FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-生贄-第1話

<生贄 第1話>

『生贄(いけにえ)とは、神への供物として生きた動物を供えること、またその動物のことである。
供えた後に殺すもの、又は殺した後に供えるもののほか、殺さずに神域内で飼う場合もある。
ほとんどの場合、生贄の対象は動物であるが、動物ではなく人間を生贄として供える慣習も存在する。
これを特に人身御供と呼ぶ。(出典: フリー百科事典 ウィキペディア(Wikipedia))』

高い城壁に囲まれた塔から周辺を眺めると、城の周辺には針葉樹を中心とした森林がどこまでも続き、
美しい川や湖も見渡す事ができた。何百年もの年月をかけて作られた自然は、人工的な首都の町並み
の美しさとは異なる、軟らかな癒しをこの地域の人々に与えていた。
冬は厳しい季節となるこの地域では、農耕よりも牧畜が主流であった。
城の周辺で草を食む牛や羊達を見ていると、何とものどかな気分にさせられた。

しかし、その美しい自然に囲まれた城にしては、その体裁はあまりにも無骨なものであった。
この城の外観は、王国の首都に存在する城とは全く異なっていた。
首都の城が防衛機能はそれほど重視せずに、むしろ居住性や壮大さ、それに何よりも
国の象徴としての豪華さと優雅さを追求したものであるのに対して、この城は純粋に軍事的な見地から
建設されているようである。

城の城壁は正確な正方形をしており、それは分厚い石を積み重ねて作られていた。
さらにその城壁の周りには深い堀が掘られており、進入を困難にしている。
そしてその城に入るには、その堀に渡された吊り上げ式の橋以外に存在しない。
その丸太をつなぎ合わせて作られた橋を上げてしまえば、深い堀と城壁に阻まれ、何者であれ
この城に入ることはできない。また、同時に出る事も不可能であった。
城壁に囲まれた城の中心には高い塔が建てられていたが、装飾の類は一切無い。
城の象徴としての塔というよりは、敵の行動の観察、また高い位置からの重力を利用した攻撃の為に
作られたもののようである。

そしてその城の周囲に住む人々からは、その城は「吸血鬼の城」などと呼ばれて気味悪がられていた。
理由は、月に一度その城の橋が下ろされて入っていく一台の馬車に有った。
その馬車には、そのような城には不釣合いな美しい女性が乗っているというのだ。
それはきっと城に住む吸血鬼が、生き血を吸うための生贄だと周辺住民の間で噂になっていた。
そのような噂のせいもあり、普段はその城に近づく者は、一人もいない。
ただ、僅かばかりの兵士が城壁の角の監視塔に立ち、防備を固めているのみである。

そして今月も、その馬車は城に到着した。
堀には橋が下ろされ、城門には闇夜に輝く赤いかがり火が灯されている。
馬車は橋を渡り、その馬車がぎりぎり通れるくらいの狭い城門を通って城内に入っていく。
そのかがり火に照らされた馬車の中には、噂どおり若い女性が乗っていた。
しかし、その女性の両脇には兵士が座っている。
まるで、囚人を護送しているかのようである。女性の表情も、どこか不安気に感じられる。
その若い女性は城内に入ると馬車から下ろされ、その城の中心部にある塔の方へ連れて行かれた。

「おい、こんな所に何であんな若い女が来るんだ。売春婦か?」

城門の前で警備にあたったている兵士の一人が、同じく城門を守る別の兵士に声をかけた。
こんな辺ぴな所に夜に来る若い女といえば、売春婦と相場が決まっている。
だが、兵士の返答は以外なものであった。
兵士はニヤつきながら答える。

「ああ、お前はまだこの城に配備されたばかりだから知らないだろうが、この城には吸血鬼がいるのさ。」

「吸血鬼!?あの生き血を吸う奴か?そんなバカな。単なる言い伝えだろ。」

「まあ、確かに吸血鬼ってのはこの城の周りで単に噂になっているだけだがな。
ただ、吸血鬼みたいな化け物がいるのは間違いない。俺もこの目で見るまでは、信じられなかったよ。
まさか、あんなのがこの世に存在するとはね。
しかも、あれが伝説ではこの国の守り神ってんだから、なおさらだ。
俺達の間では、単に怪物って呼んでるよ。とてもあれが王国の守り神だとは思えない。」

