FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-告白-第2話

<告白(美沙(27歳)の場合)>

あの日の事を、忘れることなど出来ません。
あれは、2年前の夏の日のことでした。
あの日以来、私は日常と非日常という2つの世界を生きることになったのです。

私はそれまで3人の男性とお付き合いしたことがあったのですが、どの人も優しいセックスばかりで、
Mの気質がある私としては物足りなく、もっと乱暴にして欲しいと思っていました。
いえ、乱暴というよりは、もう、いっそのこと好きなように犯して欲しいとまで…。
でも、それをお願いして彼氏に嫌われでもしたらと思うと、とてもそんなお願いは、できませんでした。

ただ、私の犯されたいという願望は徐々に大きくなっていき、とうとう我慢できなくなりました。
そこで、私は思い切って出会い系のサイトで相手を探す事にしたのです。
相手はすぐに見つかり、さっそくその日のお昼に待ち合わせをすることになりました。
事前にどんな風にして欲しいか聞かれたので、激しく、乱暴に犯して欲しい。
そして、物のように扱って欲しいとお願いしました。
今思うと何と危険な事をしたのかと思いますが、後悔していません。

待ち合わせ場所には、40台前半くらいの男性が立っていました。
身長は175cmくらいでした。体格は、わりとがっしりした感じです。
そのまま私達はホテルに直行し、部屋に入るなり、立ったまま後ろから両胸を鷲づかみにされ、
乱暴に揉みしだかれました。それからキスをして、両手を壁についてお尻を突き出した状態にされ、
着ていたワンピースの裾を腰のところまで捲り上げられました。
もう、これだけで、私はこれからされる事を想像して、ぐっしょり濡れていました。

そして、パンティーを横にずらして、あそこを音を立てて舐められました。
それからベッドに押し倒されましたが、服は着たままです。更に靴も履いたままでした。
ワンピースを胸元まで捲り上げて、ブラをぐいっと上にずらすと、乳首を口に含んで強く吸い上げるように
舐められました。

そして、いよいよ挿入です。
その人はパンティを脱がさずに、横にずらして挿入してきました。
私はそれが何だか片手間でやられてるみたいで、物のように扱われている気持ちになって興奮しました。
服どころか、靴も脱がしてもらえずに、パンティの脇から挿入されて犯されている。
そう思うと、私は今まで感じた事がない程興奮して、大声を上げてしまいました。

その人のものは太くて、すごく硬かったのを覚えています。
ピストンも今までの彼氏とは比較にならない程奥まで届いて、乱暴に突き上げられる度にパンっパンっと
肉がぶつかる音がして、私の身体全体が大きく揺さぶられました。
そして、私はすぐに大声と共にいってしまいました。

それから、私は夕方くらいまでずっと犯され続けました。
もう、何度絶頂を味わったかもわかりません。
今までこんなに絶頂を味わった事の無かった私は、やはり犯されるのが好きなんだと思いました。
私はこの時、犯されていくことを身体に教え込まれたのです。

ようやく開放された時には、私は頭の中にうっすらと白い靄がかかったようになっていて、
もう、何も考えられないくらい気持ちよくなっていました。
そして次に会った時は、ノーブラで来るように命令され、いつの間にかそれを了承していました。

それから1週間程してから呼び出しの連絡があり、私は命令どおりにノーブラで犯されに行きました。
また、あの時みたいに犯される…。そう思うと、電車内であるにも関わらず、白いブラウスの下で
乳首を立たせてしまいました。ブラをしていなかったので、すごく恥ずかしかったです。

指定されたホテルの部屋には、先週会った人の他に、2人の男性がいました。
それを見た瞬間、私はとっさに部屋を出ようとしましたが、後ろから羽交い絞めにされて、そのまま
部屋の中央に引きづられていきました。
そして、3人の男性達に服の上から乱暴に身体を触られ、ノーブラのブラウスの上から胸を乱暴に
揉まれました。それからブラウスだけ脱がされて上半身裸にされると、ベッドに押し倒されて
犯されたのです。

下半身のスカート、下着、靴は付けたままです。
一人が私の両手を頭の上で押さえつけながら、もう一人がパンティをずらして犯してきます。
残った一人は、私の胸や顔をべろべろと舐めてきました。
上半身だけ脱がされた状態でスカートは大きくまくり上げられ、パンティの脇から挿入されているのが
丸見えでした。その光景が、いかにも無理やり犯されている感じがして、すごく興奮しました。

