FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第10話

<拷問 第10話>

第9師団が帝国軍と戦っている間、リンチ将軍に地下牢に閉じ込められていたサラだったが、
その彼女を牢屋から解放したのは、皮肉にも帝国軍であった。
服装からサラが参謀クラスの人間であることが分かると、身体検査が行われた。
そして、この身体検査はサラにとって非常に惨めで屈辱的なものであった。

まず、服を全て脱いで全裸になるよう命令された。それも、帝国軍の男の兵士達の前でである。
4人の兵士達は、にやにやしながらサラが服を脱いでいくのを観察している。
そして、小ぶりだが白くて綺麗な乳房があらわになると、口笛を鳴らす者までいた。

「ねーちゃん、残りはあと一枚だぜ!」

帝国軍兵士の下劣な言葉を浴びせられ、サラは恥ずかしさと悔しさで耳まで赤く染めながらも、
左手で胸を隠しながら右手で最後の一枚を脱ぎさった。
そして、とうとう全ての衣服を脱いで生まれたままの無防備な姿を晒した。
足をぎゅっと閉じて、左手で胸を、右手であそこを隠して身をよじるサラ。
普段は冷静なブルーの目にも、涙が溜まっている。

「よし、足を肩幅に開け!両腕も真っ直ぐ伸ばして上に挙げるんだ!」

もう、ここまで来たら抵抗してもしかたがない…。
サラは足を肩幅に開くと同時に、恥ずかしい部分を隠していた両手を、ゆっくりと挙げた。
まだ誰にも見られた事のない、けがれを知らない乳房や性器が露になる。

「ヒュー!美人士官様の裸を拝めるとは、ラッキーだぜっ!」

サラの肉体には無駄というものが無かった。乳房は小さめのBカップ程度だが、形が綺麗で
均整が取れており、染み一つ無い美しい白い肌に、帝国軍兵士から、思わず溜息が漏れた。
また、高い知性を感じさせる深いブルーの瞳と肩の上まで垂れた薄い金色の髪が、
アクセントとして添えられていた。

「そのまま動くな!」

二人の帝国軍兵士が椅子から立ち上げると、無防備な姿を晒すサラに近づいた。
一人は口元をニヤニヤさせながら、舌なめずりまでしている。
男達はサラの周囲を回りながら、足のつま先から指先まで、ねぶり上げるように観察した。
いかに士官学校を首席で卒業したとはいえ、全裸に剥かれてしまえば、ただの若い女でしかない。
サラは屈辱と恥ずかしさのあまり、目をギュッとつむって顔を紅潮させた。
その時、一人の男の手が、サラのまだ誰にも触れられたことの無い乳房をわしづかみにした。

「きゃあっ!」

驚いて、思わず声を上げるサラ。
挙げていた両手を下ろして男の手を何とかはらいのけようとするが、男の腕力にはかなわない。
左の胸の乳房が、乱暴に揉みしだかれる。
明らかに帝国軍と共和国軍の間で交わされている、「捕虜の扱い」の条約に違反する行為である。

「こっ!こんなことっ!!敵同士とはいえ、あなた達にモラルというものは無いのっ!!」

サラの声は完全に無視され、さらにもう一人の男の手がサラの白い尻に伸びた。
手を一杯に広げて、小ぶりな美しい尻全体を乱暴に撫で回す。
そして、ついに男の手が毛がうっすらと茂る前の方にまで到達した。

「ああっ!いやああぁっーー!!」

サラは大声を上げながら必死に両手両足を動かし、何とか男達の手を逃れようとした。

「元気のいいねーちゃんだな。おい、押さえつけろ!」

さらに2人の男が加わり、男4人がかりで押さえ込まれては、女のサラにはどうしようもない。
しかも、1人がサラの両手を後ろ手にして掴み、両足を閉じれないように2人の男が片足ずつ
押さえていた。押さえている柔らかな太ももが、ごわついた手で撫で回される。
そして、サラの正面に立つ男の指が、薄い茂みの中にある、まだ誰も到達したことの無い部分に
侵入を開始した。

「いやあっ!いっやあああっーー!!」

男のごつごつした太い中指が第一関節まで入ると、後は芋虫が身体をよじるかのように、
ずぶずぶと奥まで入っていった。立ったまま両足を開かされて無理やり指をねじ込まれ、
哀れなサラに出来るのは大声を上げることだけである。
そして、とうとう男の中指が指の付け根まで完全に挿入された。
同時に胸も乱暴に揉みしだかれる。

