FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

飼育-第12話

<飼育 第12話>

エリスが飼われている納屋では、不思議な事が起こり始めていた。
オークにとってメスはただ性欲を吐き出すだけの性欲処理の道具に過ぎなかったはずが、
徐々に変化が訪れようとしていたのである。
オーク達は、一突きするたびに発せられるエリスの甘い声と快感に震える表情に、興味を示し始めたのだ。
快感に震えるエリスの美しい顔を、マジマジと見つめたりもした。

特に、エリスが絶頂を極める時の表情と声は、オークにとっても興奮を与えるようである。
美しいエリスが背中を弓なりにして体を細かく痙攣させ、見境なく大声で絶頂を迎えるのを見ると、
オークにとっても深い満足感が得られた。
それは愛には程遠いものであったが、愛着とは呼べるものなのかも知れない。
子供がお気に入りのおもちゃを与えられたような…。

オークはエリスの両足をM字型に大きく広げると、前のオークの吐き出した欲望があふれ出ている
割れ目に肉棒を突き立て、腰をゆっくりと円を描くように動かした。

「は、はあああああぁっ…」

エリスは子宮口の回りを肉棒の先端でゆっくりと撫でられると、たまらず声を上げた。
肉棒が子宮口の周りをなぞるスピードに合わせて、自然と声が発せられる。

「はああああぁっ…はあああああぁぁん…」

な、中が…かき混ぜられてる…
抵抗できない、無防備な体の中が…いいようにかき混ぜられてる…
それも、こんなにゆっくり…子宮口をこねくり回すペニスの形が、はっきりとわかる…
堅くて…大きい…。そして、き、気持ちいい…
まるで、体だけじゃなくて、頭の中までかき回されてるみたい…

「はっはああああぁっ…あああああぁぁん…はっはああああああんんっ…」

オークの膨張してパンパンに膨れた亀頭が、エリスの膣内をゆっくりと舐めまわす。
エリスは堅い肉棒によって軟らかな肉壁を犯され、快感の声を発せずにはいられなかった。
その反応に満足すると、オークはエリスの子宮口の回りを犯していた肉棒を、手前まで引き抜いた。
そして、割れ目から少し入った所で、ピストンを開始した。

「あんっ!あんっ!ああっ!ああっ!あああっ!」

今度は、エリスは短くリズムに乗って声を上げ始めた。
これも、もちろんオークの腰の動きに合わせてである。

うう…悔しい…。
私の反応を見て、オークは楽しんでるんだ…
声を上げたくない…だけど、声を出さずにはいられない…

オークの媚薬の虜になりつつあるエリスにも、たまに正気に戻る時もあった。
その時は、逆に屈辱感と被虐心が大いにかき立てられた。
エリスは何とか声を出すまいとするが、それは無駄な抵抗である。
オークの腰の動きがさらに速くなる。

ぐちゅっぐちゅっぐちゅっぐちゅっぐちゅっ

「あっ!あっ!あっ!あっ!あっ!ああっ!」

潤った割れ目の入り口付近を素早くピストンされ、エリスの声だけでなく、
ぐちゅぐちゅという卑猥な音も同時に発せられた。

気持ちいい…も、もうだめ…いく…またいっちゃう…
また、また恥ずかしいところをオークに観察される…
でも、もう…我慢…できないっ…
エリスは目をぎゅっとつむると、体を細かく痙攣させながら絶頂を迎えた。

「ああっ!いくっ!いくううううぅっ!!」

エリスは、胸を突き出し、大声を出しながらオークの前で惨めな絶頂を迎えた。
エリスは体の痙攣が治まると、恐る恐る目を開いた。
するとそこには、エリスの顔をじっと見つめるオークの顔があった。
うう…やっぱり、私がいく時の顔をじっくり見てたんだ…。
その時、オークの口元に一瞬笑みのようなものが浮かんだ。

もしかして、私を軽蔑してるの…。
敵に捕まって、犯されてるのによがって気をやる私を…。
自分はオークにさえ軽蔑されるような存在になってしまったのか…。
そんなエリスの気持ちなど当然無視して、オークは再び責めはじめた。

ぐちゅうううぅぅぅ…ぐちゅるうううううぅぅ…

今度は、ゆっくりとエリスの肉壷の中ほどまでゆっくりと挿入するのを数回繰り返す。
中に大量に排出された精液と、エリスの愛液が肉棒の動きに合わせて音を立てる。
そして、割れ目の入り口まで肉棒を引き抜くと次の瞬間、体重をかけて勢いよく
奥まで突っこんだ。

ズンッ!

