した先端が最深部の子宮口を直撃した。

「くっ!!あああああっ!!」

「おらっ!ぼーっとしてねえで、いい声で鳴けよっ!」

帝国軍兵士は、一番奥まで硬くなった肉棒を打ち込むと、その場所でごりごりと
硬く膨張した先端を擦り付け始めた。
まるで、押し上げられた子宮口を、そのまますり潰そうとしているかのようだった。

「ああっ!そんな、これっ!だ、駄目っ!!
さっき…………ばかりなのに…っ!こんなっ!」

いったばかりで敏感になっている所に、これである。
ハンナは、あっさりと敗北宣言をすることになった。

「あっ!もうっ!いくっ!いきますっ!
いくっ!いくっ!いくううっ!!」

再び大きく背中を反らせると、勃起した乳首を突き出し、絶頂の言葉を口にした。
体全体をゴムマリのようにびくびくと伸縮させ、強い快感に酔いしれる。
もちろん、杭に結わえられてうな垂れている夫にも、この声は聞こえているだろう。
だが、それを配慮する余裕は、今のハンナには与えられていなかった。

絶頂の声を上げても、肉棒の動きは止まらない。
ハンナの肉体と精神をすり潰すかのように、ゴリゴリと動き続けた。

「そ、そんなぁっ!ま、またっ!またいくっ!
いくっ!いくっ!いっくうううううぅぅっーーーーーー!!」

暗雲が垂れ込める冬のデイ・バレーで、犯される女達の悲しい叫び声が、
空しく共鳴し続けていた。
[ 2011/12/15 20:07 ] 陵辱 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。