それから、交代で3人に犯されました。
最初は正上位でしたが、そのうちバックや立ってお尻を突き出した格好、騎上位など、いろいろな
体位で犯され続けました。口に含んでフェラチオしながら犯されたり、更に手でしごきながら、
3人同時に相手をさせられたりもしました。
その時はコンドームはしてもらえなかったのですが、妊娠したら悪いからと、3人とも最後は顔に
びしゃびしゃとかけてきました。おかげで、私の顔はすぐに精液でどろどろになりました。

その日はお昼過ぎくらいから犯され始めて、一通り犯され終わったのは夕方の18:00くらいでした。
それから軽い夕食を注文した後で、再び21:00くらいから朝まで犯され続けました。

ベッドの上だけではなく、お風呂場、トイレ、床の上など、あらゆる場所で犯されました。
もう、自分はこの人達の射精を導く為の道具でしかないのだと思いましたが、そのように物の
ように扱って欲しいとお願いしたのは、そもそも自分なのだと今更ながら思い出しました。

そして、なんと私は、いつの間にか自ら中に射精して欲しいと、お願いしていたのです。
中に出してとお願いされて、断る男性などいないでしょう。
男性達は、遠慮なく次々と私の中に射精してきました。
身体の一番奥に、犯された証拠のようにドクドクと熱い精液が流し込まれていきます。
私は、犯されたあげくに中に出されるという状況に、悲鳴が出そうな程興奮しました。

「孕んでも、責任取らないからな!」

男性の一人にそう言い放たれた時、私は惨めな気持ちでいっぱになって、大声を上げていってしまいました。
それから彼らと別れるまで、何度も繰り返し犯され、何度逝ってしまったのかわかりません。
最後は、犯されまくって身体の内も外も精液でべとべとの状態でした。

それからは、時々彼らと会って、同じように犯してもらっています。
先週は、男性5人がかりで、一晩中犯し続けててもらいました。
もちろん、精液は全て中出しです。
今度は、本当のレイプをされてみたいと思っています。

[ 2015/09/11 10:35 ] 告白 | TB(0) | CM(0) | [編集]

SM小説-告白-第3話

<告白(美樹(18歳)の場合)>

私には、付き合って2年になる彼氏がいます。
友達に話すとびっくりされるのですが、彼氏は今年で38歳になるサラリーマンです。
年齢の差は確かにあるものの、私は彼の事が大好きですし、彼も私の事を大事にしてくれています。
もちろん、Hの時も。
ただ、付き合い始めた頃は、あんな事をさせられるとは思いもしませんでした。
今となっては、それにどっぷりと嵌っているのは、自分の方なんですけど…。

彼は女子高生の格好が好きみたいで、最初は学校の制服や体操服を着て欲しいとお願いされました。
私もそれで喜んでもらえるならと、言われるがまま従ってきました。
そのうち、私の通っている高校の制服だけではなく、いろんな高校の制服や体操服、水着を着せられる
ようになっていきました。
もちろん、それらを着てHもしましたし、写真もいっぱい撮られました。
でも、それで彼が喜んでくれるので、私も彼の要望どおりにHな格好での撮影にも協力しました。

最初のうちは私もコスプレの感覚で一緒に楽しんでいたのですが、半年くらい前だったでしょうか、
突然、私のおしっこしている所を見たいと言われたのです。
今までの服装に関する要望とは違い、私も簡単には了承できませんでしたが、彼の目は本気でした。
どうも、女子高生の格好に興味がある以上に、おしっこをしている女の子を見る事に興味がある
ようでした。

もちろん、今まで人前でおしっこなんてした事はありません。
いくら大好きな彼氏だからといって、それはとっても恥ずかしいことです。
ただ、真剣な目でお願いしてくる彼氏を前にして、断ることはできませんでした。
ちょうどもよおしていた私は、しぶしぶ了承してトイレに向かいました。
すると、彼は私の手を取って、バスルームに連れて行ったのです。
もちろん、彼愛用のカメラ持参で。

