FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第12話

<拷問 第12話>

男はサラの両足を持ち上げると肩の上に乗せ、細い身体をぐっと二つ折にした。
尻が持ち上げられると性器が真上を向く格好にり、真上から垂直に肉棒が打ち込まれる。
そして、ズボズボと乱暴に打ち込まれる割れ目からは、耳を塞ぎたくなるような
卑猥な音が漏れた。

じゅぶっ、じゅぼっ、じゅぶっ、じゅぶっ、じゅぶぅっ

精液と愛液が混じりあって泡立ち、2つの性器の結合部分に絡みつく。
男は一旦ピストンを中断すると浅い所まで引き、そこからズンッと深い所まで突き入れ、
中をぐりぐりとかき回した。
その強烈な一撃に、サラは腹の中ほどまで太い杭が打ち込まれるかのような感覚を覚えた。
もちろん、その感覚は「快感」として強制的に認識させられる。

じゅぼっ!・・・・じゅぼぉっ!・・・ぐちゅうぅっ!・・・・・・

す、すごいっ・・・こ、これっ・・・すごいっ・・・奥まで届いて・・・
私、・・・犯されてるのに・・・こんなっ!
犯されて・・・、犯されて、興奮してるの・・・?!
だめ・・・こんな・・・でも、き・・・気持ちいいっ・・・!

「よーし、そろそろ出るぞっ!お前の中に、熱いのいっぱいぶちまけてやるっ!!」

屈曲位で犯されるサラの中に、再び男の熱い欲望が排泄されようとしていた。
男は両足をピンと伸ばして、サラとの接合部分に全体重を掛けた。
サラは完全に身体を二つ折りにされ、両膝を乳房に押し付けられるような格好になる。
男は腰を密着させたまま、更にぐいぐいと腰を押し込んでくる。

「おっ、お願いっ!も、もう中には出さないでっ・・・!妊娠しちゃうっ!」

男の太い両腕にすがるようにしがみ付き、懇願するサラ。
しかしその必死の願いも、男の欲望の爆発を止めることは出来ない。

「おらっ、出すぞっ!中出しだっ!」

「いやっ!やめてっ!いやああっ!!」

もう止めて欲しいと号泣しながら懇願するサラを無視して、その時はやってきた。
ズンっと深く突き入れられた直後、ぐわっと亀頭が膨らむのを感じた。
そして次の瞬間、それは始まった。

どくっ、どくっ、どくううぅぅっ・・・・

サラの体内に、悪夢のような射精が再び行われた。
屈曲位によって深い所で放出された精液は、子宮口を勢い良く直撃した。
そして、無防備な子宮内にまで直接流し込まれる液体。
びくびくと脈動する先端から放出された熱い液体が、じわっと広がってゆく。
身体をわなわなと細かく震わせ、むせび泣くサラ。

「う、ううううぅぅ・・・・・・酷いっ・・・また、中にぃ・・・」

女として最大の屈辱を2度も受け、サラの被虐感は最高潮に達しようとしていた。
そして、マゾとしての喜びを、強制的に心に刻み込まれる。
惨めな思いに比例して、高まってゆく快感・・・。
洪水時の濁流のような、誰も抗えない圧倒的な力・・・。
そんな快楽地獄へと、引きずりこまれようとしていた。

「おらっ!四つん這いになれっ!次は後ろから犯してやるっ!」

ぐったりと弛緩したサラの身体に、休む暇もなく次の男が襲い掛かる。
サラは仰向けの体制から簡単にひっくり返されると、
抵抗する間も無く、屈辱的な四つん這いの格好にさせられた。
両肘をシーツに付け、腰を持ち上げられる。

「あっ、やっ!こっこんな格好っ!」

バシィッ!!抵抗しようとするサラの尻に、平手打ちが振り下ろされる。

「ああっ!」

初めての暴力に、サラは思わず声を上げた。
だが、それが痛みによるものなのか、快感によるものなのかは分からなかった。
あるいは、両方なのかも知れない。

「ほら、もっとケツを突き出せっ!ケツの穴、丸出しにしろっ!」

平手打ちされた尻が、ひりひりと痛む。
サラは屈辱に身体全体を震わせながら、両膝を立てて男達の前に「女」を晒した。
さっき出されたばかりの精液を滴らせる割れ目はもちろん、肛門までが丸見えになる。
どろっと漏れ出した精液が、シーツの上にこぼれ落ちた。
サラは恥ずかしさと屈辱で、頭がおかしくなりそうだった。

「ははははっ!!ざまあねえなっ!お前の汚い穴が、二つとも丸見えだっ!!
お前みたいなマゾには、この格好はたまらないだろうっ!」

男達の嘲笑と、容赦のない罵声・・・。
目をぎゅっとつむり、悔しさで唇を噛むサラ・・・。
だが、それと同時に身体の疼きは、どんどんと激しくなっていった。
屈辱的で恥ずかしい格好をさせられるほど・・・、
信じられないような罵声を浴びせられるほど・・・、
それは激しく燃え上がっていった。

