FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-服従-第1話

<服従 第1話>

「くうううぅっ…あっ!ああっ!も、もう駄目えぇっ!」

里佳子はシーツをぎゅっと握り締めて背中を反らすと、甘えた声を出した。

だが、奴隷に勝手に絶頂を迎える権利など無かった。
主人の許可が下りて初めて、いくことが出来るのだ。
その事は、これまで電話調教を受けてきた里佳子には、身に染みて分かっていた。

「も、もう、我慢できませんっ!お願いですから、いかせてくださいっ!」

絶頂を迎える許可を、懇願する里佳子。
最初はこの程度の事さえ恥ずかしくて満足に言えなかった里佳子だったが、
電話調教を受けて2ヶ月程になる今では、自然と口にするようになっていた。
しかし、こんなお願いの仕方では許可が出ない事は分かっていた。
絶頂を迎える許可をもらうには、もっと卑猥な言葉を言わなくてはいけないのだ。

「いきたかったら、もっといやらしい言葉でお願いしなきゃな。
そんな言い方じゃ、いつまでたってもお預けだぞ。」

携帯電話とBlue toothで接続されたイヤホンから、低い声が聞こえた。
電話調教だけで、里佳子の隠れたマゾ性を開花させた主の声だった。

里佳子の仕える主の回答は、予想通りだった。
既に限界近くまで我慢させられている里佳子は、更に焦った。

「う、うう…でも、もう…。」

今夜は、もう20回以上も絶頂をおあずけされている…
もう、本当に我慢の限界…
あと、2、3回我慢するのが、やっとかもしれない…
どうしよう、我慢できない…このままでは…

里佳子は、割れ目の奥に挿入していた自らの指を、そっと抜こうとした。
だが、それをまるで見ていたかのように、男の責めが続く。

「ほら、里佳子の弱いところ、この一番奥だろう?
ここを強く突き上げられて、イキたいのか?」

里佳子は、慌てて挿入されている2本の指を奥まで挿入し直し、自分の欲しい所に
指を這わした。男の言うとおりだった。そう、今、自分の指が触っている所、
ここで絶頂を迎えさせて欲しかった。

ヌルヌルになった割れ目に2本の白い指が吸い込まれ、奥まで挿入されると
ぐちゅぐちゅと卑猥な音を立てた。

「あっ!ああああっーー!!駄目っ!いっちゃうっ!
そこ、いっちゃいますうぅっーー!!」

里佳子の頭の中では、男の太くて硬い肉棒に貫かれる、自分の姿があった。
自ら大股開きになり、膣の奥の、自分の欲しい所を思い切り突いてもらっていた。
実際には自分の指を入れているのだから、自分の欲しい所を逃すはずが無かった。
頭の中では、男の肉棒の先端が、里佳子の一番弱い部分を、正確無比に突き上げていく。
その度に、里佳子は悲鳴のような声を上げた。

「ほら、ここだろう!ここを突き上げる度に、お前のいやらしい汁が溢れてくるぞっ!」

「あんっ!あんっ!あっ!ああっ!!き、気持ちいいぃっーーー!!
お願いしますっ!いかせてっ!いかせてくださいっ!ああっ!ご主人様あぁっーー!!」

いやらしく体をよじらせながら、声を出さずにはいられなかった。
だが、もっといやらしい言葉を使ってお願いしないと、いかせてもらえない。
そして、何と言えばいいかは、里佳子にはこれまでの調教で分かっていた。

だが、それは電話による調教を受けて2ヶ月になる里佳子も、まだ簡単には言えなかった。

頭が真っ白になるまで我慢する事によって、初めて得られる快感…
体中がゾクゾクする快感に震えるまで興奮して…
もう、どうなってもいい…
ここで絶頂を迎えさせてもらえるなら、どんな恥ずかしい言葉でも言える…

そう思えるようになって、初めて口にする事が出来るのだ。
我慢の限界を超え、理性のストッパーが外れ、卑猥な言葉を大声で口にした瞬間、
最高の興奮を味わいながら絶頂を迎える事が出来ることを、体が知ってしまっていた。
一度その方法を知ってしまえば、もうそれに従うしかなかった。