今まで、恥ずかしい写真は沢山撮られていましたが、さすがにおしっこしている所を撮られるのは、
レベルの違う恥ずかしさがありました。しかし、今更断る事もできません。
その時は、ちょうど彼のお気に入りの女子高の制服を着ていました。
私はスカートの中に手を伸ばして下着に手をかけると、彼はそのままでと言いました。
一瞬、何を言ってるのかわかりませんでしたが、どうやら下着を付けたままおしっこして欲しいと
いうことでした。それが分かって、さすがに私もそんなお漏らしみたいなのは嫌だと言いましたが、
彼の目は今まで見たことがないくらい血走っていて、彼の言うとおりにする以外の選択肢は無さそう
でした。

仕方なく、彼の言うとおりにスカートを胸の辺りまでまくり上げて、膝を大きく開いてしゃがみました。
ちょうど、和式便器で用を足す時の格好になります。
彼は、今まで見たことが無いくらい目をキラキラさせながら、喜んで写真を撮ってきました。
少し暗いバスルームの中で、下着を露にして足を開いている私の写真が、フラッシュと共に次々と
撮影されていきます。これからおしっこする所を撮影されると思うと、すごく恥ずかしかったです。

そして、ついにその時はきました。
私も、おしっこするところを撮影されるという異常な事態からか、緊張して尿意を我慢できなくなって
いたのです。ついに我慢できなくなって、私は下着を付けたままで、お漏らしをしてしまいました。
その瞬間、彼はカメラで連続撮影を始めたのです。
カシャ、カシャ、カシャ、カシャ、何十枚、それとも何百枚なのか、すごい速さで私が下着を付けたまま
お漏らしするシーンが撮影されていきます。フラッシュの光が、私の恥ずかしい姿に光を浴びせます。

全て出し切った後も、彼は私のおしっこで濡れそぼった下着の写真を撮り続けていました。
私は、お漏らしして塗れたままの下着を付けた写真を撮られて、すごく恥ずかしかったです。
それに、おしっこで濡れた下着が肌に張り付いて、気持ちが悪かったです。
あまりに恥ずかしくて私は少し涙目になりましたが、彼はとてもよろこんでいたので、
私はもうお漏らしさせられるのは嫌だと、この時は言えませんでした。

その時の彼氏の満足気な表情からして、これがこの一回で終わるとは思っていませんでしたが、
予想どおり、翌週に彼の部屋を訪れた時にも、同じ事を要求されてしまいました。
この時は高校の制服を着た状態で、バスルームで四つんばいになってお漏らしさせられました。
前回のしゃがんだ状態であれば、まだ和式便器での排泄の格好なので我慢もできましたが、
四つんばいでのおしっこというのは、もう人間がする事では無いような気がしました。
それは完全に、"見せる"ための排泄行為でした。
私はこの時も目に涙を溜めてそんなことをさせるのは止めて欲しいとお願いしましたが、
彼は全く聞く耳を持っていない様子でした。

私は、涙を拭きながらバスルームに入ると、彼の方にお尻を向けて四つんばいになりました。
彼はスカートを腰のところまで捲り上げると、膝を肩幅くらいまで広げさせて、丸見えの下着の写真を
撮り始めました。時々、私のあそこに軽く指を這わせて、「したくなったらいつでもいいんだよ。」と
言います。ただし、もちろん下着を脱ぐことは許してもらえません。
もう18歳なのに、下着を付けたまま彼の目の前で、恥ずかしい格好でお漏らしをさせられるのです。
そして、その一部始終をカメラに収められてしまうのです。

彼は私のあそこに指を這わせながら、膀胱の上辺りを手で押してきました。
私は徐々におしっこをもよおしてきて、そのうち我慢が出来なくなってきました。
その事を彼に伝えると、両手を前に出して頭を低くし、足を開いてお尻を突き出すように言われました。
それはまるで、Hの時に後ろからする時の格好そのものでした。
ただの四つんばいではなくて、こんなにいやらしい格好でお漏らしさせられると思うと、私はすごく
恥ずかしくなると同時に、身体の奥の方から何かゾクゾクとした感覚が湧き上がるのを感じました。
それは、緊張感のようでもあり、気持ちいいような感じでもあり、不思議な感覚でした。