話を聞くうちに、新しくこの城に配備された兵士は、ようやくこの城の存在理由がつかめてきた。
まず、この城は敵国からの侵略を防ぐために建設されたものでは無い。
この城は、むしろこの城内に存在する"怪物"を外部に放出する事を防ぐために作られたということ。
さらに、怪物には月に一度、「生贄」が与えられるということである。
つまり、今夜がその生贄が与えられる日なのだ。
その男はその怪物と呼ばれる生物の詳細を聞くにつれて、寒気がするのを覚えた。

生贄としてこの城に迎えられた若い娘は、兵士に両脇を抱えられながら階段を降り始めた。
兵士の持つランプは、地の底まで続くかのように伸びる螺旋階段を照らしている。
そして、ようやく階段が終わると、その先には鉄格子の扉に阻まれていた。
兵士の一人がその扉の鍵を外して扉を開けると、ギイイという耳障りな鈍い音が響いた。
そしてさらに石で囲まれた廊下を進むと、突き当たりにその部屋は存在した。

その怪物は、塔の地下に作られた部屋に実在した。
部屋の四方は剥き出しのレンガで覆われており、まるで牢屋のようである。
唯一、人が出入りできる程度の扉が付けられていたが、そこにも強固な鉄格子が
嵌め込まれていた。部屋は10メートル四方の正方形をしており、かなり大きな部屋であるが、
その部屋の主の巨体によってそれほど広くは感じられなかった。

この生物の生態には不明な点が多かった。
体全体を石灰岩のように堅く巨大な殻で覆われており、足はムカデのように多い。
その爪は鋼のように堅く、地面に突き刺し穴を開けながら巨大な体を前進させるという。
目らしきものは見当たらず、代わりに頭の方から何本もの触手を出して周囲を確認して行動する。
また、この個体の場合は全長3.5メートル、高さが1.5メートル程度であるが、大きなものになると
全長10メートル以上になる場合もあるという噂だ。

しかし、この地下以外でこの生物を目にした者は存在しない。
このような生物が地上を這いずり回っていたら、国中が大パニックである。
もはや"それ"が何であるのか、そしていつの時代からこの地下で生きているのか知る者はいない。
この城が建設されたのは300年ほど前であるから、それ以前から生きているのは間違い無いらしい。
ただ、古い伝説がいくつか残るのみである。
伝説の一つは、以下のようなものであった。

『500年以上の遥か昔にこの地域が戦乱に巻き込まれ、王国は敗北寸前まで追い込まれた。
首都の城は他国の兵士達に囲まれ、兵糧も尽きた時、突如として何百もの"彼ら"が現れ、
敵兵士達を津波のように飲み込んで殲滅した。
それにより国は占領を免れ、生き残ることが出来た。
その時より、彼らはこの国の守り神となった。』

なんとも、胡散臭い伝説である。
そもそも、500年前にこの地域でそのような戦乱があったかどうかさえ怪しい。
しかも、その当時の人間などもはや一人も生きておらず、確認のしようも無い。
事実、伝説はそれぞれの時代によって変化していた。
時代によっては、"それ"は悪の使いで、当時の王国の騎士が苦難の末に打ち倒して城の地下に
幽閉したというもの。
時にはこの国の美しい姫が魔術に掛けられ、このような怪物の姿に変えられてしまい、
元の姿に戻る日をこの地下で待ち続けているというものまであった。

いずれにしろ、どれも確認のしようの無いものばかりである。
しかし、どの伝説にも共通している部分が一箇所のみ存在した。
それは、「この生物に生贄を捧げる事を怠ると、とんでもない大災害が訪れる」というものである。
その大災害とはいずれも国を揺るがすものであり、下手をすると国自体を滅ぼすものになるという。
生贄は、月に一度と決まっており、その対象は若くて美しい女性とされていた。
いつの時代でも、人身御供となるのは決まって若く美しい女性である。
この点については、この伝説も定説の域を出る事は無かった。

