FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

飼育-第11話

<飼育 第11話>

今日も朝から家畜として飼われているメス達に対して、陵辱の限りが尽くされていた。
あお向けになったエリスに覆い被さるオークは、大きく足を開かされたエリスの性器を、
その一突き一突きによって体全体が揺すられるほど、強く突いていた。
体重をかけて最後に一突きすると、太い腕で細いエリスの体をぎゅっと抱きしめ、
白い顔に頬ずりしながら射精を始めた。オークの体が、ビクっビクっと痙攣する。

オークの中には、エリスを愛らしく感じる者も現れてきたようで、ただ単純に精液を排出するだけではなく、
人間の男がSEXするかのごとく、エリスの体を抱きしめ、頬ずりすることもあった。
だが、エリスにはそんな事は関係なかった。ただ犯され、精液を胎内にぶちまけられる…。
そして、強制的に絶頂を迎えさせられた。そのたびに、エリスは大声で絶頂を知らせる声を上げることになる。

「いくっ!いっくうぅぅぅっっ!!」

オークの太い腕に押さえ込まれながらも体を弓状にそらせると、口を大きく開いて絶頂の声を上げる。
そして、その後は口をぱくぱくとさせながら、びくっびくっと体全体を細かく痙攣させた。
オークはエリスの気をやる声を聞くと、満足したようにまだ堅い肉棒を引き抜いた。

はあ、はあ、また、またいっちゃった…。
何度も連続で絶頂を迎えると、非常に体力を消耗する。
エリスは朝から既に30回以上も絶頂を迎えさせられ、そろそろ体力的に限界に達しようとしていた。

カラーン…カラーン…

とその時、乾いた鐘の音が納屋に響いた。
鐘の音が2つ鳴るのは、メス奴隷の餌の時間、そして同時に排泄の時間を示していた。

オークのストレス発散の道具として飼われているメスの健康管理は、かなりしっかりと行われている。
餌は6時、12時、20時の1日3度、時間を守って与えられており、夜には全身を綺麗に洗い清められた。
全ては、貴重なオークのためである。もし、不潔なメスのせいで伝染病でも発生したなら、大問題である。
餌の内容は、トウロモコシの粉に肉と野菜を細かく切ったものに水を混ぜて、練ったものだった。

一日中犯され続けている女達の体力は非常に消耗しており、まれに餌を食べる体力さえ残っていない者もいるが、
そういう場合は、餌にオークの精液を混ぜたものが与えられた。
既に媚薬を含んだ精液中毒に陥っているメスは、精液を混ぜた餌を貪るように食べた。
ちなみにこのメスの世話は、肉体労働のために捕虜として捕らえられた人間の男が行うことになっている。

鐘の音を聞くとオーク達はメスから離れ、メスは皆同じ方向を向いて四つんばいになり始めた。
大きく足を開きっぱなしであお向けになっていたエリスも、のろのろと起き上がった。
そして、皆と同じように四つんばいになると、餌が配られるのを待った。
エリスは、犯され続けて空腹で目が回りそうでだった。
女達の口と性器から、どろどろと精液が滴り落ち、藁を汚した。

餌は、常に四つんばいの格好で与えられ、手を使う事は許されない。
これは、自分達が既に人間ではなく、家畜であることを認識させるためである。
四つんばいになったメスの目の前に粗末な木の器が置かれると、桶に入った餌が端から順に与えられてゆく。
木の器に無造作に盛られた餌を、メス達は貪るように食べ始めた。

そして、食事と同時に排泄も順番に行われる。
端から順に桶を持った人間の男が、メスの股間の下に木の器を置き、そこに排泄された汚物を桶に入れてゆくのだ。
もちろん便意をもよおさない場合も考えられるが、オークが使用中にメスが興奮して排便すると不潔であるため、
餌の時間にきちんと排便させる必要があった。そこで、餌と同時に浣腸が行われる。
そして、排泄後は男によって肛門と性器を水で洗われ、乾いた布で綺麗に拭かれた。