これが、正に"調教"の成果だった。

声の主と知り合ったのは、インターネットの2ショットチャットだった。
"電話で言葉責めされてみたい女性、どうぞ。"の言葉に惹かれて入室したのが、
始まりである。それからは、2、3日に1回の割合で電話での調教が続いていた。
今日で、それもほぼ2ヶ月になろうとしていた。

最初に電話で声を聞いた瞬間から、里佳子は自分が好きな声だと思った。
低くて、落ち着いた声。声に剛性があるというか、ブレが無い感じだ。
話し方も紳士的で、いきなり乱暴な言葉を使う事も無かった。
だが、一度調教が始まると、その低い声から発せられる言葉によって、里佳子の心は
翻弄され、マゾの気質を一気に開花させられる事となった。

言葉で虐められる事が、こんなに気持ちいなんて…
自分が淫乱でマゾだと罵られ、奴隷だ、性欲処理の道具だ、おもちゃだと言い放たれる快感…
そして調教されるうちに、体だけでなく心まで服従してしまうことも、すごく気持ちいい…

そして実は里佳子を興奮させる、もうひとつの要因があった。
それは、声の主が歳下だということだった。
以前の電話で、里佳子の年齢は伝えてあった。
歳を言うのは躊躇したが、27歳という年齢を伝えても、相手は冷静だった。

「ふ~ん、俺より歳上なんだ。」

相手の反応はそっけないものだったが、その言葉に里佳子は興奮した。
里佳子は、歳下の男に少し乱暴にされるのを想像するのが好きだった。

歳の離れた男の子に、おもちゃにされてみたい。
性欲処理の道具として、ぞんざいに扱われたい。
ただひたすら、犯されるだけの、便利な道具にして欲しい。
命令であれば、何でも従う肉奴隷として…。

歳下の男の子の、便利な性欲処理奴隷になりたい。
心と体の全てを開放して、完全に支配され、服従したい。
長い間、そう思っていた。

そして姿は見えないものの、自分は今、実際に歳下の男の子の調教を受けている…。
そう思っただけで、里佳子は興奮してびしょびしょに濡らしてしまっていた。

「次は四つんばいになれよ。マゾの里佳子は、後ろから犯されるのが好きなんだろう?」

ああ…歳下の男の子に、名前を呼び捨てにされてる…
すっごく興奮する…

「は、はい、分かりました…。」

里佳子は、主の命令に素直に従った。
ベッドの上で四つんばいになると、頭を低くして、背中を反らして尻を突き出した。
まるで、本当にそこに相手の男がいるような気がした。そう思うだけで、ゾクゾクする。

歳下の男の子に、恥ずかしい姿を見て欲しい…
目の前で四つんばいになって、お尻を突き出した姿を…
背中を反らし、肛門と性器が丸見えになったお尻を見て欲しい…
突き出したお尻を鷲づかみにして広げて、恥ずかしい肛門と性器をじっくりと…
はしたなく濡れた性器を見て、嘲笑して欲しい…
自分の恥ずかしい所の全てを見て、支配して欲しい…

「ほら、もっと足を広げろよ!里佳子の恥ずかしい所を、全部見せろっ!」

「はい、すいません…。」

まるでそこで見ているかのような主の命令に、里佳子は素直に足を広げて見せた。
自分の恥ずかしい所が全部丸見えになっている…
そう思うだけで、露になった割れ目から、透明な液が溢れ出した。

「あ~あ、もう、お前の穴、どろどろになってるぞ…。
尻の穴まで丸見えだ…恥ずかしくないのか?」

「うう…すごく恥ずかしいです…。」

とその時、里佳子の琴線に触れる言葉が放たれた。

「そうだろう。恥ずかしいよな…歳下の男の前で、痴態を晒すのは…。」

それは、里佳子の快感神経が素手で鷲掴みにされたかのような感覚を覚えた。
ゾクゾクとした快感が、腹の奥の方から胸の方まで駆け上がってくる。

知られてる!
私が、歳下の男の子に興奮する事を、知られちゃってる…!