そして、ついに私は我慢できなくなり、後ろから突き上げられているかのような格好で、お漏らしを
してしまいました。私は恥ずかしいのとゾクゾクした気持ちいいような感じとで訳がわからなくなり、
いつの間にか、お漏らししながらHの時のような声を出してしまっていました。
それを聞いて彼も興奮したのか、「いいよ!すっごくいやらしい!いやらしいよ!」と言いながら、
何枚も何枚も写真を撮り続けていました。
カメラが、私が四つんばいになってお漏らししている姿を、容赦なく記録していきます。
私は、いつの間にか涙と涎を垂らしながら、バスルームの床にうつ伏せになって泣いていました。
私がお漏らしした、おしっこの上で。

それからは、彼と会うと常にお漏らしする所を写真に撮られるようになりました。
彼の部屋を訪問すると、直ぐに彼の好きな服に着替えさせられて、バスルームでお漏らしさせられます。
そして、その後Hするのですが、何故か今までのHよりも、お漏らししてからHした方がお互い興奮する
事が分かりました。そして、いつの間にかそれがHの前の儀式のようになっていったのです。
そのうち、私も彼の前でお漏らしすることに喜びを感じるようになっていました。
あの、ゾクゾクするような恥ずかしさを伴った緊張感と快感が、たまらないのです。

その日は、どこかの高校の体操服を着せられてお漏らししました。
下は、ブルマになっていました。私の学校では私が入学する前からブルマは廃止されていたので、
実際に授業で着た事はありませんでしたが、履くだけでも、結構恥ずかしかったです。
この時は、下着だけでなく、ブルマも履いたままでお漏らしさせられました。
しかも、仰向けになってお尻を天井に向けて高く突き上げたような格好でです。
彼は、この格好の事を"まんぐり返し"というのだと教えてくれました。
女性が、最も屈辱的だと感じる格好なのだそうです。確かに、この格好は恥ずかしすぎます。
裸だったら、あそこと肛門が上を向いてしまって、恥ずかしいところが全部丸見えになる格好です。

私は彼に背中の方からお尻を支えられて、足を大きくM字に開かされました。
ブルマを履いているとは言え、この格好は恥ずかしいだけでなく、すごく屈辱的でもありました。
本当に、女性にとってこの格好は、全てをさらけ出し、全てを捨てる格好だと思いました。
しかも、当然ながらこの格好のままお漏らしをさせられるのです。
どうなるかは、明らかでした。私は、自分のおしっこで自分の身体を汚すことになります。
ただ、この時の私は、その事に興奮を覚えていました。
こんなに恥ずかしい格好でお漏らしをさせられて、更に自分のおしっこをかぶる事になるなんて、
想像しただけで何て恥ずかしくて無様なんだろうと思いました。
しかも、その無様な姿の一部始終を、彼に見られてしまうのです。
この時、私はその事を想像しただけで、あそこをじっとりと濡らしてしまいました。

そして、私は彼が見守る中、女性が最も屈辱的と感じる"まんぐり返し"の格好でお漏らしをしました。
お漏らしの瞬間、私は恥ずかしさと惨めさのあまり、大声で何か言っていたようですが、覚えていません。
ただ、暖かいおしっこが下着とブルマ、体操服を汚し、私の胸、首の辺りまで垂れてきました。
身体のほとんどに自分が漏らしたおしっこを浴びて、私はすごく惨めな思いをしましたが、
今までで最もあのゾクゾクとした感覚を味わいました。
胸がぎゅっと締め付けられて、あそこがキュウゥと収縮するような感じがしました。
どうやら、あの感覚は惨めで屈辱的な思いをすればする程、強くなるということが分かりました。
そして、私はもっとあのゾクゾクした感覚を味わいたい、そう思うようになっていました。

彼も私の反応を見て、私により屈辱的なおもらしをさせようと思ったようです。
彼はネットで首輪を買ってきて、私に首輪をしてお漏らしをさせました。
しかも、片足を上げて、まるで本物の犬のようにです。
更にお漏らしする時に、「メス犬美樹の、恥ずかしいお漏らし見てください。」と言わされました。
私は屈辱感と惨めさで両手をガタガタと震えさせながらも、命令どおりにお漏らしをしました。
その時、私は彼のペットにでもなったような気持ちでした。
そして、その時の私のあそこは、もうぐっしょりと濡れていた事は言うまでもありません。
その後のHでは、首輪をしたままでされて、何度も大声を上げてイキまくりました。

