FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第3話

<拷問 第3話>

トランでの作戦会議は、白熱していた。
発せられる大声は会議室の扉を震わせ、部屋の外まで声が漏れてくる。

「帝国軍の補給線は延びきり、今や限界を超えている!
今こそ、トランを出て敵に一矢報いるべきだ!」

共和国軍第9師団を率いるリンチ大将は最後にそう言うと、会議に参加している指揮官の顔を順に見回した。
リンチ大将は攻勢に定評のある軍人である。今まで帝国軍に対して防戦を強いられ、トランまで後退を
余儀なくされており、相当ストレスが溜まっているようだった。
リンチ大将以外の指揮官達もそれに関しては同じように感じており、何とか1戦して勝利を得えれないものかと
考えていた。

しかも、彼ら軍人を悩ませるのは帝国軍だけではない。もう一つ頭を悩ませるのが、実は共和国議会の存在である。
1度も勝利を得られないまま帝国軍が整然と撤退したとあっては、議会から承認を得て戦争継続を推し進める
国防委員会の面目は丸つぶれである。もし、それにより国防委員会が総辞職にでもなれば、次には和睦を望む
委員会が議会によって作られるのは必至となる。そうなれば、軍に対する予算と権限の縮小は免れない。

国内に政治的な難題を抱え、さらにリンチ大将の発言もあり、会議は徐々に1戦する方向に傾きつつあった。
確かに帝国軍の補給路は寸断されつつあり、士気も低くなっているはずである。それにこちらの兵力は約5000。
敵の兵力はオークの部隊が存在するとはいえ、約3000。数の上でははるかに勝っている。勝機はあった。
指揮官達の意思が一つの方向に収束しようとしていたその時、会議室全体に冷水を浴びせ掛けるような、
冷徹な声が発せられた。

「私は、そうは思いません。」

その声は、リンチ大将の熱を帯びだ声と反対に、透き通った氷のような鋭さを帯びていた。
皆が、驚いて一斉に声の主に視線を向ける。
その先には、作戦参謀として派遣されている、まだ21歳の若い女性参謀のサラが冷静な顔で座っていた。
自分より30歳以上も年上であり、遥かに階級も上のリンチ大将に反対意見を述べている割には、
その透き通るような白い顔に何の感情も感じれない。
それどころか、その薄い唇から理路整然と反対意見が発せられた。

「敵の補給が尽きつつある今、何も無理にトランを出て戦う必要はありません。
このまま敵の補給路をゲリラ戦で妨害すれば、敵は補給が尽きて撤退します。
我々は大きな損害を出すこともなく、敵を撃退することが可能なのです。
それに来週には雪になり、我々は益々有利になります。
よって、このままトランに立てこもるのが最善の策だと思われます。」

リンチ大将は、先日派遣されたという作戦参謀について思い出した。
陸軍士官学校を首席で卒業という非常に優秀な人物が派遣されたと聞いていたが、
実際に会ってみるとまだ若い娘ではないか。
そして、正面から正論をぶつけられ一瞬ひるんだかに見えたリンチ大将であったが、直ぐに反撃に出た。

「君が、新たに派遣されてきたという作戦参謀か。
確かに、君の意見は戦術的に見て妥当だ。私が士官学校の教官であるなら、君に及第点を与えるだろう。
しかし、これが実戦となると純粋に軍事的な要素以外の、様々な要素が入り込む。
実戦は、机上演習のようにはいかんのだよ。」

リンチ将軍の言う、軍事的な要素以外の・・・というのが、議会のことであることは、サラにも理解出来ていた。
しかし、軍人は、被害を最小限に抑える事を第一に考えるべきであり、戦後の予算や権益のことは、
この際無視するべきだ。仮に軍が縮小されて軍を去らなければならない人間が出たとしても、大勢の
死者を出すよりはマシではないのか。サラの中でリンチ大将に対する反感は次第に高まりつつあった。

「今、我々第9師団に求められているものは、帝国軍と1戦して1勝することだ!
よって、既に出撃する事は決まっている。あとは、そのタイミングだけだ。
敵の補給が尽き、撤退を開始しようとするその時こそ、攻勢のチャンスだ!」

一瞬、わっという歓声とともに、会議室を拍手が埋めた。
指揮官達は立ち上がり、リンチ大将の発言に賛同の意を唱えると同時に大きな拍手で応えた。
サラは一人椅子に座り、顔を下に向け、薄く小さな唇をかむ。

