FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第7話

<拷問 第7話>

シュバルツの質問を聞いた瞬間、今まで口を半開きににしてだらしなく涎を垂らしていた口元が、
きゅっと結ばれた。シュバルツの質問に対して、僅かばかりの抵抗を見せるチェーン。
しかし、その間もあそこからはとろとろと愛液が滴り落ちている。
抵抗は、単なるポーズに過ぎなかった。そのうち、我慢できなくなるだろう。

しかし、シュバルツにも時間が無かった。朝までには、情報を聞き出す必要があるのだ。
先ほどから調書を書いている武官が、いらいらしながら自分を見ている。
どうやら第9師団のリンチ大将直属の部下らしいが、急かされるのは気分が悪かった。
自分も共和国軍から大尉の位を与えられているが、所詮は雇われの身である。
そろそろ、情報を聞き出しておいた方が良いだろう。
シュバルツは最後の仕上げに取り掛かった。

「さすがに、言いにくいらしいな。
だが、こちらもそろそろ時間が無くなって来た。
お前にここでがんばってもらうわけにはいかないんだよ。
言いにくいなら、言いやすいようにしてやろう。」

そう言うと、シュバルツは小さなビンを取り出した。
その見覚えのあるビンを見て、チェーンの顔色が変わる。
ビンには、よく見ると修道女の絵が描かれていた。
修道女が胸に十字架を当てて跪き、神に祈りを捧げている絵である。
強力な媚薬を入れる容器にしては、不釣合いな絵であった。
しかし、その絵の貼ってある裏側には、それと異なる絵が描かれていた。
表の絵と同じ修道女が肌をあらわにし、大きく股を開いて身悶えている絵である。
そして、股間に伸びた修道女の手には、十字架が握られていた。
もちろん、十字架の一部は修道女のあそこに突き立てられている。
身悶える修道女の上には、「Falling Down」(堕落)と書かれていた。

「神に仕える修道女さえ堕とす媚薬、"Falling Down"・・・。」

シュバルツはその絵を見ながらつぶやいた。
現代では決戦兵器として重宝されているオークから、こんなものが出来るとは・・・。
その成分は謎とされているが、オークの精液を原料としているのは間違い無い。
それを何十倍にも濃縮し、媚薬の成分のみを抽出したものがこれである。
そして媚薬の効果以上に、被虐願望を高める効果があるのが、この媚薬の特徴である。
数ある媚薬の中でも、精神的に被虐願望を高めるものはこれ以外に聞いた事が無い。
正に、シュバルツのように尋問を生業とする者にとって、これほど便利なものは無かった。
精神的な被虐を求めて、尋問される者は悲しみの涙を流しながら、自白するのである。

「そ、それは・・・」

チェーンはさっきまで快感に溺れていた顔から一転して動揺の表情に変わった。
あの媚薬を、この状態で使われたら・・・。
もう、自分が自分で無くなってしまう・・・。
さっきのこの男の質問はもちろん、さらに重要な情報まで漏らしてしまうのは
避けられないだろう。しかし、既にオークの媚薬に犯されているチェーンには、
もう一つの感情があった。もし、自分が軍の情報を全部漏らしてしまったとしたら・・・。
帝国軍人としての誇りも全て失い、生き延びたとしても逆に帝国軍によって処罰の
対象となるだろう。栄光の帝国軍人から、惨めな罪人に堕とされるのだ。
自分の尊敬するレミー様にも捨てられ、牢獄に入れられる哀れな自分・・・。
そこまで想像して、チェーンの胸の奥からゾクゾクと黒いマゾの快感が
這い上がり、緊張した筋肉と汗ばんだ皮膚を震わせた。

まさか、2度使うことになるとはな・・・。
シュバルツはその小さなビンのコルクを取ると、スポイトで慎重に吸い出した。
そして白濁してどろどろになっている割れ目にスポイトの先を当てると、
膣の中にゆっくりと挿入し、子宮口目掛けてその透明な液体を注入した。

「あ、ああ・・・、ああああああああっっーー!!」

強力な媚薬を2度も使われたチェーンは、石でできた壁を震わせる程の叫び声を上げた。
体全体ががくがくと痙攣し、目はうつろで口からは大量の涎を垂らしている。
両手両足を力任せに動かし、体の自由を奪うロープからミシミシと音がする。
充血して膨らんだ割れ目からは、愛液がぷつぷつと音を立てているかのように勢いよく
溢れ出ている。

「だっ・・・だめっ・・・!も、もう、ああああっっっ!!!」

チェーンは背中を大きく反らせると、
太ももを震わせ腰を前後に振りながら失禁してしまった。
チェーンの割れ目から出た小水が、虹のようなアーチを描きながら床を叩く。
床には水溜りができ、そこに放出される小水の破廉恥な音が部屋中に響いた。

「はははっ!大尉、こいつとうとう漏らしましたよっ!
帝国軍人のくせに、小便もらしやがった!」

敵兵士が見ている前で、大股開きで放尿まで見られて、
チェーンの被虐感はさらに高まった。
恥ずかしさと惨めさで紅潮した顔は、目からの大粒の涙と鼻水でぐちゃぐちゃに
汚れている。だが、もはや哀れなチェーンには選択の余地は残されていなかった。
チェーンはシュバルツと視線を合わせると、目で必死に懇願した。
もう一度、あの質問をして欲しいと・・・。

「なんだ、言わせて欲しいのか?
だが、それを言ったらお前はおしまいだぞ。
誇りある帝国軍人から、惨めな罪人として扱われる。
それでもいいなら、お前の尊敬する、直属の参謀の名前を言うんだ。」