男はサラの陶磁のように白くてすべすべした尻をゆっくりと撫で回し、
その柔らかな感触を十分に堪能すると、両手で乱暴にわしづかみにした。

「ううっ!」

そして小ぶりな尻の肉をぎゅっと掴むと、尻を左右にぐっと開いた。
サラの肛門が、無残に引き伸ばされる。
肛門を観察される事は、ある意味、性器を見られる事よりも恥ずかしかった。

「どうだっ!ケツの穴の中まで晒してるぞっ!」

「いっやああっ!そっそんな所っ・・・みっ…見ないでぇっ!!」

「嘘付けっ!本当は見てもらいたいんだろうっ!この淫乱マゾっ!
よーし、そろそろ俺の太いの、奥までぶちこんでやるっ!」

サラは再び男のものが、あそこに触れるのを感じた。
ああ・・・私・・・後ろから入れられようとしてる・・・
こんな、動物みたいな格好で・・・
後ろから・・・入れられるっ!
後ろから・・・おっ、犯されるっ!
四つん這いにさせられて、後ろから犯されるっ・・・!

割れ目に沿って上下に這わせる先端が、くちゅくちゅと音を立てた。
先端の肥大した部分が、サラの子宮口めがけて真っ直ぐ進入を開始する。

「おらっ!後ろからぶち込んでやるぞっ!」

ぐちゅうううっ・・・!

大きく肥大した亀頭が、割れ目を左右に押しのけ進入を開始する。
先の部分がズボッと進入すると、そのまま最深部まで一気に到達した。
その瞬間、仰向けで入れられた時よりも、強烈な屈辱感、羞恥心がサラの体中を駆け巡る。

「あっ!!あああああっっーーー!!」

は、入ってるっ!私・・・四つん這いにされて、後ろから犯されてるっ!
こ、こんなっ・・・こんなぁっ!!
羞恥、悲哀、屈辱、・・・そして、服従・・・
様々な劣情が一気に濁流となってサラの心に押し寄せる。

パンッパンッパンッパンッ

サラの白い尻をリズミカルに打つ音が、部屋中に大きく響く。
その音にあわせるように、サラも声を漏らした。
ズンズンと突き上げられる度に、痺れるような快感に襲われる。

「あっ!ああっ!あっああっ!はっああああっ!」

「どうだ、犬みたいな格好で犯される気分は?
そんなに可愛い声出して、後ろから犯されるの、気持ちいいか?」

パンッパンッパンッパンッ

サラの細いウェストを引き寄せ、その小ぶりな白い尻に容赦なく
腰を打ちつける帝国軍兵士。
後ろから激しく突き上げられながら、黒い快感に耐えるサラ。
だが、そんなサラにとどめを指す言葉が浴びせられた。
それは、20歳を迎えたばかりの有能な美人参謀には、
あまりにも酷い内容だった。

「これからお前は、性欲処理のための公衆便所だっ!
誰でも自由に精液を排泄できる、精液公衆便所だぞっ!
わかったかっ?」

"精液公衆便所"・・・

その言葉が、後ろから犯されているサラの心に突き刺さった。
私が・・・私が公衆便所・・・
誰でも・・・自由に・・・精液を排泄する・・・公衆便所・・・
精液・・・公衆便所・・・
精液公衆便所・・・

その瞬間、サラは頭の中で、何か火花が散ったような感覚を覚えた。
一瞬、視覚がぼやけて音も聞こえなくなる。
そして、今までで最大の濁流が身体の奥の方から轟音と共に押し寄せる。
マゾヒズムという、甘く黒い快感を伴って・・・。

「あっ・・・ああ・・・・・・」

サラは口から涎を垂らしながら、白いシーツをぎゅっと掴む。
そして、抗うことの出来ない快感の濁流が理性を一気に崩壊させると、
身体全体を痙攣させて、一気に絶頂に達した。

「ああっ!ああああああああっーーー!!」

びくんびくんと身体を激しく痙攣させ、女が一番恥ずかしい瞬間を晒すサラ。
それも、敵兵士に四つん這いで犯されながら、精液公衆便所と罵られた直後である。
今までの共和国軍の優秀な参謀としてのプライド、そして何より女としてのプライドまでもが
完全に崩壊した瞬間だった。
絶頂の快感が体中を駆け巡った後も、サラの身体はわなわなと細かく震え続ける。
敵兵士に精液公衆便所扱いされて気をやってしまった自分が、どうしようもなく惨めだった。
そんなサラに、追い討ちをかけるように罵声が浴びせられる。

「おいっ!この女っ、犯されてるのに気をやりやがったぜっ!
よっぽど"精液公衆便所"ってのが効いたみたいだなっ!」

「ああ、とんだ、変態マゾ士官だぜっ!」

サラは白いシーツに顔を埋めると、声を上げて泣いた。
[ 2011/12/14 20:56 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。