FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第11話

<拷問 第11話>

「いっ!いやああっーー!!」

サラは頭を左右に振りながら両手両足に力を入れ、自分を貫いた物から必死に逃れようとする。
しかし、それは完全に無駄な行為だった。
サラの処女を奪った凶悪な肉棒は、サラがどんなに体を捻っても、抜けそうに無かった。
むしろ、肉棒の先端によって、内臓がぐいぐいと押し上げられている。
だが、それでも共和国軍の士官としての、いや、女としてのプライドがあった。
何の抵抗も無しに犯され続けるなど、サラには耐えられなかった。体を捻って、抵抗するサラ。

「ほら、もう入っちまったもんはしょうがないだろっ!諦めて、おとなしく犯されてろっ!」

男達の容赦の無い言葉が、サラに浴びせられる。
今まで経験の無かったサラの肉壁は狭く、男の固い肉棒に完全に密着していた。
嫌でも肉棒のの大きさ、形、硬さ、そして熱などを感じてしまう。
サラは、自分の体の中を犯している物を強制的に認識させられ、嫌でも犯されているという
現実を知らされる。そう、今自分は、男達に組み敷かれ、乱暴に犯されている…!
そう思うと、無駄と分かっていても抵抗せずにはいられなかった。

「いや、いやあっ!やっやめてっーー!!」

涙をこぼしながら声を上げ、四肢をばたつかせる。
しかし、屈強な帝国軍兵士4人を相手に、戦闘の経験の無い若い女がかなうわけが無かった。
むしろ、泣きながら抵抗するサラに、帝国軍兵士達は興奮した。

「ははっ!おらっ!もっと泣き叫んでもいいんだぞっ!
何しろ、誇り高い参謀職から、敵兵士の性欲処理器に堕とされたんだからなぁ!」

そう言うと、サラの体を貫いている男は、ゆっくりと腰を動かし始めた。
サラの涙に濡れた顔を観察しながら、ピストンを開始する。
硬直した肉棒が、初めて男を受け入れたサラの割れ目に、消えては現れた。
そして、そのピストンに合わせてサラの体が上下に揺すられる。
男の腰の動きは徐々に早くなっていき、そのスピードに合わせてサラの体も揺すられた。
肩まである薄い金色の髪が、体が揺すられるのに合わせて揺れる。

「とりあえず、今夜は俺達全員が満足するまで相手をしてもらうっ!
こんなに大勢の男と同時にやれる事なんて、めったにないぜっ!ねーちゃんよ!」

「うっううう……そんなっ…。」

そして、サラの抵抗も徐々に弱くなっていく。
所詮、女一人が太刀打ちできる相手では無かった。
サラに出来ることは、嗚咽を漏らしながら泣くことだけだった。
絶望…。
このまま、男達に犯され続けるしかないの…。
既に処女は奪われ、体はおもちゃにされてしまっている。
もう、私に守らなきゃいけないものなんて、何もない…。

そう思ったとき、サラの体の奥の方から再びあのゾクゾクとした感覚が這い上がってきた。
絶望や悲壮感を感じると、湧き上がってくるこの感覚…。
体の奥底から這い上がってきた何かが体全体の皮膚をゾゾっと這うような感じがした後で、
頭の後ろの方が白く、もやが掛かったような感じがした。
それと共に、サラは体の異変も感じていた。体の奥が熱い…。
体を貫く肉棒の回りの肉壁から、じわりと熱い蜜がこぼれ始めた。
じっとりと濡れた割れ目が、肉棒をキュっと締め付ける。

「おっ!良くなってきたぜっ!この女、犯されて感じてやがるっ!このマゾがっ!!」

男は更にピストンを早めた。
サラの体に覆いかぶさりながら、興奮して硬直した肉棒が、女になり始めたサラの割れ目に
容赦なく打ち付けられた。ぐちゅぐちゅという卑猥な音が漏れ始める。
サラの顔も上気し、白い頬がうっすらと赤く染まる。
大声で「犯されて感じるマゾ」と罵られ、被虐感が高められたせいだった。
それと同時に、割れ目からは恥ずかしい透明な液が滴り落ちた。

ぐちゅっ、ぐちゅっ、くちゅっ、ぐちゅうぅっ

男の腰が撃ちつけられる度に、サラの濡れた割れ目と肉棒が触れ合う音がした。
サラは恥ずかしさと惨めさで一杯になった。
こんなに酷い目に合わされているというのに…、体が勝手に…惨め過ぎる…。
サラは、再び大粒の涙をこぼした。

男は白い胸を乱暴に揉みしだきながら、更に腰の動きを早めた。
興奮して爆発寸前の肉棒は、今夜初めて男を知ったばかりのサラの割れ目の中を、
容赦なく蹂躙した。そして、パンパンに肥大した亀頭は、子宮口を弄んだ。

「よーし、そろそろいいものやるからなっ!嬉しいだろ、このマゾメスっ!」

一瞬、何のことか分からなかったサラだったが、男の腰の動きが激しさを増すにつれて、
ようやく事の重大さが理解できた。

「中に、熱いのたっぷりと出してやるからなっ!」

そう言うと、男はサラの体を覆い隠すように上になると、太い両腕をサラの背中に回し、
二人の体を密着させた。そして、体全体を使って肉棒を更に奥まで突き入れる。

「いや、いやああああっーーー!やめてっ!そっ、それだけはぁっ!!」

サラは、再び必至の抵抗を始めた。中に出されるのだけは、何としても避けたい。
渾身の力を込めて、何とか覆いかぶさる男をどけようとするが、やはり無駄だった。

「ああ、出る…。奥にだしてやるからなっ!たっぷりと味わえよっ!」

男はサラの顔を目の前にしてそう言うと、腰を一層強く打ちつた。
無防備な子宮口を、肉棒の先頭が容赦なく責めたてる。
肥大した亀頭からは、既に透明な汁が溢れていた。

「ああっ!いやっ!いやあっ!!いやあああああっーーーー!!」

哀れな女の叫び声は無視され、その時はやってこようとしていた。
男はサラの背中に回した両手で細い体をぎゅっと抱きしめると、
肉棒を目一杯突っ込み、その先端は無防備な子宮口を捕らえていた。
男の腰が、一瞬ぶるっと震える。
その瞬間、蓄積されていた男の欲望そのものが、サラの中で爆ぜた。

どくっ!どくっ!どくううぅぅっ!

