FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-監禁-第8話

<監禁 第8話>

「ふ~~!出たっ!出たあぁ…!
美咲の処女マンコに、この俺が中出し!最高の気分だよ、美咲…!
やっぱり、中学生の処女マンコに中出しするのは、最高だな!
美咲の中に出すの、最高に気持ちいいよーー!あ~気持ちよかったあぁ~~!」

大声で体内射精の快感を口にする堀井。
堀井という男は金儲けの才能はあったが、デリカシーというものが完全に欠如していた。
自分の思うことは、口に出して言わずにはいられないのだ。
堀井の言葉を聞いて、更に泣きじゃくる美咲。

出された…
中…、中にっ…!!
初めてだったのに…私の、私のバージン…!
初めてで、中に…中に出された…!

絶望で体の震えが止まらない美咲。
美咲の目からは、止め処なく涙がこぼれた。
全てが、この太った男に全てが奪われたのだ。
体だけでなく、精神と将来までもがめちゃめちゃにされた。

「ああ…あああああああああっーーーー!!
いや、いやああっ…!どいてっ!もうどいてよおぉっーー!!」

美咲は今まで、これほど大声で叫んだ事は無かった。
つらい、あまりにもつらい現実…。
美咲は、全身で泣いていた。

堀井は射精した精液が漏れ出るのを防ぐかのように、更にぐいぐいと先端を押し込んだ。
最後に泣きじゃくる美咲の顔をべろべろと舐めると、ようやく汗だくの体を離した。
まだ硬い肉棒をゆっくりと引き抜くと、吐き出された白い欲望が溢れ出た。
そこには、美咲が処女を奪われたと同時に中出しされた証が見て取れた。

「最高だ、最高に気持ちよかったよ、美咲のオマンコ!
ほら、こんなにいっぱい出したのに、まだこんなにビンビンに勃起してるよ!」

そう言うと、堀井は泣きじゃくる美咲の前に、射精を終えたばかりの肉棒を突き出した。

「見ろよ、美咲!見ろって!ほら、さっきまでお前の中に入ってたものだよ!
お前の処女マンコ、ぐっちゃぐちゃに犯してやった、チンポだぞ!
お前の処女マンコの中に、精液ぶちまけたチンポだぞ!よーく見ておけ!美咲。」

命じられるまま、思わずそこに視線を合わせてしまった美咲。
そこには、自分の処女を奪い、更におぞましい液体を流し込んだ物体があった。
あざ黒い太い肉棒の先端が、傘の形に膨らんでいる。この先端から、精液が出たのだろう。
そして赤黒いグロテスクな肉棒のところどころに血管が浮き出ており、その禍々しさから、
とても同じ人間の器官とは思えなかった。

しかも、目の前のおぞましい物体が自分の中に入り、犯したのだ。
美咲は、何もかもが信じられなかった。
だが、肉棒にこびり付いた血液らしい痕跡を見つけると、自分はこれによって処女を奪わ
れたのだと、認識せざるを得ないのだった。
自分は犯された…。この禍々しい物体に…。この、憎い太った男に…。

堀井はベッドの横に置いてあった白い冷蔵庫から500mlのミネラルウォーターを取り出すと、
ゴクゴクと一気に飲み干した。体が内から冷やされ、少し冷静さが戻ってくる。
堀井が一息付いてベッドを見下ろすと、そこには処女を奪われ、更に中出しされた哀れな
美少女が泣いていた。前日までは将来を約束された有望なアイドルの卵だったはずが、
今は両手両足を皮のベルトで拘束され、剥き出しになった割れ目から精液を滴らせている。

堀井は満足していた。
金だ。金さえあれば、こうしてアイドルの体を自由にもてあそぶ事も出来る。
好きなように犯して、中に精液をぶちまけるのも全部自由だ。誰も、文句など言わない。
それは、俺が金を持っているからだ。俺が、力を持っているからだ。
唯一、美咲に反論はあるだろうが、そんな事は知った事ではない。美咲は俺に買われたのだ。
商品に人権などあろうはずがない。買われた瞬間から、奴隷となるのだ。

「まだ時間はたっぷりあるし、いっぱい可愛がってやるからな、美咲ぃ…!
いっぱい泣かして、いっぱい中出ししてやる。お前の腹の中が俺の精液でいっぱいになるまで
中出しして、体に精液の味たっぷりと教えてやるからな!」

堀井は絶望で震える美咲の体に覆いかぶさると、精液と血が滴る割れ目に肉棒を突き立てた。
処女を奪われ、精液を流し込まれた美咲に、既に守るものは無かった。
さしたる抵抗も見せずに、憎い男の性器を受け入れた。

ぐちゅううぅううぅ・・・

中に出された精液のおかげで、最初に挿入した時よりはスムーズに挿入された。
奥まで突き入れられた硬い肉棒の先端が、子宮口に到達する。
堀井はこりこりした未開発の子宮口の感触を先端に味わいながら、ピストンを開始した。

ぐちゅうっ…ぐちゅうっ…ぐちゅううぅ…

「う、うああああぁっ……!」

体全体をぶるぶると小刻みに震わせながら、再び陵辱に晒される美咲。
精液を中に出されたショックで、体の震えが止まらない。
美咲は、涙で充血した目で堀井を見た。その目には、既に抵抗の意思は無かった。
ただ、止めて、もう許して…。そう訴えていた。だが、もう許してと哀願する表情も、
堀井には通用しなかった。堀井はむしろ、美咲がもっと絶望し、嘆き悲しむ事を望んでいた。