現在の国の上層部がこの伝説を信じて生贄を与え続けているのかどうかは分からないが、
この怪物に生贄を与える事は中止されなかった。
この城の周囲の人々は、歴代の国王達は特に「大災害」の部分について非常に恐れており、
生贄を欠かした事は今まで一度も無いのなどと噂している。
仮に自分の代で生贄を捧げるのを止めたとして、偶然大地震でも起こってしまえば
その責任を問われかねない。
それに比べれば、月に一度の生贄はそれほどの問題では無いということだろうか。
何にしても、それはその周辺に住む人々の単なる噂に過ぎなかった。
そして、今月も哀れな犠牲者がこの城に招かれたのであった。

その部屋の鉄格子の扉が兵士によって空けられると、その若い女は素早く部屋に押し込まれた。
歳は18歳前後だろうか。女性というよりも、少女と言った方が適当かもしれない。
今回の生贄である少女は胸の前で両手を合わし、細い足は恐怖で震えている。
部屋の中に明かりは全く無く何も見えないが、そこに何かがいるのは何となく分かった。
とその時、肩まで伸びる艶のある美しい黒髪が風圧で揺れたと思うと、
ひゅっという音と共に体中に何かが絡みついた。

「きゃあっー!」

一瞬何が起こったのかも分からないまま、悲鳴を上げる少女。
ねちゃっとした感触の触手が、首、胸、腰などに絡みつき、自由を奪われた体が引きずられる。
そして、少女の胴回り程もある太さの触手が腰をぎゅっと掴むと、少女の体を持ち上げた。
何本もの触手が一斉に絡み付き少女の衣服内に進入すると、内側からびりびりに破き始めた。
最後に下着を破かれると、少女は生まれたままの姿にされてしまった。
だが、全裸にされた少女を待つ地獄は、これからである。

その怪物の中から、一本の触手が少女の方に向かっていった。
この触手は少女の自由を奪っているものよりも細いが、先端に穴が開いており、中は空洞に
なっているようである。先端をぱくぱくと動かしながら、何かを探している。
すると、怪物からさらに細い触手がわさわさと伸び始め、少女の体を舐めまわし始めた。
どうやら、触手には様々な種類が存在するようである。
最初に少女の体の自由を奪い、体を現在も持ち上げているのは捕獲用の力の強い触手。
そして最後に出てきた細い触手は、言わば目の役割を果たしているのだ。
目の見えない怪物は、触覚により捕獲した獲物を確認するのだ。

細い触手は少女の体を細部まで嘗め回した。
顔、口、胸、そしてまだそれほど使い込まれていないあそこや、尻の穴まで・・・。
その調査は、細部にまで至った。
そしてその調査が終わると、太い触手が少女を空中で四つんばいの格好にさせた。
力ずくで太ももを肩幅に開かせると、突き出された尻をさらに他の触手が左右に広げた。
そうすると、肛門が丸出しの格好になる。

「な、何っ!?いや、いやあっ!やめてえぇっーー!!」

これからいったい何をされるのか、恐怖で一杯の少女にできることは、
もはや泣き叫ぶことだけである。
しかも、生贄にされた少女を助けに来る者など、いるはずも無い。
少女は何とか抵抗しようとするのだが、両手両足の自由を奪った太い触手の力は半端ではなく、
渾身の力を込めてもびくともしない。

やがて、中がチューブのように空洞になった触手が、肛門が丸出しの尻に近づいてきた。
ヒュゴッ、ヒュゴオッと吸引する音が聞こえる。これは怪物の口のようである。
口をぱくぱくと動かしているそれは肛門の位置を確認して、その口からどろどろの液体を
肛門に吐き出すと、蛇腹のような触手を伸縮させながら、ずぶずぶと進入を開始した。

「きゃああああっーーーー!!」

触手は口から吐き出された液体が潤滑油となり、少女の肛門に易々と進入することに成功した。
そして、その口から先ほど吐き出したどろどろの液体を、少女の腸内に大量に放出し始めた。
吐き出しているのは、怪物の胃の中に収められた消化中の溶液である。

ごぼっごぼっごぼっ!ごぼおおおおっ!