「あっっ!!ああああああっっ!!」

オークの膨張した凶暴な先端が、濡れそぼった割れ目を左右に押し広げ、そのまま一気に
無防備な子宮口を捕らえた。そして、子宮口を押し上げ、そのまま内蔵までも押し上げようとする。
そして、それまでエリスの膣内を満たしていた精液が、割れ目と肉棒の隙間を通り抜けて
勢いよく排出された。

太い杭に体を貫かれたかのような、強烈な感覚に大声を発するエリス。
それは、まるで内臓を通り抜け、直接脳までオークのものに犯されているかのように感じられた。
こ、こんな…こんなことって…すごい…
こんなの繰り返されたら、おかしくなる…

オークは、数回浅く突き、最後に奥まで強く突くのを繰り返した。
エリスは浅く突かれた時は短く声を上げ、奥まで深く突かれた時は悲鳴のような大声を上げた。
その反応を、オークはニヤついた表情を浮かべながら観察している。

「あんっ!あんっ!はあああああっっ!!あんっ!あんっ!あっあああああああっっ!!」

いやっ…見ないでっ…私が、感じてる情けない顔を…見ないでぇっ…
亜人種であるオークにいいようにおもちゃにされ、その反応を観察されている自分に、
エリスは酷い惨めさを感じていた。
しかし、その惨めさという感情さえも、媚薬の効果により快感へと導かれてゆく…。
腰のあたりから胸にかけて、ゾクゾクとマゾの快感がせりあがってくる。
その黒い快感には、逆らえるはずもない。
もう今日で何度目になるかも分からない、惨めな瞬間が再び訪れようとしていた。

「ああんっ!はっはああんっ!」

だめっ!もう、もう次に強くされたら…。

そのとき、再び肉棒の先端が肉壷の奥に、勢いよくぶちこまれた。
ああっ…だめ、く、くるうっ!また、またいかされるっ…

「あっ!ああっ!!いくっ!いっくうぅっーーーーー!!」

大きく開脚された太ももをがくがくと痙攣させながら、絶頂を迎えさせられるエリス。
すごいっ…だめ…とても抵抗できない…こんなに気持ちいいなんて…

「はっ…はあ…はあ…はあああぁぁぁ…」

絶頂を極めた後は、口をぱくぱくと動かし、声にならない…
頭の中にうっすらと霧がかかったような感覚に襲われる…
そして、気をやる時のエリスの表情をじっと観察していたオークと目が合った。
今度は、明らかにオークの表情に嘲笑が見て取れた。
悔しい…憎いオークに、こんな風に…

最初は射精されることによって絶頂を迎えさせられていたエリスも、最近は射精無しでも
簡単に気をやるようになってきていた。オークの精液に含まれる媚薬の効果で、
どんどんいきやすい体に体質が変えられているのだ。
エリスが気をやったのを確認すると、オークは満足そうな顔をして再び腰を動かし始めた。
そして口元に肉棒を突き出されると、エリスは自然と口を大きく開け、それを頬張った。
床に敷かれた藁を掴む手には、藁の代わりにオークの肉棒を掴まされた。
藁の上であお向けに寝かされたエリスは、合計4本の肉棒を相手にしなければならなかった。

エリスの頭の中には、現在の自分を表現するのに、一つの言葉が思い浮かんだ。
いつでも、誰でも性欲が湧いてきたら、その道具を使用して処理する…。
何かに似ていた…そう、公衆便所である。それに思いつくと、エリスはさらに被虐心で頭が
いっぱいになった。体の内側から、ゾクゾクと震えが来る。

ううぅ…公衆便所…私、もう公衆便所として生きていくしかないの…?
惨めすぎる…精液を排出されるだけの、公衆便所。
精液…公衆便所…"精液公衆便所"…。
うう…惨め…惨めすぎて、気が狂いそう…。

両方の口の粘膜を犯され、さらに両手で亀頭の先端を愛撫させられている。
このような犯され方をして、媚薬で被虐中毒に陥っているエリスに、
気を我慢することなどできるはずもない。

クリトリスの裏側を膨張した亀頭で強く擦られると、
エリスはあっけなく絶頂に達して、いつもの言葉を大声で発した。
[ 2011/12/10 12:30 ] 飼育 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。