FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第16話

<飼育見物(拷問 第16話)>

おや、あなたは…。
お久しぶりですね、お元気でしたか?
ええ、よく覚えてますよ。あの村の飼育小屋では、常連でしたからね。
確か、エリスって娘が大のお気に入りでしたね。
あなた、あの娘がオークに犯されて気をやるのを、食い入るように見ていらっしゃった。

ただ、残念なんですが、エリスはここにはいません。
トラン攻略戦の後、あの娘は大半のオークと共に、南部戦線に送られました。
トランに残った10匹のオーク達も、エリスがいなくなって欲求不満が溜まってるみたいです。
冬の間は戦闘もありませんしね…。

ところがです。先月来たサラって娘をオーク達がえらく気に入りましてね…。
他の女達とは、まるで食いつきが違うんです。
瞳はブルーで色白でね…ちょっと冷たい感じがするけど、まるで人形みたいな娘ですよ。
今では、そのサラって娘一人で10匹のオークの相手をしているんです。
やっぱり、オークも若くて美しい女の方がいいってことですかね…。エリスの再来ですよ。

サラって娘も最初の方はやたらと抵抗して手を焼きましたが…。な~に、オークの精液を
流し込まれて、正気を保っていられる女なんていやしませんよ。
2週間後には、立派な精液ジャンキーです。頭の中は、オークの精液の事でいっぱいですよ。
まあ、元は共和国軍の士官だったみたいですが…。
今やその面影はありませんね。完全にオーク達の虜ですよ。

ええ?私ですか?まあ、そりゃあ、たまにはね…。役得ってやつですか。
オーク達が戻っていった後で女を綺麗にするんですがね、その後で一発ってのはありますね。
あの娘も一日中オーク達に犯された後は、まるで人形みたいですよ。
全身精液まみれで、性器からはぼとぼとと精液が垂れててね…。
もう、全身が弛緩しきってて、自分で立つことさえできやしない。目も空ろでね…。
体を洗ってやるのも大変ですよ。だから、まあ、そのかわりって言っちゃ何ですが、
その後でちょっとやらせてもらうわけです。

でもね、もうまるで人形を抱いてるみたいですよ。その時は…。
何しろ、一日中オーク達に犯され続けてたわけですから…。もう、体は限界ですよ。
でね、反応が今ひとつなわけです。全然、声も出そうとしないし…。
そういう時は、どうすればいいと思います?そんな時はね、少し乱暴にしてやるんですよ。
ほら、オークの精液には媚薬が含まれているでしょう。そう、被虐感が高まるやつですよ。

オークに抱かれた女は、それのお陰でみんなマゾになっちまう。オークの精液の味を知ったら
元に戻れなくなるのも、そのせいですよ。だもんだから、尻を叩いたり、頬を打ったりして
虐めてやるんです。そうすると、とたんに反応が良くなるんですよ。
あとは、共和国軍の士官のくせに!とか、敵に犯されて感じてるのか、この変態マゾ!とか
言葉で虐めるのもいいですね。そうすると、すっごく悲しそうな顔をして泣くんですよ。
そんなの見せられたら、こっちは尚更虐めたくなる。

もちろん、あそこは大洪水ですよ。次から次へと溢れてきます。
出し入れする度に、ぐちゅっ、ぐちゅっ、って音がするんです。この音が恥かしいみたいでね…。
真っ赤な顔しながら、いい声で鳴くんですよ…乳首びんびんに硬くしてね…。
最初見たときの少し冷たい感じとのギャップが、これまたたまらないんですよ。

で、私も調子に乗ってね…。国でお前の帰りを待ってる親がこの事知ったら、どう思うかな?
とか、お前の人生はもう終わりだ!一生、オークに犯される家畜奴隷として生きていくんだ!とか、
もう言いたい放題ですよ。そうするとね、あの娘もわんわん泣くわけです。
もう、子供みたいにね…。いや~本気で泣いてる女を抱くのは、たまらないですね。

でね、いよいよフィニッシュです。
被虐感を高めるために、絶頂を迎える時には酷いことを言わせるようにしてるんです。
何て言わせると思います?ふふっ…。

"皇帝陛下、万歳!"です。

くくっ…。共和国軍の士官にですよ!
これは見てて笑えますね。いきそうになったら、大声で連呼させるんですよ。
でもね、簡単にはいかせてやらないんです。声が小さいとか、心がこもってないとか難癖付けてね…。
あの娘ももう、いきたくて仕方が無いもんだから、最後の方は狂ったように絶叫ですよ。

