FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-願望-水谷美紀

「願望3(水谷 美紀)」

私の願望は、複数の男の人達にレイプで無残に処女を奪われることです。
私はまだ中○生で経験は無いのですが、男の人達に強引に服を脱がされ、
押さえつけられて順番に犯されるのを想像すると、すごく興奮してしまいます。

最初は好きな人に抱いてもらうのが幸せなのだと思いますが、それがレイプだとしたら・・・。
女として一生に一度しか経験することの無い瞬間を、強姦魔達のなぐさみ物にされるのです。
私にとっては一生残る悲しい思い出でも、その人達にとっての私は、その日限りの性欲の吐け口です。
そう考えると、どんなに悲しくて惨めかと思うと、想像しただけで涙が出てきます。
でも、想像するとすごく悲しいのですが、それと同時に体がゾクゾクと震えてきて、体が熱くなり、
私はあそこを濡らしてしまいます。

最近の私は、学校でも授業中に犯されるのを想像して、あそこを濡らしています。
午後の最後の授業中などは、早く家に帰ってめちゃくちゃに犯されるのを想像しながらオナニーしたくて、
たまらなくなります。いけないと分かっていながらも、授業中にパンツをぐっしょり濡らしてしまいます。
そして、急いで学校から帰ると、部屋に入った瞬間から貪るようにオナニーを始めてしまいます。
自分の部屋への階段を上っている間も、あの扉を開けた瞬間から、めちゃくちゃにレイプされるんだ・・・
と思うと、私の部屋への階段の一段一段を踏む足が、がくがくと震えてしまいます。
そして、部屋に鍵を掛けて鞄を放り出すと、セーラー服を着たままベットに倒れこんで、
複数の男の人達に、めちゃくちゃに犯される妄想に浸るのです。

私がいつも想像するのは、次のような内容です。
学校の帰り道に、私の後ろから白いワンボックスカーがゆっくりと近づいてきます。
そして、その扉が開いたと思ったら、男の人達に捕まって車の中に引きずりこまれてしまいます。
私は必死に抵抗するのですが、中○生の私では、大人の男3人にかなうはずがありません。
それに、既に車は急発進してどこかに向かっています。
そして、泣きながら助けを求める私の目の前に、ナイフが突きつけられます。
私は声を出して助けを求めることも出来ずに、服の上から胸を触られてしまいます。
そして、他の2人も私に強引にキスをしたり、スカートを捲り上げてパンツの上からあそこを
触ったりします。私は目から涙をこぼしながら、男達の成すがままにされてしまいます。
でも、本当に悲惨なのはこれからです。

車が止まると、ナイフを突きつけられたままアパートの一室に入れられます。
その部屋は8畳ほどの部屋ですが、大きめの布団が敷いてある以外は何も無い部屋です。
もう、この後何をされるのかは明らかです。私は絶望的な気持ちになります。
私は、この人達を満足させるためにここに連れてこられた以上、この人達が満足しない限り、
この部屋から出る事はできない・・・。つまり、一つの事は確実に分かります。
私は、これからこの殺風景な部屋で、泣きながら処女を奪われて陵辱されるのです。

私はその布団の上に押し倒されるとあお向けにされ、両腕を頭の上で押さえつけられます。
そして抵抗できないようにして、もう1人がセーラー服の胸元に手を掛け、左右に引きちぎります。
そして、白いブラを乱暴に上にずらして、あらわになった私の胸を乱暴に揉まれます。
同時に他の男がスカートを脱がし、足をばたつかせて抵抗するのですが、
パンツも強引に引きずり下ろされてしまいます。
私は、あっという間にほとんど全裸にされてしまい、もう後戻りできない事を認識させられます。
私の裸を見て男達の目は血走り、息も荒くて本当に野獣のようです。

男2人がかりで足を大きく開かされると、私のあそこは明るい照明の下で丸見えにされます。
複数の男達の指が、私のあそこに入ったり、広げたりしています。
その間、両手両足の自由を奪われている私は、悔しさと惨めさでわんわん泣いています。
でも、もっと悲しい瞬間がこの後待っています。
男の1人が、ゼリーのようなものを私のあそこに塗りたくりました。
そして、その男はズボンと下着を脱ぐと、男の大きなそれを、私のあそこに当てがったのです。
もう、この後にどんな悲惨な事が行われるかは、明らかです。
私が処女を奪われる瞬間の泣き顔を見たいのでしょう・・・男は私の顔をじっと見ながら、
腰をゆっくりと沈めました。

ぐぐちゅううううぅぅっ

その瞬間、私は口を手で覆われて叫ぶこともできません。
私にできることは、ただ目から大粒の涙をこぼすのみです。
ゼリーでぬるぬるにされた私のあそこに、男の固くて大きなものがゆっくりと侵入してきます。
私のあそこをめりめりと引き裂く物の形や堅さを、私は嫌でも認識させられます。
そして、とうとう私の体の一番奥まで・・・子宮口に当たる所まで達してしまいます。
男は最深部まで到達したのを確認すると、堅く膨張したそれの先端をゆっくりと動かして、
子宮口のコリコリした感触を味わっているようです。