肉棒がびくびくと脈動すると、大きく肥大した先端から精液が放出された。
熱い精液が、子宮口に容赦なく浴びせられる。
サラの中に、初めて精液が注入された瞬間であった。
それも、愛する男にではなく、無理やり押さえつけられての強姦によって…。
サラは、嫌でもその射精の瞬間を腹部に感じさせられた。
熱い液体が、じわっと腹部に広がるのを感じる。

「あっ!ああっ!!そっそんなっ!酷いっ!酷いぃっ…!
ああああっ…う、ううううぅぅぅっ……」

中に射精されたことを知って、咽び泣くサラ。
体をひくひくと痙攣させて、子供のように泣いている。
射精を終えた男がゆっくりとサラの体から離れると、その割れ目から白い精液が
どろっと流れ落ちて、サラの太ももを伝ってシーツを汚した。

「ふー、気持ちよかったぜ、ねーちゃん。ひさしぶりだったから、たっぷり出たぜ。
妊娠したら、生んでくれよな。帝国軍人の子供は、きっとかわいいぞっ!」

回りの男達から、どっと笑い声が起きる。
"妊娠"という言葉を聴いて、サラは一層絶望感を味合わされた。
憎い帝国軍人の子供を身ごもることになるかもしれないと思うと、涙が止まらない。
だが、この地獄はまだ始まったばかりであった。
サラの震える唇に、もう一本の肉棒が突き出された。

「おらっ!泣いてばかりいないで咥えろっ!」

男はサラの鼻をつまみあげて口を無理やり開かせると、サラの小さな口にねじ込んだ。
サラの薄くて美しい唇に、醜悪な肉棒が押し込まれる。
その瞬間、舌に感じる感触とそのなんとも言えない匂いに吐き気を覚えた。
初めて口にする、男のペニス。
排泄器官を口に入れられるなど、サラにとってはとんでもない屈辱だった。
しかも、鼻をつままれて口を閉じることができない。
男の成すがままに、下の口同様、上の口も陵辱されてゆく。

「歯立てるなよっ!噛み付いたら、ぶっ殺してやるからなっ!」

男はそう言うと、腰を動かしてサラの口を陵辱してゆく。
そして再び大きく足を広げられると、次の男が挿入を開始した。

ぐちゅううぅぅっ……

サラの愛液と精液で十分に潤っている割れ目は、簡単に肉棒を飲み込んでしまった。
肉棒に押しのけられた精液と愛液が、ぶびっという卑猥な音と共に割れ目と肉棒の
隙間から滴り落ちる。そして、再びサラの体内に凶暴な肉棒が消えた。
その瞬間、口をペニスで塞がれたサラはうめき声を上げた。
両方の口を貫かれ、まるで串刺しにされたような感覚に陥るサラ。

「どうだ、2本も同時に咥えられて、幸せだろう?
お前のマンコも、喜んでるみたいだぜっ!」

サラの割れ目を突き上げながら、男は侮蔑の言葉を浴びせた。
事実、サラの割れ目からは、男の言ったように熱い蜜が次々と溢れていた。
上下の口に男の物を咥えさせられたことにより、サラは酷く興奮していた。
そして、その興奮しているという事実は、サラも認めざるを得なかった。
自分は、こうして惨めに陵辱され、おもちゃにされることによって興奮する、
恥ずかしいマゾなのだと…。

「こいつ、やっぱり正真証明のマゾだっ!どんどん溢れてきやがるっ!
この美人士官様は、虐められるのが大好きみたいだぜっ!」

ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅ、ぐちゅっ!

サラが犯されて感じるマゾであることを示す卑猥な音が、部屋中に響く。
うう…、恥ずかしい……。
敵兵士にこんな風におもちゃにされて、こんなになってしまうなんて…。
口にも、あそこにも男の物を入れられて、犯されてるのに…。
こんなに、めちゃくちゃに犯されてるのに……。

「おらっ!口の中に出してやるからなっ!全部飲めよっ!!」

男はサラの頭を両手でがっしりと掴むと、自分の股間に引き寄せて
ピストンを早めた。サラの上下の口から、じゅぼじゅぼという音が聞こえる。
そして、最後に腰をぐっとサラの顔に押し付けると、サラの口の中に
精液を排泄した。

どくんっ!どくっ!どくううぅぅぅっ……!

「ううっ!うううううぅぅっ…!」

その瞬間、サラの目が大きく開き、それと同時に喉が動いた。
奥まで咥えさせられていたため、強制的に精液が嚥下されたのだ。
口の中いっぱいに広がる、男の欲望の味…。
喉を通っていく瞬間に、鼻腔を通って精液の青臭い匂いがした。

「どうしたっ!全部のみこめっ!この変態マゾがっ!!」

性欲処理器のサラに対する、容赦の無い責めはまだまだ続く…。
[ 2011/12/14 20:55 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。