FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-拷問-第1話

<拷問 第1話>

薄暗い部屋に軍の指揮官達が集まっていた。
皆、深刻な表情で今後の作戦について話し合っている。

「兵の集結状況はどうか?」

「は、正規兵が約1000、傭兵が約2000、合計3000ほどです。あとは、オークの部隊が待機しております。
現在、200匹が即時投入可能な状態です。」

「で、城砦都市トランの戦力は?」

「それが・・・約5000の傭兵が集結しているとの情報です。しかも、その数は毎日増えているとのことです。」

深いため息が部屋を満たす。
城砦都市を落とすには、最低でも3倍の兵力が必要というのが常識である。
15000の兵が必要なところが、現在投入可能なのは3000。5分の1である。
いかにオークの部隊があるとはいえ、正攻法では占領などとても無理な戦力だ。
しかも、彼らが駐屯する村から帝国の首都までの距離は約2000km、一方トランは敵の首都から僅か300km。
この補給路の長さも彼らを悩ませていた。

「現在、補給が滞りつつあります。原因は長すぎる補給路です。
敵の領土深く攻め込んだのはいいですが、補給路が各地でゲリラに攻撃され、寸断されつつあります。
このまま時間が経てば、彼我の戦力差は開く一方です。」

さらに悪い知らせに、部屋全体が重い雰囲気に包まれた。
発言する者も無く、ただ静かに時間が流れた。
とその時、その静寂を破る声が発せられた。

「私に妙案があります。」

視線が一斉に声のする方を向いた。
そこには、今回の作戦に参加している、唯一の女性参謀がいた。
まだ27歳と若いが情報戦においては定評があり、これまでも幾度となく帝国軍の窮地を救っていた。

「作戦参謀、その案を聞かせてもらおうか。」

「はい。トランは周囲を高さ10メートルの壁で囲まれ、強固な防御力を有しています。
共和国軍側はこのままトランに篭城し、我々帝国軍の補給が尽き、疲弊するのを待って
出撃してくるはずです。逆に、補給が尽きる前に敵を都市から引きずり出すことさえできれば、
我々にも勝機はあります。その為には・・・」

作戦内容を聞いた者は、女性が考えたとはとは思えぬその苛烈な内容に驚いた。
しかし、どうやらその作戦以外に手はなさそうである。
今回もこの女に助けられるのか・・・。
戦場では勇名を馳せる各部隊の指揮官達からは、僅かながら苦々しい表情が読み取れた。

作戦会議終了後、すぐに作戦は実行に移された。
まずは、トランへの偵察部隊の派遣である。
人選は作戦参謀であり、今回の作戦の発案者である、レミーに任された。
情報戦を専門に扱う部隊は、約半数が女性で構成されている。
敵の懐深く潜入し、貴重な情報を得るには、女性の方が向いていることが多いためだ。
時には敵の指揮官と体を重ね情報を引き出し、用が済めば暗殺する。
今回の偵察にも女性が適用されることとなった。

「チェーン、この任務が終わったら、あなたに偵察部隊の小隊を任せようと考えているの。」
レミーは個人的に話をする時は、女性らしい話し方をした。

「私を、小隊長に・・・?」

「そうよ。今回の任務は困難だけれど、今後はあなたにも小隊の一つを率いてもらって、活躍して欲しいの。
そのためにも、必ず生きて帰ってきて。」

レミーに対する部下からの信頼は厚く、憧れの存在である。
それは、もちろん優秀な参謀ということもあったが、女性としての美しさも理由の一つであった。
172cmの長身で体はすらりとしており、長いブロンドの髪が僅かにウェーブしている。
切れ長の目は、その知性の高さを表していた。
その目で見つめられると、男はもちろん、女性でも体の奥が熱くなった。

「そんな・・・私はまだ21歳ですし・・・経験も浅いのに・・・。
でも、嬉しいです。作戦参謀に、生きて帰ってこいって言ってもらえるなんて。
なんとしても、今回の任務は成功させます!」

自分は、憧れの作戦参謀に認められている。
そう考えただけで、チェーンは体が震えるほど嬉しかった。

「ありがとう、チェーン・・・。」

甘い声と共に、レミーの白い手がチェーンの頬を撫でる。
陶磁のように白くて美しい顔が近づくと、優しく唇にキスをした。
そして、直立しているチェーンの体を優しく抱きしめる。