私の処女がっ・・・私の初めてが・・・初体験がこんなのなんてっ・・・!
男の物が完全に私の体を貫いて、今までの私をめちゃめちゃに破壊した瞬間です。
もう、これで私が守るものは何も無くなってしまいます。
その瞬間、私は体の奥から何かがゾクゾクと立ち昇るのを感じてしまいます。
これは、きっと私の体も心も完全に否定されて破壊された証拠なんだと思います。
あとは、一秒でも早く、男達が満足して私を解放してくれるのを待つだけです。

男は私の体に覆い被さると、私の体を貪り始めます。
処女を奪われたばかりの割れ目に、容赦なく太くて堅いものを何度も何度も出し入れされます。
その間も、私の両手は頭の上で押さえつけられ、全く抵抗することはできません。
ただ、布団の上で無防備にさらけ出された裸体を、ひたすら貪られるのみです。
そのうち、男の腰の動きが速くなってきたと思うと、思い切り奥まで突き上げられ、
子宮口に先端を密着させた状態で、そのまま中に射精されてしまいます。

どくっ!どくっどくっどくうぅぅ・・・

私は体の奥に熱いものが放出されたのを感じると、悲しくて声を上げて泣いてしまいます。
子供が転んで大泣きしているかのように・・・。
もう、悲しくて、悲しくて・・・どうしていいのか分からなくなってしまいます。
しかし、そんな事にはお構い無しに次の男が私に覆い被さります。
さっき私の中に射精した男は満足げな顔をしながら、代わりに私の両腕を頭の上でぎゅっと
押さえつけました。そうです、男達は交代で私を犯すのです。

車の運転手を入れて4人の男達が交代で、私を犯していきます。
布団にあお向けにされた状態で大きく足を開かされ、男達は順番に私の中に射精していきます。
順番を待っている他の男達は、私の口にあれを咥えさせたりもしてきます。
私は、あそこと口に男の人のものを咥えさせられながら、まるで体を貫かれたかのような
感覚に教われます。そして、男達は時々私の口の中にも精液を放出していきます。
上からも下からも両方から精液を注ぎ込まれ、もう私の体は完全に汚れてしまいます。

そして、ようやく4人全員が私の膣の中に射精を終えました。
私のあそこからは4人分の精液がどろどろと溢れ出てきて、太腿を伝い、布団を汚しています。
そこには、私が今日まで処女だったことを表す証拠も残されていました。
私の両足はだらしなく大きく開いたままで、まだ入れられているかのような格好です。
でも、もう今更急いで足を閉じる気力も、恥らいも残っていません。
ここにいる4人の男達は、私の体の全てを味わったのです。もう、何も隠す所はありません。
私は、大股を開いた惨めな格好のままで、静かに涙を流しています。

その時、一人の男が信じられない言葉を口にしました。
その男は、「そろそろ2週目にいこうか」と言うのです。
私には、一瞬のその意味がわかりませんでしたが、その男が私に再び覆い被さって来て
ようやく意味が分かりました。その男は、私の処女を奪った男なのです。
つまりその言葉の意味の通り、さらに一人づつ、2回目の射精を私の中にしようというのです。
ようやく開放されると思っていた私は、もうやめてっ!お願いっ!と懇願するのですが、
もちろん無視されます。それどころか、一回目とは異なっていろいろな格好で責められます。

犬のように四つんばいの格好をさせられて後ろから突き上げられたり、片足だけを高く持ち上げ
られて、入っている部分が他の男達に丸見えになるように犯されたりもします。
そして、男の上に跨らせられて、自分で腰を振るように命令されます。
でも、うまく出来ないと男達に無理やり腰を抱えられて、強引に男の上で腰を振らされます。
その時にはセーラー服も脱がされて、完全に全裸の状態です。
生まれたままの格好で男の上に跨り、あれを入れられた状態で、無理やり腰を振らされるのです。

そして、最後は皆私の膣の中に射精していきます。
私を四つんばいにさせ、顔を布団に押し付けた状態で射精される時は、まるで動物みたいに
犯されているのを実感して、体の奥の方でキュウウっと何かが締め付けられるような感じがします。
他にも、あお向けに寝かされて、私の体を完全に2つに折り曲げるような格好で深く挿入され、
一番奥に射精されたりもします。8回目の射精は、足を大きく開かされて、
体全体が揺さぶられるくらい激しく突き上げられ、そのまま激しく動いた状態で中に出されました。

びゅるっ!びゅるぅっ!びゅるるうぅぅっ!

何度も、何度も・・・男達の熱い精液が、無防備な私の中に吐き出されていきます。
もう、何でもいいから早く終わって・・・早く満足して・・・ただそれだけです。

その後も、陵辱は続きます。
輪姦という字は本当にその状況を良く表していると思います。
私は、まるで永遠に続くかのように男達に順番に犯され続けます。
結局、夕方から夜が明けるまで犯され続け、私の中に合計14回も精液が吐き出されます。
そして、私の心も体も、全てが内側からどろどろに汚されるのです。

私が泣きながら陵辱されている間に考える事は、ただ一つだけです。
それは以外にも、私の中に少しでも早く射精して欲しいということです。
そして、私の体で男達が性欲を満たしてくれることを第一に望みます。
そのために、最後の方は泣きながら自分から腰を振ったりします。

全ては、一秒でも早くこの悪夢から開放してもらうためです。
私は、このような、悲しくて惨めな処女喪失に憧れています。

これが、私の願望です。

2006年 9月 15日

水谷 美紀

[ 2011/12/10 12:07 ] 願望 | TB(0) | CM(0) | [編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。