「皇帝陛下、万歳!皇帝陛下、万歳!こ、皇帝陛下あぁっ!万歳っーー!!
あ、ああっ!いくっ!皇帝陛下ああぁーー!ああっ!いくっ!いっくうぅぅっーー!!」

ってな感じにね。それと同時に、たっぷり射精してやるんです。もちろん、中にね。
でね、その後がまた楽しいわけですよ。
お前、さっき何て言いながらいったんだ?お前、確か共和国軍の士官だったよな?
って虐めてやるんです。そしたら号泣ですよ。全身をぶるぶる震わせながら、嗚咽するんです。
もう、見ててたまらないですね。涙が枯れるまで、虐めてやりたくなります。

でね、面白いことを思いついたんです。私にいかされる時だけじゃなくて、オークにいかされる
時にも何か言わせてみようってね。それが惨めな内容であればあるほど、喜んで言いますよ。
何しろ、オークの精液に含まれる媚薬で、悲しい想いをすればそれだけ、体は反応するんですから。
まあ、見た目には、泣いてますがね…。ははっ。

次の日から、さっそくいろいろ試してみることにしました。
最初に命令した時はそんなこと言えないだの何だのと言ってましたが、オークの太いのが入っち
まえば、そんなの関係ないですからね。後ろからオークにさんざん突き上げられたら、どんなに
恥知らずな言葉でも、最後には口にしちまうんです。

「い、いくぅっ!オークのチンポでっ!オークのチンポに犯されていくうぅっーー!
あ、ああっ!いく、いくぅっ!オークに犯されていくううぅぅーー!!」

もうね、完全にトランス状態ですよ。
絶頂を迎える瞬間は、明らかに本心から言ってますね。
オークに犯されるのが、好きで好きで、たまらないんですよ。
絶頂を迎える瞬間は、もう何も見えてないですね。ただ、快感を爆発させたい。
それだけですよ。元士官だってのに、哀れなもんです。

あとね、見てて面白いのが、オークが射精する瞬間なんです。
その時のサラの反応は、たまらないですよ。
オークが射精しようとする時は、急に腰の動きを早めたり、逆に深く突いた所でぴたっと腰の
動きを止めたりするんですが、その時のあの娘の表情といったら…。
泣きそうな顔しながらも、精液を注いでもらえるって期待感で、いっぱいなんですよ。
もう、媚薬がたっぷりと入ったオークの精液が、欲しくて欲しくてたまらないんでしょう。

射精されると分かったら、性器に全神経を集中してその瞬間を待つんです。
もう、射精されるのは確実なわけですからね。あとは、待望の精液が注がれる瞬間を味わうだけです。
どくどくと波打つペニスと、注ぎ込まれる大量の熱い精液をね…。
そして、その瞬間はやってきます。オークの腰がぐぐっとサラの尻に押し付けられた、その2秒後…。

どくっ!どくっ!どくんっ!どくんっ・・・!

「あっ!ああっ!あああっ!ああぁぁっーー!いくっ!いっくうぅうううぅっーー!!」

オークの太いペニスがどくんどくんと痙攣しながら、大量の精液をサラの中に吐き出します。
そして、それに合わせてサラが声を上げるんです。その時の声と表情がね…たまらないんですよ。
来た!って表情しますからね。つまり、サラの反応でオークが射精する瞬間が分かるんですよ。
オークのペニスが脈動する、その一つ一つの瞬間までね。
まるで、サラの性器の中で爆発するペニスの先端を、直で見ているかのように…。

いやー、たまりませんね…。話してるうちに、自分まで興奮してきましたよ。
え?それはあなたも同じだって?はあ、じゃあ、しかたがないですね…。
ちょっと小屋の方を覗いていかれますか?
今ならちょうどサラがオークの相手をしてる所ですよ。
さ、こちらへどうぞ…。


あなたが案内された小屋は、粗末な造りだった。小屋の中央には、大きなストーブが炊かれている。
そして、そこであなたが見たものは…。それは、あなたがかつて見たことのある光景だった。
あの村であなたが毎日のように通って見ていた、オークによる陵辱…。それだった。
全裸に剥かれた女が、床に敷かれた藁の上で仰向けになっていた。まるで家畜のように。
大きく足を開かされて、その間にオークの巨体が割って入っている。
オークは背中から湯気を上げながら、その女を犯していた。

ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ・・・

オークの硬く勃起した肉棒が、いま正に女の身体を貫いている事を示す卑猥な音…。
女は太ももの後ろを押し上げられて、赤ん坊がオムツを当てられているような格好で犯されていた。
大きく開かされた足の裏が、天井を向いている。
そして、そのサラと呼ばれる女は目からぼろぼろと涙を流しながら、オークの責めに耐えていた。
オークの一突き毎に揺れる薄い金髪…、涙が零れ落ちるアイスブルーの瞳…。
サラを覆う巨体が前後する度に、サラの白く華奢な体が揺すられる…。