チューブ状のその触手が、怪物の体内から吐き出されるどろどろの液体によって、
大きく脈打っている。そしてその液体は、少女の肛門からどくどくと注入されていった。

「あっ!ああっ!あああああああっっーーーー!!」

肛門から大量の液体を注入された少女の叫び声が、暗い部屋にこだました。
しかし、それが地上まで届く事は無かった。
[ 2011/12/17 22:56 ] 生贄 | TB(0) | CM(0) | [編集]

SM小説-生贄-第2話

<生贄 第2話>

「それで、生贄になった女は・・・?」

ウォルターは昨夜、馬車で連れてこられた少女のその後が気になって仕方がなかった。
かがり火の赤い炎に照らされた少女の横顔は、憂いを漂わせていた。
その美しい少女は、今頃どうなってしまったのか…心配するのも当然である。
ショーンというその兵士は、まだこの城に配備されたばかりのウォルターに、
この城で行われている事の説明を始めた。

「怪物に食われちまうかって?いや、別に命までは取られない。
むしろ、女は必ず生きてこの城から出ることになる。」

「生贄なのにか?じゃあ、いったい地下で何が行われてるんだ?」

ウォルターの疑問も、もっともである。
生贄といえば、その対象に命を捧げるのが普通である。
それが、必ず生きてこの城を出るとなると…?

「まず、お前は根本的に勘違いをしている。
月に1度この城に送られてくる女は、怪物への食料じゃない。
それから、この城の周りで噂になってる"大災害を防ぐための生贄"なんてのは、嘘っぱちだ。
もっと、別の目的で女達はこの城に連れて来られてるんだよ。
それも、定期的に連れてこられるようになったのは1年半くらい前からだ。
まったく、噂って奴はどんどん話を大きくしやがる。」

ウォルターは、それを聞いて益々意味が分からなくなった。
災害を防ぐ為の生贄でも無いとするなら、いったい何のために…?
ショーンは不思議そうなウォルターの表情を無視して、話を続けた。
何の娯楽も無い辺境の城である。
ショーンも秘密を打ち明ける相手を見つけて、少し興奮気味に話している。
しかし、その内容はウォルターの想像を遥かに超えていた。

最初のうちは興味本位で話を聞いていたウォルターだったが、真実を知るに至って
そのとんでもない内容に眩暈がした。正に、神をも恐れぬ行為である。
子供の頃から厳格なキリスト教の教育を施されていたウォルターは、吐き気を覚えた。
では、昨夜この城に連れてこられた、あの美しい黒髪の少女は、今頃…。
ウォルターはそこまで想像して、慌ててそのおぞましい想像を打ち消した。
そして、青ざめた顔をしているウォルターに、ショーンは止めの一言を漏らした。

「そして、来月の当番は俺とお前になっている。
少し遠い村まで調達に行くから、2週間後には出発だ。」

"調達"…。
まるで、少女達を穀物や道具のように扱っているのか。
ウォルターは、そのような内容を笑顔で話す目の前の男が信じられなかった。
逆に、ショーンはその仕事を楽しみにしている様でさえある。
いったい、この城はどうなってしまっているのか…。
果たして、このような事が許されていいのか…。

しかし、ウォルターも王国に忠誠を誓った兵士である。
その義務を果たさないわけにはいかない。
気は進まなかったが、2週間後にショーンと二人で城を後にした。
2頭引きの馬車に乗って、女を"調達"しに行くのだ。
目的の村までは、片道で1週間の工程だという。
何の娯楽も無い古い城で過ごすのに比べれば、馬車での旅は天国だった。
2週間前にショーンが見せた笑顔も、そう考えれば頷ける。

ウォルターとショーンの旅は、順調に進んだ。
女を"調達"と表現したショーンも、話すにつれて悪い人間では無い事が分かってきた。
今年25歳になるウォルターより1つだけ年上のショーンとは、話題も合った。
首都に近い都市で、比較的裕福な家庭で育てられたウォルターにとって、貧しい農村で
育ったショーンは多少無骨で乱暴な面も見受けられたが、話していて楽しい男だった。
しかし、目的地である村が近づいてくるにつれて、ウォルターは本来の目的を思い出して
気持ちが沈んだ。

