FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第13話

<拷問 第13話>

その夜、城砦都市トラン一帯は、本格的な雪になろうとしていた。
長期に渡り帝国軍の侵攻を防いできたその城壁には、既にうっすらと雪が積もり始めている。
そして双方の多大な犠牲者の血を吸った平原も、徐々に白い結晶に覆われ始めていた。
トラン周辺で流された帝国軍と共和国軍の血は、白く清らかな結晶により、静かに覆われて
いこうとしている。まるで今までの凄惨を極めた戦いなど、存在しなかったかのように…。

だが、サラが囚われている部屋、すなわち拷問部屋は、外の静けさや清らかさとは異なる、
熱気と興奮、そして欲望と狂乱に支配されていた。
しかも、サラに行われているそれは、既に拷問でさえなかった。
共和国軍の参謀であるサラから何か有益な情報を聞き出すわけでもなく、
ただひたすら性欲を満たすためだけの、陵辱だった。
獣達が無抵抗の少女に群がり、その白くて柔らかな肉にしゃぶりつき、貪っている。

精液公衆便所と罵られ、動物のような四つんばいの格好で絶頂を迎えさせられたサラ。
サラは抗うことができなかった。あの屈辱と惨めさの中の、天にも昇るような甘美な快感に。
敵兵士に犯され、なじられ、屈辱の言葉を浴びせられながら達してしまった自分…。
あまりの悔しさ、恥ずかしさ、そして情けなさに、サラはシーツに顔を埋めて号泣した。
そして、体をわなわなと震わせながら泣き続けるサラに、とどめが刺されたのだ。

ビシュッ!、ビュッ!、ビューッ!、ビュルーッ

はち切れんばかりに硬くなった肉棒が、どくっどくっと脈打ち、無防備な子宮口を汚す。
先端から吹き出た欲望が、処女を奪われたばかりの秘部を蹂躙し、満たしていった。
肉棒の脈動と同時に、腹の中で広がってゆく熱いほとばしりを、一番敏感な部分で感じるサラ。

「あっ!はああっーー!」

いったばかりで敏感になっているところへ射精されて、再び強制的に絶頂への階段を
上らされるサラ。もはや、自分の意思ではどうにもならなかった。
そして、再びその瞬間…。惨めな絶頂の時を迎えた。

「ああっ!だっだめっ」

「あっ…!いやっ!やっ!またっ・・・っくううううぅぅぅぅっーーー!」

背中を大きく反らせて、体全体をびくん、びくんと痙攣させる。
強い快感は、心の嫌悪感とは逆に、体を明確に反応させた。
絶頂に向かうにつれ、体中の筋肉に力が入り、絶頂と同時に一気に弛緩する。
その場にいる誰の目にも、サラが登りつめたのは明らかだった。
それを見ていた男達から、どっと笑い声が起る。

「こいつ、もう中に出されていくこと、覚えやがったぜっ!」

「どうだ、連続でいかされた気分は!最高の気分だろう?」

「お前のいき顔、しっかりと見せてもらったぞ!おい、何とか言えよ!この肉便器っ!」

追い討ちとばかりに、男達から酷い言葉が浴びせられ、心をめちゃくちゃに切り刻んだ。
酷い言葉が浴びせられる度に、サラの体はびくっと震える。
あふれ出た涙が、すうっと頬を伝ってシーツに落ちた。
その時のサラには、もう抵抗する気力が完全に失われてしまっていた。

敵兵士に犯されて、絶頂を味わってしまった…。
"精液公衆便所"と侮辱されて…。
酷い罵声を浴びせられながら、後ろから犯されて…、中に精液を流し込まれた…。
敵兵士に犯されながらの、屈辱の連続絶頂…。
もう、何も言い訳は効かない…。

あとは、ただ早くこの人たちが満足してくれるのを待つだけ…。
もう、私には何も守るものは無い…。
共和国軍の士官としての、そして何より女としてのプライドや自尊心、
全て無くしてしまった…。
あとは、あとはただ、この嵐が止むのを待つことしか、私には出来ない…。

帝国軍兵士達の前で痴態を晒して、再び顔をシーツに埋めてうずくまるサラ。
そんな放心状態のサラの体が、乱暴に仰向けにされる。
泣き顔を隠そうとするサラの両手が、頭の上で大きな手によって押さえつけられた。
そして、太ももが持ち上げられると、前の男の精液が滴る割れ目に、
次の男のものがズブッと突き立てられた。

「うぅっ!ああっーー!」

男はサラの体に覆いかぶさると、首の後ろに両手をまわして、その細い体をがっしりと
抱え込んだ。男の筋肉質な厚い胸板が、サラの小ぶりな膨らみを押さえつける。
そして、腕、背中、腹、足、体の筋肉全体を使って、サラを突き上げた。
久しぶりの若い女に”入れる”ことができるとあって、男は酷く興奮していた。
はち切れんばかりに固く怒張した先端がサラの子宮口に到達し、更に肉棒が完全に
サラの体内に収まるまで、ぐっと押し上げる。