酷い…酷すぎる…。男達がよってたかって、1人の裸の女にこんな酷いことを…。
帝国軍の捕虜に対する扱いの悪さは噂では聞いていたが、やはり本当だったようだ。
仕事をしている時は氷のように冷たい視線を投げかけるサラの目から、一筋の涙が頬をつたう。
それは、まるで瞳の氷が氷解したかのように見えた。

「よし、あとは後ろの穴だな。」

男は中指を引き抜くとサラの足元に膝をついて、今度は更に後ろの方に手を伸ばした。
左右の男達が、白くて一点の染みも無い綺麗な尻を、左右に思い切り開く。
もちろん、肛門は限界まで広げられ、無防備な状態を晒している。
男の指が、左右に広げられた肛門の上をなぞる。

「いやっ!そっ!そんなとこっ…あっ!あああああっーー!!」

サラの言葉は完全に無視され、男は第一関節を突き入れた。
そのまま指をくねらせながら、メリメリと強引に奥の方まで犯していく。
サラの口からは、声にならない叫び声が漏れ続けていた。

いやあっ!お尻っ!お尻の穴に指が入れられてるっ…!
こんな、恥ずかしい…恥ずかしいっ!信じられないっ!
男達に力ずくで前と後ろに指を入れられてかき回されるという屈辱に、サラは唇を震わせた。

「よーし、どうやら武器や薬は持ってないようだ。OKだ。」

ようやく、屈辱的な身体検査が終わった。
サラは床にぺたりと座り込むと、屈辱と恥ずかしさのあまり涙を流した。

「おい、もうこの女で最後なんだろう?そろそろお楽しみを始めようぜ!
この体見てたら、もう我慢できないぜっ!」

「よし!隣の部屋に移動するか!ベッドもあるしな。おい!酒も準備しろ!」

サラはその言葉を聴いて、絶望的な気持ちになった。
ここまでの検査なら、多少乱暴な所はあったものの、まだ武器を隠し持っていないかの
身体検査だと言う事が出来る。だが、これから行われようとしているのは、それとは
全く別の行為だと思われる。やはり、この後はこの男達の慰み物にされるのか…。
ここにいる男達、全員の相手をさせられるの…?
私、いったい何のためにここまで…。

サラは、今までの事を思い出した。
生まれた家は貧しく、学校に通うには国から学費が支給される士官学校しかなかった。
そして、そこで必死に勉強したかいあって、何と共和国軍始まって以来初となる、
女性による首席卒業を果たした。それだけに、周りの人間のサラに対する期待も大きかった。
トランへの派遣が決まった時も、苦戦している第9師団を何とか立て直して欲しいと
参謀本部長から直接依頼され、「君ならできる」と励まされた。

そして、トランに着任してからは参謀本部の期待に応えようと、自分の信じる作戦を
上官に進言もした。その進言は、簡単に却下されてしまったが…。
そして、その結果が今の状況である。
もっと、命を懸けてでもリンチ将軍を止めるべきだったのか…。
共和国軍第9師団の敗北は、ついこの間まで順風満帆だった自分の人生が、
一瞬にして暗転した瞬間だった。今まで後悔などしたこのなかったサラだったが、
初めての挫折を味わっていた。

いったい、自分はここまで何をしに来たのか…。
トランを守れなかった。そして、多くの共和国軍や傭兵の命も。
最善の策を理解していながら、それを発揮できなかった。
それは、何もしなかったのと同じ事ではないのか…。

参謀本部では、今頃トランの陥落に落胆しているであろう。
自分の事を、役立たずだと罵る人間もいるに違いない。
あんな士官学校を卒業したての、若い小娘に何ができるのかと。
私は、参謀本部の期待に応えることは出来なかった…。
自分の力など、この程度なのか…。
自分など、存在価値の無い人間なのではないか…。