その後、私は彼の部屋のバスルームでお漏らしすることばかり考えるようになりました。
もう、その後のHよりも、次はどんなお漏らしをさせられるのかと考えている時の方が、
胸がドキドキして興奮しました。
それからは、私は彼の部屋を訪問する前に大量の水分を補給してから行くようになりました。
もちろん、彼に会った時にすぐにお漏らし出来るようにです。
しかも、いっぱいおしっこが出る方が彼も喜ぶし、私も興奮できるので、気持ち悪くなるまで、
大量に水分を採ってから彼の部屋へ向かいます。
時には、彼の部屋に着く前にもよおしてしまって、彼の部屋に着くなりバスルームに直行し、
本当のお漏らしをしてしまった事もありましたが、彼はそれをすごく喜んでくれました。
女子高生の本当のお漏らしを見れて、とても幸せだと言ってくれました。
それを聞いて、私もうれしかったです。

ただ、私の中でもっと恥ずかしい思いをしたい、屈辱的で惨めなお漏らしをさせられたいという気持ちが
大きくなり、普通のお漏らしでは満足できなくなってきていました。
それを、彼も何となくわかっていたようです。
その日は、珍しくバスルームで全て脱いで全裸になるように言われました。
私はいつもとは何か違う事にドキドキしながらも、言われたとおり全裸になって、足を開きました。
すると、彼はボディーソープを私のあそこに塗って、安全剃刀であそこの毛を剃り始めたのです。
私はあそこの毛を剃った事など一度もありませんでしたし、男の人に剃られる事など考えたこともありません。
すごく恥ずかしかったですが、全ては私の為にしてくれているのだと思い、されるがままでいました。

すっかり全ての毛を剃られ、最後にシャワーのお湯をかけられると、そこには無防備な性器の割れ目が
晒されていました。まるで子供のような姿にされて、私はすごく恥ずかしかったです。
更に恥ずかしかったのが、性器を剃刀で剃られる感覚が気持ちよくて、ぐしょぐしょに濡らしてしまった
事です。彼も、もちろんその事に気づいていました。
「そんなに気持ちよかった?」と言われて、彼の指に付いた透明な恥ずかしい粘液を見せられた時は、
恥ずかしくて涙が出ました。

もちろん、これで終わりではありませんでした。
彼は私を仰向けに寝かすと、足を持ち上げてお尻を天井に向けて突き出すような格好、そう、あの女性が
最も屈辱を感じるという"まんぐり返し"の格好にさせたのです。
しかも、今回は更にお尻をぐいっと押し上げて、性器が私の顔のほとんど真上になるような格好にさせられ
ました。私はこの時、もう何をさせられるのか分かっていました。
自分のおしっこを、自分の顔で直接受け止めるのです。
しかも、今回は下着を着けていないので、おしっこがそのまま顔にかかります。

彼は、「自分のおしっこが出るところ、よく見てるんだよ。」と言いました。
私は、顔の若干斜め上に位置する自分のあそこを見つめました。
こんな風に、おしっこが出る瞬間を自分自身で見る事があるとは、今まで思いもしませんでした。
しかも、これからそのおしっこを自分で自分の顔にかけようというのです。
更に、その一部始終を彼に見られるだけでなく、写真に撮られてしまいます。
こんな惨めで恥ずかしい事が、はたしてあるだろうか。
そう考えたときに、私は今までで感じた事が無い程強く、ゾクゾクとした感覚を味わいました。
まるで、身体の中を蛇のような生物が、ゆっくりと蠢いているような感覚でした。
身体が緊張と興奮で、ガタガタと震えます。

後はもう、ただ、生き恥を晒すだけでした。
私は特に命令もされていないにも関わらず、小さな声で「ご主人様、見てください…。」と言っていました。
そして、ちらりと彼の方を見て、彼がカメラを自分の方に向けているのを確認した後、
私は口を大きく開けて、私のあそこを凝視しました。
あそこの奥がキュウゥと収縮し、ゾクゾクとした快感と共に胸がギュウゥと締め付けられます。
その瞬間、大きく開かれた私の恥部から、透明な水滴がしぶきを上げて、勢い良く溢れ出るのが見えました。
[ 2015/09/12 19:59 ] 告白 | TB(0) | CM(1) | [編集]
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。