「あっあっー!あんっああっーー!」

その一突き毎にサラの両足は跳ね上がり、声を漏らした。
もう、声を出すことにほとんど抵抗は無かった。
自分を犯す敵兵士の前で、既に2度もいってしまったのだ。
今更取り繕ったところで、意味は無い。

ギシギシというベッドの軋む音と、ぐちゅぐちゅという互いの性器が絡む音を背景に、
サラの陵辱に耐える悲しい声が部屋に響く。
そこで犯されているのは、敵に捕まった共和国軍の士官では無く、
入れられれば感じずにはいられない、哀れな女だった。

「よーし!そろそろ、お前の大好きなもの出してやるからなっ!
それと、今度いく時は、ちゃんと”いく”って言うんだぞっ!
わかったかっ?」

サラを犯す男がそう言うと、ピストンが一段と激しくなった。
もう、抵抗する気力がほとんど失われているサラは、無抵抗に頷いていた。
あの瞬間に、自分が絶頂を迎える瞬間に、”いく”と言えばいいのか…。
そんな事に、何の意味があるんだろう…私がいってるのは、誰の目にも明らかなのに…。

サラは男のピストンが一層早くなり射精が近いことが分かると、顔を横に向けて目を
ギュッとつむった。また、中に出される…。そう思うと、体が強張る。

ああ、また…また、中に…。
中に出される…!
奥に、奥に熱いのが…。
出されるっ…!

「おおっ!出るっ!出るぞぉっ!中に出すぞおっー!」

男は両腕に力を入れてギュッとサラの体を抱きしめると、腰をサラの股間にぐっと
押し付けた。そして、男の太ももが一瞬震えた瞬間、肉棒がびくっびくっと痙攣し、
その先がぐわっと膨らむ。そして、熱い精液がどくどくと放たれた。

どくんっ!どびゅっ!どびゅっ!どびゅぅぅっ!

ああっ…!
でっ、出てるっ!私の中に、出してるっ!
私の中に、射精してるっ!
まだ、まだ出てるっ…熱い…熱い、精液…。

だめ、くるっ!
だめっ!だめぇっ!

「あっ!ああっ!!く、くるっ!あっああっー!」

大きな快感の声を上げながら、絶頂へと上り詰めようとするサラ。
その瞬間、さっきの男の言っていた事を思い出した。
そして、約束通りにその言葉を発した。

「ああっ!だっ、だめぇっ!い、いくっ!いっくうぅぅぅーー!!」

「ああああっーーー!!」

口を大きく開いて舌を突き出し、中に出された快感を絶叫するサラ。
背中を大きく反らして、体全体をびくびくと痙攣させる。
絶頂を迎えている間は、歯を食いしばり、全身全霊で快感を味わっていた。
無意識の内に、股を思い切り開いて腰を擦り付ける。

今までの冷静沈着な参謀としてのサラは、そこにはいなかった。
自分を犯す敵兵士の命令通りに、自分の絶頂を大声で申告する、バカ女…。
もういっその事、狂ってしまいたい…。
今までの自分の輝かしいキャリアも、全て忘れさせて…。
もう、全て無かったことにして…。

「ははっ!おい、この女っ!本当に言いやがったぜっ!
さすがは、共和国軍の士官だな。命令には忠実だっ!」

そこで、またどっと笑いが起こった。
サラは、もう本当に消えて無くなってしまいたかった。

「これからも、ちゃんと言うんだぞっ!
それに、大声出した方が、お前も気持ちいいだろう?
ええっ?この淫乱士官さんよっ!」

サラは絶頂を迎えたばかりで、肩で息をしながら口をパクパクとさせていた。
もう、何も反論しようという気持ちさえ起こらなかった。
もう、好きにして欲しい。
私はあなた達の言うとおりにするから、早くこの狂乱を終わらして欲しい…。
ただ、それだけ…。

既に、サラの陵辱は2周目に入っていた。
一人の男が満足すると、すぐに次の男がサラの太ももを持ち上げて大きく開いた。
そして、まだ前の男の欲望が滴る割れ目に、肉棒をねじ込む。
男達は、容赦無く処女を奪われたばかりのサラの胎内に、精液を流し込んだ。
そして、そのたびにサラはあの言葉を口にして絶頂を迎えることとなった。

「ああっ!またっ!またいくっ!いくっ!いくっ!いくううううぅぅっーーー!!」

「ああああっーー!いっくうううっ!!」

サラの哀れな喘ぎ声が、ランプに照らされた窓を震わし、外へと伝わる。
その外では、既に降り積もった雪によって、一面銀世界となろうとしていた。
[ 2011/12/14 20:56 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。