「あっ、ああっ、ああっ、あ、あああっーー!」

オークの精液に含まれる媚薬の効果により、サラは強烈な被虐感を感じさせられていた。
もう、悲しくて悲しくて、仕方が無いのだ。戦いに敗れ捕虜となり、今はオークに犯されている…。
そんな自分が哀れで、惨めで、仕方が無かった。一匹のオークが射精すると、直ぐに次のオークが
覆いかぶさってくる…。射精…、交代、射精…、交代…。それは10匹のオークによる、輪姦だった。
まるで、無間地獄のように続く陵辱…。普通はこれだけでも気が狂いそうになるほどの屈辱である
のに、更にオークの精液に含まれる媚薬により、その被虐感は何10倍にも増幅されていた。

オークの太い肉棒が出し入れされる度に、サラの心を深く傷つけた。
硬くてぬらぬらと光る肉棒を入り口まで引き出すと、勢いを付けてサラの子宮口まで突き上げる。
その瞬間、足のつま先から頭の頭頂部までを、ゾクッとした黒い快感が走るのだ。
体が痺れるような、毛虫に皮膚全体を這われるような、何とも言えない感覚…。
そのゾクっとした感覚は、奈落の底に落ちていくような、とてつもなく深い悲しみを伴っていた。
底が抜け、真っ暗闇の穴に永遠に落ちていくような、そんな感覚だった。

悲しい…。
なのに、それを快感として感じずにはいられない…。
もっと…。もっと悲しませて…。
悲しい想いをすれば、それだけ深い快感を味わえる…。
もっと、もっと私を奈落の底まで落として欲しい…。
サラの壊れ行く心が、そう願っていた。

サラの細い体が、オークの巨体で隠れる。
はち切れんばかりに怒張した肉棒をまだ経験の浅い性器にめり込ませると、オークはまるで
自分の体臭をすり込むかのように肌を密着させ、腰を動かした。
サラの限界まで広げられた性器と肉棒の僅かな隙間からは、ぷちゅっ、ぶちゅ、くちゅ、
という音と共に、精液とサラの愛液が滲み出てくる。
それらはサラの尻を伝うと、糸を引いて床に敷かれた藁を汚した。

オークはサラの両足首を自分の両肩にそれぞれ乗せると、そのままサラの体を2つに折り曲げた。
自分でも触ったことの無い、体の一番深い所を犯されるサラ。
そして子宮口を押し潰す程奥に挿入された肉棒は、次の瞬間には割れ目の入り口まで引き出された。
その時、サラはまるで内臓まで一緒に引き出されているかのような感覚を覚えた。

ぐちゅっ!ぬるうううぅぅぅ…ぐちゃっ!ぐっぬうううぅぅ…ぐちゅ、ぐちゅぅっ…!

「あっ、ああっ!だめっ、そんなっ!も、もう、だめえぇっ!」

ゾクッ、ゾクゥッ、ゾクウゥゥッ・・・
サラの被虐感も、最高潮に達していた。頬を伝う涙が止まらない。
こんなに…こんなに悲しいのに…。
こんなに惨めなのに…気持ちいいっ…!
もうだめ…我慢できないっ…!
また…おかしくなるっ…!ああ、おかしくなるぅっ!

サラは両手を伸ばすと、オークの背中に掛けた。
そして、ぎゅっと抱きしめて身体全体を密着させると、自ら腰を擦り付け始めた。
髪を振り乱し、必死にオークにしがみついて腰を振るサラ。
まるで、恋人が愛し合っているかのように。

「ああっ、好きっ!太いの好きぃっーー!
犯してっ!もっと、もっとめちゃくちゃに犯してっ!
いくっ、いくぅっ!オークに犯されていっちゃうっ!いっくうぅっーー!」

オークは子宮口を押し上げるように奥までぐいっと突き上げると、邪悪な液体を排泄した。
ぐわっと広がったその先端から、大量の精液がサラの子宮口を直撃する。
びゅるっ、びゅるっ、びゅるうぅぅっー!

「ああっ、来たっ!精液っ、精液出てるぅっーー!いっ、いくうっーー!!」

びくっ、びくっ、びく、びくんっ…
サラは全身をゴム鞠のように何度も大きく弾ませながら、絶頂を迎えた。
強制的に与えられる、体が爆発するような凄まじい快感…。
底の見えない奈落に突き落とされるような、絶望的な被虐感…。
それらが一体となって、サラのわずかに残っている正常な精神を破壊してゆく。

「ああ、いい…。もう、どうにでもして…。犯して…。犯してぇ…。」

サラは涙を止め処なく流しながら、オークの肉棒を、精液を欲した…。
精液が滴る肉棒に、舌を絡めてしゃぶりつくサラ。
次から次へと、際限なく続くオークの陵辱…。
小屋に響き渡る、哀れなサラの絶頂を告げる声…。

これが、あなたの望んだもの…。

あなたの望んだ、被虐の世界…。

気づくと、先ほどまで話していた飼育係の姿はどこにも無かった。

あなたはそっと扉を閉めると、その小屋を後にした。

< 完 >
[ 2011/12/14 20:59 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。