「はああ・・・レミー様・・・」

「かわいいわ・・・チェーン・・・。さあ、全てを私に見せて。」

ロウソクの明かりが揺れる部屋で、チェーンの若い肉体があらわになる。
乳房は大きくないが、形の良いお椀型をしており、その乳首は既に堅くなっていた。

「恥ずかしいです・・・。こんな、私だけ裸なんて・・・。」
消え入りそうな声で、チェーンが言った。

「そうね・・・恥ずかしいわね・・・。ほら、足をもっと開いて、自分であそこを広げてよく見せて。」

チェーンは両足を肩幅より少し広く開くと、目をつぶり、恥ずかしさで紅潮した顔を横にしながら、
両手であそこに指を伸ばした。そして、ゆっくりと両端を広げる。

くちゅぅ・・・・・・。

卑猥な音があそこから漏れると、チェーンは一層目を強く瞑り、顔を紅潮させた。
レミーに恥ずかしい姿を見られているというだけで興奮し、既にあそこはびちゃびちゃに濡れている。
熱い蜜が左右に開かれた割れ目から溢れ出すと、そのまま糸を引きながら床を汚した。
もう、チェーンは恥ずかしさのあまり泣き出しそうである。

「んん・・・いいわ、チェーン・・・その無様な姿・・・。もっと虐めたくなるわ・・・こっちにいらっしゃい。」

レミーはチェーンをベットにあお向けに寝かすと、その若い肉体を貪った。
柔らかい唇、乳房、そして熱い蜜が溢れ出す割れ目に舌をはわし、その蜜を舐め取ってゆく。
そして、チェーンの両足をM字型に開かせたまま、お互いの性器を密着させた。
レミーの腰がチェーンの体に何度も押し付けられ、その度に甘い声が漏れる。
お互いの割れ目から溢れ出る蜜で、卑猥な音が部屋中に響き渡る。

くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅ・・・

「レミー様、もっ、もう私っ・・・!」

「ふふっ、我慢できないのね?いやらしい娘・・・。いいわ、派手にいきなさい。見ててあげるから。」

レミーの、チェーンを抱く両手に力が入る。
それに答えるように、チェーンはレミーの腰に両足をからめ、自分でも腰を振りはじめた。
女同士で体を密着させ、互いに腰を振る姿がロウソクの赤くて淡い光に照らされる。

「ああっ!レミー様っ!!いくっ!いきますっ!!」
「チェーンがいくところ、見てくださいっ!!」

チェーンは両手と両足でレミーの体にしがみ付くと、一層激しく腰を振りはじめた。
短めに切られた黒髪を振り乱し、必死にあの瞬間を迎えようとしている。

「はあああっ!いくっ!!いっくうううぅぅぅっっーーーー!!」

チェーンは一層強く自分の割れ目をレミーの割れ目に押し付けると、絶頂に達した。
レミーの体にしがみ付いたまま、何度も、何度も体を痙攣させる。
長い絶頂の後、心地よい疲労感の中でチェーンは眠りについた。
[ 2011/12/14 20:47 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]

SM小説-拷問-第2話

<拷問 第2話>

「我々帝国第3軍は、明日から撤退を開始するわ。」
レミーはまだ暖かいベットの中で、チェーンの耳元に囁いた。

「撤退ですか?トランを目の前にして!?」

昨夜の快感が体から抜けきらずに、まだ夢を見ているような感覚から、
チェーンは一気に目が覚めた。

「トランは要衝よ。これ以上無理に攻撃しても、犠牲が増えるだけだわ。
 それに、ここまで攻め込むのに時間がかかり過ぎたようね。
 来週からは雪になりそうだし…。歴史的にも、雪のために敗走を余儀無くされた軍は多いわ。
 そして、何といっても補給が滞って食料も満足に行き届いていない状態では、戦えない。
 ここは一旦、帝都まで完全に撤退して再起を図る方が懸命なのよ。」