それを知ってか、ショーンはわざと大声で馬鹿話をしてウォルターを笑わせようとした。
最初のうちはショーンの話に合わせて多少は笑顔を見せたウォルターだったが、
村に到着すると、ショーンが何を話しかけても生返事をするだけであった。

「おい、いい加減に気持ちを切り替えろよ!
俺たちは上から命令されて、その通りに仕事をしてるだけなんだ。
それに、何も強盗や人さらいをしようってんじゃない。
女の家族には、それなりの報酬も支払われるんだ。ギブアンドテイクだよ!」

そう、自分はただ命令に従っているだけ…。
これは、自分の意思でしている事ではない。
ウォルターは、頭の中で何度もそう念じた。

その村には、同じ形の粗末な家が密集して建てられていた。
狭い道を通る王国の馬車を見かけると、農民らしき人々は、皆急いで家に隠れた。
どうやら、少なくとも歓迎ムードでは無さそうである。
そして、とうとう目的の家に到着した。
城を出発してから、ちょうど1週間目の夕方である。

ショーンが入り口の粗末な扉をノックすると、無精ひげを生やした不健康そうな男が現れた。
その後ろからは、その男の妻らしき女が、心配そうにこちらを見ている。
ショーンが王国の使いであることを告げると、その夫婦はついにこの時が来たといった
表情でお互いの顔を見つめ合った。
そして夫に促されると、妻が奥の部屋から少女を連れて戻ってきた。

「兵士さま…どうか、どうかこの娘の事を、をよろしくお願い致します…。」

歳の割りには老けて見える夫婦は、そう言うと自分たちに深く頭を下げた。
連れてこられた少女も、同じく頭を下げる。
ショーンは両親から手渡された証明書のような物と娘を見比べると、納得した
表情を浮かべている。その証明書は、王国が定めた診療所が発行したものであった。
その診療所により、その少女が健康体であり、何よりも処女であることが証明されていた。
怪物への"生贄"は、処女であることが望ましいとされているのだ。

ウォルターは、その少女を一目見て、はっとした。
どこかで見かけた事があるような気がしたためである。
それは、子供の頃に毎週通った、古い教会では無かったか。
肩で切りそろえられた栗色の髪は、艶やかな光沢を放っており、
目はどこか神秘的な感じのする、薄いブルーである。
肌は白く透き通るようであり、張りがあり、一点の曇りも見受けられない。

そして何より、その穏やかな表情には、どこか聖母のような暖かさを感じた。
そう、ウォルターはこの少女に聖母マリアを見たのである。
容姿は聖母マリアよりずいぶん若いが、ウォルターはこの少女の中に何か、
強いオーラのような物を感じていた。
そして、ウォルターはその少女の名前を聞いて、さらに驚いた。

「マリア・フォーセットです。よろしくお願いします…。」

ウォルターはその名前を聞いて驚愕した。
マリア…、今、マリアと言ったのか、この少女は…。
この…、この少女を、あの城へ連れていかねばならないのかっ!
この両親は、そしてこの少女は、このあと何をされるか、知っているのか!?
いや、知っているはずなど無い。知っていれば、自分の娘を差し出したりするはずが無い。
それは、以前ショーンの説明で聞いていた。
娘とその家族には、城で簡単な給仕をする仕事だと説明してあるのだ。
だが、両親も娘も薄々と何かを感じているのだろう。母親は目に涙を浮かべていた。
ショーンが隣で何か言っている…。
だが、石のように固まったまま少女を見つめるウォルターの耳には、それは届いていなかった。

「おい、起きてるか!?早くこの娘を馬車まで連れて行けっ!」

ウォルターはショーンの声で急に現実に引き戻されると、少女の細い肩に手を乗せて
馬車まで連れて行った。細い肩から、少女の体温が伝わってくる。
馬車の扉を開けてやると、少女は軽く会釈をして馬車に乗り込んだ。
その小さな仕草の一つ一つが、ウォルターにとって貴重な宝物のように感じられた。
ウォルターが馬車の扉を閉めるのを確認すると、ショーンは両親に金貨を渡した。
この男にも、少なからず人の心というものがあるようである。