とその時。

会議室の扉が勢いよく開かれると、帝国軍の密偵を捕らえたとの報がもたらされた。
ここで捕らえた密偵より帝国軍撤退の時期を知ることができれば、共和国軍は一気に有利になる。
もはや、作戦会議の結論は見えたようである。
後になって考えると、この瞬間が共和国第9師団の運命を決定した瞬間であった。

帝国軍の捕獲された密偵に対する取り調べは、すぐに行われた。

「お嬢さん、とりあえず君の名前から教えてもらおうかな。
早く全部しゃべってくれれば、直ぐに服を着せてあげられるんだが。」

取調べを任されたシュバルツは、まだ幼さの残る顔を見つめながら優しく問い掛けた。
しかし、全く反応は無い。女は、シュバルツの顔さえ見ようとはしなかった。
既に全裸にされ、武器などを隠し持っていないことは確認されている。
女は両手を後ろ手に縛られた状態で、椅子に座らされていた。

「しっかし、こんなかわいい娘が偵察とはね・・・。」

取調を任されたシュバルツは、まだ幼い顔をまじまじと見つめた。
ショートカットの髪は黒く艶やかで、触ればしっとりとしているであろう。
また、その柔らかそうな白い頬や黒目が大きな瞳は、少女の面影をのこしつつ、
体に目を向けると胸のふくらみは男を欲情させるのに十分だった。
シュバルツは、「かわいい」というよりも、むしろ「おいしそう」という表現が
合っているかもしれないと思った。何か、甘いケーキでも連想するような、そんな体つきだった。

「まあ、言いたくない気持ちも解るが、俺も仕事でやってるんでね・・・。
いずれは話してもらわなきゃいけなくなるんだ。
今のうちに全部話した方が、楽できるぜ。どうせ、全部話すことになるんだからな。」

あいかわらず、反応は無い。
このまま、のろのろと無駄な時間を過ごすわけにもいかないシュバルツは、カードを切った。

「若いのに、大したもんだな。
さすがは帝国軍の情報戦を専門に扱う特殊部隊の隊員だ、
かわいいチェーン・・・。」

一瞬にして、女の顔に動揺が走った。なぜ・・・なぜこの男は私のことを知っている?
チェーンはシュバルツの顔を思わず見つめた。
シュバルツはチェーンの反応に満足そうな笑みを浮かべると、チェーンには信じられないことを
語り始めた。

「娼婦として潜り込もうとしたようだが、つい先日、密告があった。
それも、歳や容姿まで詳細にな。21歳になったばかりだって?
まあ、どこの軍でもやばくなってくればこういう事は結構あるんだよ。
残念だったな・・・。」

シュバルツの話を聞き終わると、チェーンの体の奥底から怒りが湧き上がってきた。
誇りある帝国軍の人間でありながら、味方を敵に売るなんて・・・!

「まあ、そんなわけだから、君も早めに喋っちゃいな。でないと・・・。」

チェーンは歯を食いしばると、シュバルツの目に激しい怒りの視線を浴びせ、初めて声を発した。

「私も帝国軍人だっ! ひと思いに殺せっ!」

シュバルツは全く動じない。捕まった兵が、よく言うセリフだった。
最初は皆、軍の誇りだの何なのと威勢が良いが、最後は自分の言いなりになるのだ。
特に、女はそうだった。

「まあ、威勢がいいのは結構だが、後で恥を晒すことになるぜ・・・。
どうせ、一晩も持たないんだからよ。
帝国軍の動向に関してはもちろん吐いてもらうが、それだけじゃない。
週のオナニーの回数、好きな体位、好きな性癖・・・全部吐いてもらう。
おっと、性癖に関しては既に情報を入手していたんだった。
チェーン、君は虐められると興奮するかなりのマゾらしいな・・・。」

チェーンの顔が、一瞬で赤くなった。
赤くなった顔を見られないように、シュバルツと反対の方に顔を向ける。
なぜ?こんなことまで知られているなんて・・・。私とレミー様の事を知っている人間がいる!?
チェーンは動揺を隠せなかった。そして、それは体の反応としても現れた。

「どうだ?全裸で後ろ手に縛られて・・・もうあそこ濡らしてるんだろう?
これから、もっと恥ずかしい格好させてやるからな。
帝国軍人だか何だか知らないが、生き恥、晒させてやるよ・・・。」

シュバルツの手が、チェーンのやわらかで白い肌に伸びる・・・。
[ 2011/12/14 20:49 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。