「ああっ!いや、そんなあぁっーー!」

里佳子はゾクゾクと高まる快感のあまり、一際高い声を出してしまった。
その事が、男にそこがツボであることを教える事になった。

「やっぱりな。名前呼び捨てにするといい反応するから、もしやと思えば…。
里佳子は、歳下の男に虐められるのが大好きな、淫乱マゾだったんだな。」

「ああ、違う!そんな、言わないでえぇっ!」

だが、男は容赦が無かった。
マゾの扱いに慣れているのだ。

「私は"歳下の男の子に虐められて興奮する、淫乱マゾです"って言ってみろ!」

里佳子は一瞬躊躇したものの、マゾのゾクゾクする快感が体中を駆け巡り始めていた。
こうなると、もう、どんな命令でも素直に従ってしまうしかなかった。
むしろ、命令され、それに従う事に興奮を、喜びを感じているのだ。

「わ、私は…、歳下の、お、男の子に虐められて興奮する、淫乱マゾです…!」

里佳子は、命令通りの言葉を口にした。

「うう…恥ずかしい…。」

実は、"歳下の男"ではなく、"歳下の男の子"と言わされた事にも、里佳子は興奮していた。
電話の主は、私の全てをお見通しなのだ…。
私が、何に興奮するのか、全部知っているのだ…。

「ほら、ご褒美だ!里佳子の大好きな、バックで止めを刺してやるからなっ!
どうだっ!後ろからバックで歳下に犯される気分は?」

突き出した尻を鷲掴みにされ、後ろから激しく突き上げられる。
里佳子は後ろに回した2本の指を激しく出し入れしながら、歳下の男の子に四つんばいで
犯される自分を想像していた。ぐちゅぐちゅと音を立てる割れ目から溢れた蜜が溢れ出し、
白いシーツを汚した。

「あっ!!ああっ!!いいっ!気持ちいぃっーー!!
ああっ!駄目っ!これ駄目ぇっ!いくっ!いっちゃいますうぅっーー!!
ご主人様あぁっーー!!」

「駄目だっ!奴隷の分際で、主人の許しも無しに勝手にいくんじゃないぞっ!!」

このままでは、ご主人様の命令に背いて、いってしまう…
そう考えると、里佳子は更に焦り始めた。
体の反応が、頭の混乱に、更に拍車をかける。

「お願いです、ご主人様っ!もう、里佳子は限界ですっ!
どうか、里佳子がはしたない姿を晒す許可をくださいっ!ご主人様ぁっ!」

年下の男の子の事をご主人様と呼び、四つんばいで犯される快感…。
興奮が高まり、胸の奥の方から湧き出る快感を必死に押さえ付けようとする里佳子。
既に、今夜の電話調教が始まってから1時間近くが経過しようとしていた。
だが、里佳子はまだ一度として絶頂を迎える許可を与えられていない。

「なんだ、やっぱりここがいいのか?
淫乱マゾの里佳子は、歳下の男の"もの"で、ここを突かれるのが気持ちいのかっ!」

里佳子はその声に反応し、割れ目の奥に挿入された2本の指に、力を込めた。
もちろん、その指先には里佳子の一番弱い部分が当たっている。
自分の指で自分が一番欲しい所を愛撫しながら、男の声によってまるで本当に
そこを突き上げられているかのような感覚を覚えた。