「おら、こっちに来いよ。たっぷりと可愛がってやるからよっ!」

帝国軍兵士のごわついた手が、サラの腕を掴んで隣の部屋へ連れて行こうとする。
しかし、サラは動こうとしなかった。
サラは床の一点を見つめ、何かつぶやいている。

つい先日までは、共和国軍の作戦参謀として責任ある立場にいたはずの自分。
常に冷静な分析と判断で、上官に対して重要な補佐役を務めていたはずの自分。
そして、それらの事に少なからず自信と誇りを感じていた自分。
そんな自信に溢れていた自分が、今や裸に剥かれて、男達の慰み物として扱われようとしている。
自分の意思とは無関係に、見知らぬ男達に身体を提供するのだ。
性欲の吐け口としておもちゃにされ、犯されるのだ。
それ以外に、一切価値が無いかのように。
私は、ここで敵兵士に陵辱されるために、今までがんばってきたの…。
存在価値の無くなった私に出来ることは、もうこれだけなの…。
それが、私に与えられた結論なのか…。
惨めすぎる…。それでは、あまりにも惨め過ぎる…。

そこまで考えた時、サラの身体に異変が起こった。
身体がぶるぶると震え出し、背中の方から、ゾクゾクとした肌の上を何かが
這うような感覚を感じた。そして、なぜか身体の奥の方から熱いものが
湧き出るような感覚がする。顔も上気し、半分開いた口の中が乾いた。

「おいっ!諦めてさっさとこっちに来いっ!!」

帝国軍兵士の大きな声と共に左腕を強く引かれて、サラは我に返った。
男が自分の身体を引きずるようにして、隣の部屋へ連れていこうとしている。
そして、大きく開かれた扉の向こうには、大きなベッドが据え付けられていた。
ここで自分は今から犯されるのだ…。

サラは引きずられた左腕を強く引っ張られると、そのまま大きなベッドの上に
身体を投げ出された。

「きゃあっ!」

サラはベッドの上に乱暴に放り投げられ、真新しいシーツの上に顔が押し付けられた。
そして、両手を付いて起き上がろうと両手に力を入れた瞬間、
男達の太い腕によって簡単に仰向けにされ、あっという間に両手両足を押さえつけられた。
1人が頭の上で両手を押さえつけ、あとの2人が足を開かせた状態で足首を押さえている。
そして、最後の1人がその大きく開かれた股の間からサラの身体に手を伸ばす。
サラは渾身の力を込めて抵抗しようとするが、男達3人に抑え込まれては、どうしようもない。

「おい、早く入れろよっ!後がつかえてんだからよっ!」

「まあ、そんなに慌てるなよ」

どうやら1番目の権利を得ているらしい男の手が、サラの薄い毛に覆われた秘所に手を伸ばす。

「いくらなんでも少しは濡らしておかないとな。ねーちゃんも痛いだけじゃ………んっ?
なんだ、もうぐっしょりだぜこの女っ!」

透明な液で濡れた指を目の前に突き出されて、サラには弁解の余地は無かった。
自分でも、何故こんな悲惨な状況で身体が火照るのか、理解できない。
だが、その恥ずかしい感じを味わえば味わうほど、身体の奥からゾクゾクとした
快感が這い出てくるようだった。

「はは、何だっ!好き者かよ!なら早くぶち込んでやれっ!お待ちかねだぞっ!!」

最初の男はサラの透明な液で濡れた入り口に肥大した亀頭を這わせると、サラの顔を
観察しながら、ゆっくりと挿入を開始した。

「ああっ!そんなっ!嘘っ!やめてっ!いやっ!いやああっーー!」

頭を左右に振り、必死に抵抗するサラであったが、もう後戻りは効かなかった。
今まで男を受け入れたことの無い場所に、ずぶずぶと太い肉棒が進入してゆく。
その瞬間、3人の男達の抑えるサラの両手両足に力が入り、ぶるぶると細かく震えた。
経験の無いサラには、まるで熱い鉄の棒がねじ込まれたような感覚に襲われた。

「あっ!ああっ!!いっやああああっーーーー!!」

肉棒が奥に進入するに連れて発せられる声も大きくなり、しなやかな身体が仰け反る。
若くて優秀な美人士官が、ただの性欲処理の玩具に堕とされた瞬間であった。
まだ発展途上の若い肉壁を掻き分けて、その肥大した先端が一番奥まで到達すると、
男は更にもう一押しして亀頭を最深部にまで押し込み、初物の挿入感を味わった。

共和国軍第9師団は既に壊滅し、敗残者であるサラを助けに来る者など1人もいない。
さらに、ここは城壁と雪に守られた陸の孤島である。
弱体化した共和国軍の援軍は、当分の間望めそうもなかった。
それらの要素は全て、今後のサラの悲惨な運命を意味していた。
[ 2011/12/14 20:54 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。