四つんばいのエリスの前にも餌が盛り付けられると、エリスは大きく口を開けて餌を貪り始めた。
手を使う事は許されていないので、口の周りにはトウモロコシの粉がこびり付くが、そんな事は気にならない。
それよりも犯され続けた事による激しい空腹感に支配され、早く体内にこの食料を取り入れたいという動物的な
欲求によって突き動かされていた。周囲からも、餌を直接頬張るぐちゃぐちゃという音が聞こえた。

そして、餌を貪り食うメス達の尻に向けて、浣腸器が順に突き立てられてゆく。
1本で500ミリリットルの大きな浣腸器により、グリセリンを薄めた浣腸液が注入されるのである。
餌を口いっぱいに頬張っていたエリスの肛門にも、浣腸器が突き立てられた。
500ミリりットルの浣腸液が、肛門から一気に注入される。
全裸で四つんばいになり、食べ物が喉を通るのと同時に肛門から浣腸液を注入されている…。
普通なら、気が狂うほどの屈辱であるが、エリスが生きていくためには耐える以外に無かった。
エリスは浣腸液を注入されている間に食べている餌を吐き出しそうになったが、それでも何とか飲み込むことができた。

全裸で四つんばいになり、手を使わずに餌を食べ、同時に浣腸をされている…。
人間であったころには考えられないことだったが、家畜となった今はそれが当然のように感じられた。
エリスは、こうして徐々に人間としての尊厳を奪われていくことになった。

そのうち、エリスの右隣のメスが排泄を始めた。小便と大便を同時に排泄しているらしい音が、
ぐちゃぐちゃと餌をほお張る音に混じってエリスにも聞こえてきた。
餌を食べながら排泄が同時に行われるため、すぐに納屋の中はその排泄物の匂いでいっぱいになる。
さすがに、この大便の匂いの中で餌を食べる事だけは、エリスにも苦痛に感じられたため、
何とか早く食べてしまおうとするのだが、その間に大小便を排泄する音は嫌でも耳に入ってくる。
耳を塞ぎたくなるような下劣な音を聞きながら、手を使う事も許されずに餌を直接口で頬張る。
最初のうちは、その音と悪臭に、餌を吐きだしてしまうこともあったが、それを飼育係に
見つけられると、自分が吐き出した餌を食べるように強要された。まさに、地獄である。

そのうち卑猥な排泄の音が止むと、ちゃぷちゃぷと水で性器と肛門を洗われている音が聞こえてくる。
次は自分の番である。エリスは四つんばいのまま少し尻を上げると、足を肩幅に開いた。
そして肩幅に開かれた足の間に、コトンと木の器が置かれた。
エリスは一時餌を食べるのを止めると、排泄する木の器の位置を確認するために、
口の周りをだらしなくトウモロコシの粉で汚した顔を自分の足元に向けた。
とその時、信じられない声を聞いた。

「まさか…エ、エリスっ…っ!」

自分の名前を呼ばれ、エリスは体をビクっと震わせると、恐る恐る顔を上げた。
そこには、かつて自分が愛したディーンの顔があった。

そ、そんな…。
酷く疲れた顔をしているが、そこには確かに婚約までしたディーンがいた。
まさか、こんなところで…。
エリスは、オークの精液でどろどろに汚れた顔をディーンに見られると、すうっと涙が頬を伝った。
愛した人の前で、最も見られたくない所を見せなくてはいけない…。
しかし、決められた時間以外の排泄は禁止されており、実際エリスは尿意と便意を我慢している状態である。
もう、エリスには選択の余地はなかった。

「お願い、見ないで…」

小さな声でつぶやくと、勢いよく小便を器に排泄し始めた。
木の器を、エリスの小便が勢いよく叩く音が納屋に響く。
エリスの堅く閉じられた目からは止めどなく涙がこぼれ、頬を伝う。
そしてまだ小便が終わらないうちに、特大の浣腸をされた者が必ず迎える、哀れな瞬間を迎えようとしていた。
エリスの突き出された肛門から、最も見られたくない汚物が耳を塞ぎたくなるような下劣な音と共に、
勢いよくぶちまけられた。

「ああっ…いやあっ!」

肛門が開くと最初は大量の浣腸液が噴出し、その後に浣腸液で柔らかくなった軟便が排泄された。
美しいエリスのものとは思えない茶褐色の汚物が、聞くに堪えがたい音と共に、次々とひり出されてゆく。