「ああっ!そこっ!そこがいいのっ!止めないでっ!そのままいかせてっ!!」

里佳子は2本の指先の腹で一番欲しい所、子宮口を撫でた。

「"いかせてください"だろう?まだまだ、調教が足りないようだな、里佳子は。」

「ご、ごめんなさい…。お願い、いかせてください!もう、限界です…!」

「しかたないな、どれだけ躾けてやっても、すぐにいきやがる…。
こらえ性の無い女だな、里佳子は…。」

「はい、すいません、里佳子は、淫らな女ですっ!」

「いいよ、いかせてやる。ただし、いつもの言うんだぞ?」

「は、はいっ!言いますっ!言いますから、いってもいいですかっ?」

「ああ、いいよ。里佳子の一番恥ずかしい姿、じっくり見てやるからな。」

ようやく恥を晒す許可が下りると、里佳子は躊躇うことなく喜びの声を出した。
既に里佳子の体は完全に性欲に支配され、恥を晒す覚悟は出来ていた。

「ああっ!うれしいっ!里佳子の恥ずかしい姿、いっぱい見てくださいっ!」

散々、我慢させられ、肉欲が最高に高まった状態での絶頂である。
これが、気持ちよくないわけが無い。

我慢すればする程、その後に味わう絶頂の快感は何倍にも増幅された。
里佳子は、その事をこの電話調教で嫌というほど体に教え込まれていた。
そして、回数を重ねる毎にそのやり方に体が慣らされていった。

つまり、調教されたのだ。

「ああっ!ご主人様ぁっ!里佳子の、一番恥ずかしい姿、ご覧になってくださいっ!!」

そう言うと、里佳子はぐっと背中を反らして2本の指を一番奥まで押し込んだ。
白い指が根元まで膣に隠れ、指に押し出された透明な液体が溢れた。

ぐちゅ、ぐちゃ、ぐちゅ、ぐちゃ、ぐちゅう…

女が性欲に溺れている時に出す、恥ずかしい音が部屋を満たす。
そして、ついに里佳子は完全に我慢の限界を超えた。

まるで崖から飛び降りた者が、その体の全てを重力に任せるかのように。
体に起きた不可逆性の変化に、ただ押し流されていく。

「あっ!ああっ!!いっ!いくっ!里佳子いきますっ!!」

里佳子には、絶頂を迎える時に必ず言わされている言葉があった。
最初のうちは躊躇していた里佳子だったが、最近では当然のように口にしていた。

興奮は最高潮に達し、体は細かく痙攣している。
これから卑猥な言葉を絶叫しながら、痴態を晒すのだ。

人前では、決して口に出来ない言葉…
頭の中で想像しただけで、恥ずかしくなる言葉…
そして、自分が仕える主人の前でだけ…電話でだけ言える言葉…

里佳子は目に涙を浮かべながら、息を大きく吸い込んだ。
もう、絶頂を止める障害は何一つ無かった。

そして…

「オ…、オマ…オマン…コォっ!」

「里佳子の、里佳子のオ…オマンコ!オマンコいくぅっーー!!」

里佳子は卑猥な言葉を絶叫しながら、何度も体を大きく波打たせた。

まるで今まで縮められたスプリングが伸びきり、収縮するかのように。
そして、それは一度きりで終わるものでは無かった。

「ああっ!いくぅっ!またいくっ!オマンコっ!オマンコォっ!!
オマンコいくっ!オマンコいくっ!、里佳子のオマンコいっくううぅっーー!!」

じゅぶっ、じゅっ、ぐちゅっ、じゅぶうぅっ…

里佳子、は太ももまで滴り落ちる汁で満たされた割れ目を、2本の指でかき回し続けた。
そして、お預けされていた"絶頂"という甘美な果実に、何度もむしゃぶりついた。

「だ、駄目えぇっ!と、止まらないっ!また、またいくっ!
オ、オマ、オマンっコオォっ!あっ!ああっ!あああああああっーーーー!!」

ああっ…!気持ちいいっ!なんて気持ちいの…!
歳下の男の子に完全に服従して、後ろから好きなように犯されてる…!
すっごく、すっごく気持ちいいっ!もう、頭がおかしくなりそう…。

だめ…堕ちる…私…このまま…堕ちる…!

ああ…駄目…!

里佳子はその夜、8回目の絶頂を迎えた後、気絶するように眠りについた。
[ 2013/08/24 11:38 ] 服従 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。