シュバルツは、わざとチェーンの被虐心を高めるような言い方をした。
尋問を職業とする者として、この辺りはプロの仕事だった。
チェーンは目をぎゅっと瞑ると、大声で敗北宣言をした。

「レ、レミー様ですっ!帝国軍第3軍の作戦参謀、レミー様ですぅっ!!」

チェーンの返答を聞いて、シュバルツは急に真剣な顔になった。
調書を書いている武官と再び目が合うと、お互いに頷きあった。
共和国軍を悩ます女作戦参謀、レミー・フォン・ミュッケンベルガー・・・。
あの女の直属の部下であるとするなら、その情報はかなり有益とみられる。
しかも媚薬の効果で嘘を言える状況では無いことから、その信憑性は高い。
シュバルツは一気に畳み掛けた。

「じゃあ、これが最後の質問だ。
帝国軍第3軍は現在撤退中だが、それは戦術的な一時的撤退なのか、
それとも帝都までの完全撤退なのか、どちらだ?」

「あ・・・あう・・・う・・・。」

「これに答えられたら、お前をこの後、めちゃくちゃに犯してやろう。
性欲の吐け口として、お前の体は共和国軍の兵士達に使われるんだ。
想像してみろっ!お前は共和国の兵士達の、慰み物になるんだぞっ!」

「てっ!帝都までのっ・・・完全な撤退ですっ!お願いっ!犯してっ!早くぅっ!!」

その瞬間、調書を書いていた武官が、椅子を蹴って立ち上がった。
そして勢い良く部屋の扉を開け放つと、司令部に向かって駆けて行った。
護衛のためにいた兵士達も部屋を出て行く。
部屋の中は、シュバルツとシュバルツの部下3名、そして哀れなチェーンだけになった。

「お願いっ!してっ!犯してっ!もう、どうなってもいいっ!
私の事、めちゃくちゃに犯してえぇっ!!」

「ふふ、いいだろう。お前の仕事は終わった。存分に褒美を味わえ。
おい、お前達、望みどおりにしてやれ!」

シュバルツの命令によって、部下がロープを解き始めた。
ロープを解かれても、もはや抵抗する気力はチェーンに残っていない。
だらしなく股を開いて、犯してもらうのを待つのみである。

「おっと、忘れる所だった。ただし、中には出すな。
あと、体にも傷は付けるなよ。それ以外は何をしてもいい。」

テーブルの上であお向けに寝かされると、チェーンは目の前に突き出されたペニスに
むしゃぶりついた。強く舌を絡ませ、必死になって喉の奥まで飲み込もうとする。
そこには、ついさっきまで帝国軍人の誇りを語っていたチェーンの姿は無かった。
そして足を大きく開くと、愛液が滴っている割れ目を自分の指で大きく開いて見せた。

「よーし、今お待ちかねの物をぶち込んでやるからなっ!」

男は固く勃起したそれをチェーンの割れ目に当てがうと、入り口で少し焦らして
楽しんだ後、体重を掛けて一気に奥まで挿入した。

ぐちゅうううぅぅぅっ・・・

「あっあああああっ!!いくっ!いくうぅっ!!」

今まで我慢を強いられていたチェーンは、入れられただけで絶頂に達した。
髪を振り乱し、体全体をビクビクと痙攣させると、背中を反らせながら絶叫した。
絶頂を迎えている最中も、男のペニスは容赦なくチェーンの体内をかき回す。
割れ目とペニスが結合している部分から、ぐちゅぐちゅという卑猥な音がする。

「ああっ!すごいっ!私、犯されてるっ!共和国の兵士に、犯されてるっ!!
もっと、もっとしてっ!もっと私をめちゃくちゃにしてぇっ!!」

「あああっ!いくっ!またいくっ!!犯されていっちゃううっーーー!!」

自ら激しく腰を振りながら絶頂を迎えるチェーンの声が、地下室に響く。
シュバルツは、それを満足そうに眺めていた。

”レミーとの約束は果たした・・・。”

後は、共和国軍がこの情報をいかに扱うかだ。
今の所、流れは帝国軍に傾いているが・・・。
このまま共和国軍が守り切れば、トランは安泰だ。
共和国軍の大尉として、しばらくトランで過ごすのもいいだろう。
仮にトランが帝国軍の手に落ちても、レミーとの密約で自分達の安全は保障されている。
どっちに転んでも、自分達は安全だ。
そう考えると、急に気持ちが緩んできた。

「さて、両軍の決着がつくまで、俺も楽しませてもらうとするか・・・。」

シュバルツはズボンを下ろすと、さっきからカチカチに堅くなっているペニスを取り出した。
チェーンの涙で濡れた目が、その太くて大きなペニスに釘付けになる。
だらしなく半開きになった口からは、さっき出されたばかりの精液が涎のように垂れていた。

「ほら、これが欲しいんだろう?だったら、お願いしてみろよ。」

「お、お願いします・・・そ、それで私を、めちゃくちゃに犯してくださいっ・・・。」

シュバルツは大きく膨張した亀頭をチェーンの割れ目に押し付けると、
勢いよく奥までぶち込んだ。

「ああっ!!うあああああああぁっっーーーーーー!!!」

チェーンはその瞬間、唇を震わせ歓喜の声で絶叫した。
そして歓喜の絶叫の中、シュバルツは激しくピストンを開始した。
[ 2011/12/14 20:52 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。