それらのショックが大きければ大きいほど、自分という人間を美咲の心に刷り込む事が
できるからだ。それが悪いイメージだろうと、関係無かった。
ただ、美咲の心の中に自分という人間の存在を刷り込んでやりたい。それだけなのだ。
堀井の望みは、ただ美咲の体を手に入れる事に留まらず、精神を、心を犯すことだった。
堀井の腰の動きに合わせて、華奢な美咲の体も上下に揺さぶられる。

堀井の腰の動きが早くなった。
パンパンと腰を打ちつけ、美咲の体を抱きしめる堀井。
美咲の子宮口を突き上げる肉棒の硬度が増し、その先端が膨らむ。
2度目のその時が、来ようとしていた。

「うおおおっ!出るっ!また出るうぅっーー!」

「ああっ、いやっ…!」

大声で絶叫しながら、その時を告げる堀井。
美咲は小さく抵抗の声を出すと、目をぎゅっとつぶった。
そして堀井が背中を丸め、腰をぐいっと突き出した次の瞬間、2度目の悪夢が美咲を襲った。

どくんっ!どく、どく、どくぅっ…

熱い精液が、再び美咲の体の最深部に放たれた。
堀井は背中をびくびくと痙攣させながら、射精を続けた。
口を大きく開けながら、射精の深い快感に浸る堀井。

「あ~気持ちいいぃ~~。やっぱり、中学生は最高だよ。
このすべすべの肌…この締まり具合…中学生の中に出すの覚えたら、
もう大人の女なんかじゃ満足できないな~。」

堀井は射精を終えたペニスを引き抜くと、タオルで顔の汗を拭いた。
2回も射精された美咲の割れ目からは、どろどろと精液が滴り落ち、シーツにシミを作った。
汗を拭き終わると、また直ぐに美咲に覆いかぶさる堀井。信じられない事に、その肉棒は
未だに硬度を保ったままだった。硬く勃起したそれは、精液が溢れ出す割れ目にずぶずぶと
進入を開始した。そして美咲の体を貪り始めた。

中学生の膣内に精液を出すという事に、異常な興奮を示す堀井。
実社会であれば、大人の女は容易に手に入った。しかも、一応合法である。
だが、堀井はそれだけでは満足できなかった。
一般人の手が届かない領域にまで手を伸ばし、圧倒的な力で全てを支配したい。
泣いている者がいれば、それをねじ伏せて言う事を聞かせたかった。

そして、今はその成果を刈り取る時なのだ。収穫の時である。
投資家にとって、最高の興奮を覚える瞬間だった。
アイドルとしての将来を約束された、15歳の、中学生の美少女…。
好きにさせてもらう。この目の前の中学生を、味わい、しゃぶりつくしてやる…。

俺は今、中学生を犯してるんだ…
中学生にペニスをぶち込んで犯して、中出ししている…
アイドルの、15歳の中学生に中出し…
15歳…、15歳の中学生に中出し…!
ああ、すごい…そう考えると、すごく興奮する…
中学生…!中学生…!中学生…!

「ああ、出るっ!中学生…、中学生に中出しっ!
中学生っ!中学生っ!中学生っ!ちゅ、ちゅうがくせいぃぃっーー!!」

堀井は狂ったように"中学生"と連呼すると、歯を食いしばりながら射精した。
美咲は唇をぎゅっと結び、目を閉じて耐えた。

どびゅっ、どびゅっ、どびゅううぅぅっーー!

中学生と自分で連呼する事によって酷く興奮したのか、今までで一番強い射精になった。
肉棒が激しく脈動し、びくびくと痙攣させながら、その先端が爆ぜた。
飛び出した精液が子宮口に激しく激突し、まだ幼いそれを汚した。
だが、まだ堀井の興奮は収まらない。
美咲の膣内に大量の精液を溜め込んだまま、ピストンを継続した。

ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ・・・

美咲の若い性器と堀井の邪悪な性器がこすれあう淫靡な音が、白い部屋に響く。
堀井の性器から吐き出された汚れた欲望が、皮肉にも美咲と堀井の性器の潤滑油の如くの
役割を果たしていた。粘り気のある濃い精液が、美咲の体の内側から押し付けられ、
擦り付けられ、染み込んでゆく。

「ああ、気持ちいい!美咲のオマンコ気持ちよすぎて、射精止まらないよー!
美咲、美咲の中に、射精するよ!美咲、レイプで…レイプで妊娠させるからな!
美咲…レイプで…レイプで妊娠!中学生…中学生の美咲が…レイプで…!」

その時、急に堀井が何かに気づいたかのような顔になった。

「う、うおおおおおおっーーー!!」

白い部屋が震える程の雄たけびを上げると、堀井は狂ったように同じ言葉を
大声で繰り返し始めた。そしてそれを繰り返すたびに、どんどん興奮していった。

「レ、レイプ!!レイプで妊娠っ!ちゅ、中学生がっ!中学生が、レイプされて妊娠!!
レイプで妊娠!中学生がレイプで妊娠っ!!中学生がレイプで妊娠っ!!」

「ひっ!ひいぃっ!やっ!いやっ!や、やめっ…!」

悪夢のような言葉を耳元で何度も絶叫され、悲鳴のような声を上げる美咲。
だが、恐怖から言葉にならない。
堀井は大声を上げながら、激しく腰を振り続けた。

「中学生!中学生がっ、中学生がレイプで妊娠っーー!!」

どびゅううぅぅっーー!どく、どく、どくんっ!!

美咲の体内で、4回目の射精が行われた。
[ 2011/12/18 10:12 ] 監禁 | TB(1) | CM(1) | [編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2012/08/01 21:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

【NO.369「SM処女」】
<プレイ願望で相談にきた女性が処女>  SMが初めてだから”SM処女”という話ではない。  プレイ願望で相談にきた女性が処女だったというのである。  正直こちらも初め ...
[2015/09/25 18:30] MドリームのBlog
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。