そして目的を半分達成した二人は、暗くなり始めた道を一路城まで戻り始めた。
後は、再び1週間を掛けて城までたどり着けば、この仕事も終わりである。
娘を差し出した両親は、馬車が見えなくなるまで肩を寄り添わせて見送っていた。
馬車は、薄暗闇の中をどんどん小さくなってゆく。
そして完全に馬車が見えなくなると、母親はその場に泣き崩れた。

このような人身売買に似たような事は、それほど珍しくは無かった。
農村では口減らしをすることができる上に、報酬まで手に入るのだ。
特に若くて美しい娘となると、金貨が支払われる事もあった。
一般的な農村では、金貨1枚でおよそ1年分の収入である。
娘を外に出せば、少なくとも残った家族は生き残ることができた。

「おい、そんなに暗い顔するなよ!
娘を外に出さなかったら、あの家族は揃って飢え死にだ。
それが、あの金貨で家族は生き残ることができるんだ。
それにな、俺達にとっても役得ってものがあるだろう?」

ショーンは口元に笑みを浮かべると、小道から少し離れた場所に馬車を止めた。
元々、人通りが少ない道だが、夜ともなると全く人の往来は無い。
馬の蹄と馬車の車輪のゴトゴトという音が同時に聞こえなくなり、辺りを暗闇が支配した。
光源は、馬車に取り付けられたランプのみである。
宿屋でも無い、こんな人通りの無い場所に止めて何をするのか…。
ウォルターにも薄々分かっていた。

「本来なら、先輩の俺が先なんだが…。」

ショーンは静かに口を開いた。

「今回はお前に譲ってやるよ。気に入ったんだろう?あのマリアって娘。
書類によると、16歳になったばかりだ。当然処女だぜ。
ほら、早く楽しんでこいよ。そして、気持ちを切り替えろ!
おっと、ただし残念ながら処女はあの怪物用だ。お前はもう一つの穴にしとけ。」

ショーンは笑顔で話した。
どうやら、ウォルターを元気付けているつもりらしい。
ショーンに促されて、ウォルターは黙ったまま馬車を降りた。
そして、後ろの扉に手を掛けると、ゆっくりと扉を開いた。
ウォルターは、この動作の一つ一つが、神の領域に近づく行為のような気がした。
扉の向こうには、ランプの明かりに照らされた、美しい少女が少し怯えた表情で座っていた。

美しい…美しすぎる…。
ウォルターは、改めて少女の造形の美しさに見とれた。
こんな美しい少女を、地下の怪物なんかに…いや、もう怪物などはどうでもいい…。
今すぐ、目の前の陶磁のように滑らかで白い頬に触れたい…。
白いワンピースをなだらかに盛り上げている、豊かな胸を揉みしだきたい…。
きちんと揃えられた細い足首から柔らかそうなふくらはぎをなぞり、
そのままワンピースの裾をまくり上げ、柔らかな太ももまで手を這わせたい…。
そして、下着の上からあそこをゆっくりと撫でてみたい…。

マリアの切れ長でブルーの目は、僅かに震えている。恐怖を感じているのだろうか。
だが、ウォルターにそのような少女の感情を汲み取る余裕は既に無かった。
少しでも早くこの少女を全裸にして、体の細部まで、全てを見たかった。
そして、体の隅々まで舌を這わして舐めつくし、味わいたい…。
透明感のある、薄く柔らかそうな唇…。その中にある、暖かくて弾力のある舌…。
まだ汚れを知らない性器は、綺麗なピンク色だろうか。
誰も味わった事のない割れ目の中に舌を突き入れ、その脈打つ肉壁に舌を這わしたい…。
そして、そこから溢れる、熱く透明な粘液を飲みたい…。
この少女の全てを…いや、この美しい"体"の全てを味わいたい…ただそれだけである。

そこには、厳格なキリスト教の教育を受けてきた男の姿は無かった。
ただ性欲の虜となった、目の血走った男がいるだけである。
そして、興奮して震えるウォルターの手が、マリアの頬にそっと触れた…。
[ 2011/12/17 22:57 ] 生贄 | TB(0) | CM(0) | [編集]
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。