「いや、いやあぁっ!見ないでえぇっーー!!」

愛する人の目の前で、四つんばいで肛門から大便を排泄する瞬間を見られている…。
エリスは、今まで忘れていた羞恥心が体中を駆け巡り、恥ずかしさで気が狂いそうになった。
なんだか、全てが夢の中で行われていて、それを上の方から自分が見つめているかのような感覚に襲われた。
そうでも思わないと、この現実に耐えられそうもない。
エリスにとって、永遠のように感じられた恥辱に満ち溢れた排泄の時間は、ようやく終わろうとしていた。
ディーンは、目を背けていてくれたであろうか…。
しかし、エリスが排泄したものを桶に移そうとすれば、ディーンはエリスの排泄した物を見ないわには
いかなかった。エリスは、自分の排泄した汚物がバシャっと桶に移される音を聞くと、顔を藁に埋めてしまった。

そして、その後は水で性器と肛門を掃除されなければならない。エリスは、早く時が過ぎてくれることを祈った。
ディーンの水に濡れた指が、肛門を撫でる。心なしか、指が僅かに震えているようである。
そして、何度も水の入った桶に手を入れ、肛門の皺の一本一本まで綺麗にしていく。
ああ、この瞬間、私のお尻の穴が、ディーンに見つめられている…。

そして、次はディーンの指がオークの精液で汚れた性器に伸びた。
こちらは、指を入れられて精液を掻きだす必要があった。ディーンの指がエリスの割れ目に入れられると、
ぐちゃあぁ…という卑猥な音と共にオークの精液が滴り落ちた。
ディーンは人差し指を根元まで入れると、指の先端を曲げて引き抜く事を繰り返した。
指を引き抜く度に、オークの精液が割れ目から滴り落ちる。

かつての婚約者を奪われた上に犯され、オークによって大量に排出された精液を、愛するエリスの性器から
自分の指でかき出さなければならないディーンも、涙を流しながらその作業を行った。
ディーンは白い白濁液でべとべとになった手を水の入った桶で洗うと、再びエリスの割れ目に
挿入するということを繰り返し、エリスの性器を洗い清めた。
水で綺麗に清められると、最後に乾いた布で性器と肛門を拭かれた。
エリスはその間、藁に顔を埋め、体を震わせながら泣いた。
あまりにも惨め過ぎる…。
これからも毎日3回、ディーンに排泄の世話をされるのかと思うと、涙が止まらなかった。

だが、そんなエリスの感情は全く無視するかのごとく、鐘の音がカラーンと響いた。
また、陵辱の時間が始まろうとしていた。しかし、エリスは早くオークに犯して欲しかった。
オークに犯され陵辱されている時のみ、何もかも忘れて、現実から逃避できるからである。

早く、早く私に気をやらせてっ!
そして今までの事を、全部忘れさせてっ!

エリスはそんな事を考えながら、柵を空けて入ってくるオークの目の前であお向けに寝転ぶと、
大きくM字に開いた両足の太ももを両手で強く抑えて、ディーンの手によって綺麗に洗い清められた
性器をオークの目の前に晒し、自分の指で性器を大きく左右に開いた。
水で洗われ、乾いた布で綺麗に拭き取られたはずのエリスの性器からは、既に粘り気のある熱い蜜が
滴り落ちようとしていた。そして、そこにオークの堅くて太いペニスが何の抵抗もなく進入してゆく。

「はあああぁっ!」

ペニスの先端が入れられただけで、エリスは甘い声を上げた。
ゆっくりと大きなペニスがエリスの体の中に消えてゆくと同時に、オークの体がエリスの細い体に覆い被さる。

「はあ、はあああぁぁぁんっ!」

エリスはペニスの挿入に合わせて声を上げると、両足を自然にオークの腰に絡め、
更にに両手をオークの背中に回して抱きしめた。
まるで、愛する恋人との情事のように。

そして口元に差し出されたペニスに、舌を伸ばしてむしゃぶりついた。
自ら頭を前後に揺すり、口の中では亀頭に舌を強く絡める。

そこには犯されることによってのみ現実から逃避できる、
哀れなメス奴隷がいるだけだった。
[ 2011/12/10 12:30 ] 飼育 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。