FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

飼育-第4話

<飼育 第4話>

その後も、オーク達による陵辱は続いた。
一匹が射精すると、次のオークが直ぐに入れ替わる。
まだ前のオークが吐き出した精液が滴り落ちてきている膣に、怒張したペニスが突き入れられる。
人間としての尊厳は完全に失われ、邪悪で下劣な亜人種であるオークに、いいように使われている。
女達は、完全に性欲処理のための道具と成り果てていた。
あまりにも惨めで、悲惨な状況だった。

しかし、その状況に反して女達は歓喜の声を上げている。
この惨めで屈辱的状況にも関わらず、それをはるかに上回る甘美な快感が、オークの精液によって
与えられていたのだ。その媚薬としての効果はそれ程長く続かないが、何度も連続で射精されることにより、
その快感は増幅されていた。

「も、もう…い、いくうぅぅぅーーー!!」
「あ、あああああぁぁっ、いくっ!、いくうぅっっ!!」
「ああ、いく!、いくぅ!!いっくぅぅぅーーーー!!!」

女達の気をやる声が、納屋に絶え間なく響く。
体を小刻みに震えさせながら海老ぞりになって、声と体で絶頂を知らせている。

強制的に絶頂を極めさせられ、悲しみに涙する者、
もはや完全にオークの虜となり喜びの涙を流す者、両者が存在した。
しかし、前者が後者にとって代わるのは、時間の問題であったが。

「いいか、気をやる時は、必ずああしてちゃんと言うんだぞ。
お前ら雌が、オークに絶頂を極めさせられている事を自身で実感するためにな。」

飼育係は、下品な笑みを浮かべながらエリスに言った。
エリスは屈辱と惨めさで、涙を流した。
自分も、あの女たちのように惨めに陵辱されながら、絶頂を知らせる言葉を口にするのだろうか…。
エリスにとって絶頂を口にするのは、非常に羞恥心を掻き立てられる行為だった。

今まで婚約者の男との間に何度も絶頂を感じたことはあったが、「いく」などという言葉を口にしたことはない。
むしろ、それを何とか悟られまいとするようにしていた。
オークに犯されるだけでも屈辱であるのに、さらに強制的に絶頂を極めさせられ、
それを大声でオークに知らせなければならないとは。あまりにも惨め過ぎる…。

絶え間なく吐き出されるオークの精液の臭いが、納屋に充満し始めた。
人間のそれよりも、酷く生臭い臭いがする。しかもその量が大量なため、その異臭は酷いものであった。
しかしその生臭い臭いさえも、繋がれた女達の興奮を高める要素となった。

飼育係は、エリスにこの納屋での規則をいくつか説明した。
重要なものは二つ。いずれも、鐘の音がサインになっていた。

1.鐘一つで尻を突き出し、犯してもらえる体制になること。
2.鐘二つで餌と排泄の時間。食事と排泄は同時に行われる。

餌は、1日に3回。深夜になって寝ている時以外はほとんど陵辱される時間だ。
食事は「餌」という言葉で表現された。もはや、自分は完全に家畜扱いなのだと思わされた。
悲惨なのは、食事と排泄が同時に行われることだ。
鐘の音と同時に、今まで我慢していた小便と大便を四つんばいのまま排泄し、同時に餌を食べなくてはいけない。
規則を破った場合、容赦なく鞭がふるわれた。
あとは、気をやる時は必ずそれを宣言することだった。それを「いく」とうい言葉で表現せねばならない。

そして、エリスには事態を悲しんでいる余裕はなかった。
本当の地獄が、近づいていたのだ。

「よし、お前はこっちだ。」

飼育係は、エリスの首輪に繋がれた鎖をぐいっと引っ張った。
もう、エリスに抵抗する気力など無い。そのまま引きずられるように連れて行かれる。
養豚場の豚のように区画分けされ、女達は皆同じ方向を向いて四つんばいになっている。
もちろん全裸で、今はオーク達に激しく全身を揺さぶられながら歓喜の声を上げていた。
そこに、一つの開いた区画があった。どうやら、ここが自分の場所らしい。
飼育係はエリスの着ている薄手の服に手をかけると、一気に破り捨てた。
「ひっ」エリスは小さく悲鳴をあげる。
飼育係はお構い無しにビリビリと容赦なく破り捨て、一瞬にして全裸にした。

「ふん、いい肢体してるじゃないか。」

飼育係は嫌らしい笑みを浮かべると、エリスの形の良い乳房に手を伸ばした。
下の方から、右の乳房をわしづかみにする。

「あうっ」

エリスは思わず声を漏らす。
今まで婚約者のディーンにしか触れられた事の無い肢体を、面識の無い男の手が這う。
酷い屈辱感が、エリスを襲った。
飼育係は、そんな事はお構いなしに乱暴に乳房を揉みしだく。
若く、張りがあって吸い付きそうな柔らかな肌を楽しんでいるようだ。

「ううぅ…」

恋人による愛撫とは全く異なる、ただ感触を味わうだけの、粗雑で乱暴な手の動き。
一度は生き残るために耐える事を決意したエリスだったが、実際に肢体を触られるとその決意も揺らぎ始めた。

その時、エリスの若く美しい裸を目にして、両隣に並んで順番を待っていたオーク達がエリスの区画に並び始めた。
どうやら、オークにもエリスの美しさが理解できるらしい。
しかし、その事はエリスにとっては不幸であった。

飼育係はエリスをその区画に放り込むと、四つんばいにさせて両手両足を鎖でつなぎ始めた。
もう、抵抗する気力は無い。ただ、恐怖で体を震わせながら涙することしかできなかった。
鎖に繋がれ、四つんばいになったエリスの白く形の良い尻を見て、オーク達がさらに集まってきた。

ああ、いや…!惨めすぎる…。
ディーン以外の、それも人間でないオークの慰み物にされるなんて…!

だが、エリスの思いは完全に無視された。
飼育係は、最後に首輪の鎖を床に繋いだ。

ガチンという金属同士が組み合わさる冷たい音が、無情に響く。

エリスがオークのための性欲処理の道具となる準備は、すべて整った。

[ 2011/12/10 12:24 ] 飼育 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。