「そんな…そこまで補給が悪化してたなんて、知りませんでした…。
 補給部では、あと1週間は大丈夫だって…。」

レミーの顔がわずかに曇る。

「…それは、きっとあなた達を不安にさせないためね。いずれにせよ、明日から撤退を開始すれば、
 餓死者が出るような最悪の事態は免れるわ。」

「でも…どうしてそのような重要な事を私に…?」

「いつの時代も、戦略的失敗を戦術的な勝利で補おうとする軍は、最終的に敗北するわ。
 あなたにも、戦略的な見地からの考え方を身に付けて欲しいの。」

「そんな・・・私には、まだそんな事無理です・・・。」

「それは、私が決めることよ、かわいいチェーン・・・」

レミーの手が、チェーンの髪を撫でる。
そしてチェーンの体を仰向けにすると、髪を撫でながら首筋に舌を這わせた。

「はああ・・・」

チェーンの口から熱い吐息が漏れる。
早くも頬を赤く染め、体を小刻みに震えさせている。
レミーは首筋から胸へと舌を這わせると、乳首を口に含み舌先でこねくり回した。
時折、歯で軽く乳首を噛んでやると、チェーンは体をわずかに丸めて反応した。

「ふううぅぅんん・・・」

必死に快感に耐えようとしているのが判る。

「チェーン・・・あなた、こういう風にされる方が好きなんでしょ?」

レミーはそっとチェーンの割れ目に左手をやると、右手で乳房をわしづかみにした。
5本の指にぎゅうぅっと力を入れ、形の良い乳房が指の形に沿って変形させられる。

「はあっ!はああんんっ!!」

チェーンは、乳房への乱暴な愛撫に思わず大声で喘いでしまった。
そして、同時にあそこに当てられているレミーの左手を、熱い蜜で濡らした。

「ふふ、やっぱりね・・・。かわいい顔して、虐められると濡らすタイプなのね。」

チェーンは、何かとんでもなく恥ずかしい事実を知られてしまったかのようで、
目に涙を浮かべながら顔を紅潮させた。

「ほら、この粘ついた液はなんなの?誰がこんなもので私の手を汚していいと言ったかしら?」

目の前に自分の愛液で汚れた指を突きつけられる。
そこには、自分が出した恥ずかしい透明な汁が、いやらしい光沢を放っていた。

「う、ううぅぅ・・・。すみません・・・レミー様・・・。」

あまりの恥ずかしさと申し訳ないという思いのため、とうとうチェーンは泣き出してしまった。
両方の目から、すっと涙が頬を伝う。
だが、それを見てもレミーの言葉は容赦がない。マゾの扱い方を熟知しているのだ。

「ほら、自分で汚したものは、自分で綺麗になさい。」

口元に突きつけられた指は、どうすればいいのかチェーンにも良くわかった。
チェーンは涙を溜めながら、自分の愛液を舌で舐め取ってゆく。
最初は舌で舐めるだけだったが、憧れのレミー の指を舐めているという事実がチェーンを興奮させた。
指に舌を強く絡ませると、口の中に咥えて指の根元まで吸い付いた。

チュバ、チュバ、チュバ、チュバ・・・

必死になって指にむしゃぶりつくチェーン。
ああ・・・レミー様の長くて美しい指・・・。

「おいしそうにしゃぶるのね・・・でも、もっとしゃぶりたい所があるんじゃなくて?」

レミーは骨までしゃぶろうかという勢いのチェーンの口からスルっと指を引き抜くと、
唾液で濡れた指をチェーンの柔らかな頬でぬぐった。

「ほら、こちらにいらっしゃい。」

レミーはベットから起き上がると、部屋の中央に足を肩幅に開いて立った。

「さあ、私の足元にひざまづいて・・・。しゃぶりたいんでしょう?」

チェーンは操り人形のようにベットからのっそりと出ると、そのまま床を這ってレミーの足元に正座をした。
そして、顔を上げると一直線にレミーの割れ目にむしゃぶりついた。

チュバチュバ、チュバチュバ、チュ、チュウゥ、チュルチュルゥ・・・

一心不乱に割れ目に舌を突き入れ、ほんの一滴の愛液をも逃さずに舐め取ろうとばかりに、
狂ったようにしゃぶりつく。

「ふふ、それでいいのよ・・・。」

レミーは右手でチェーンの髪をわしづかみにすると、自分の割れ目に顔を押し付けた。
チェーンはそれに応えるように口の中に唾液を溜めると、口を大きく開いて割れ目に唇をぐっと押し付けた。
そして、そこから溜めた唾液と共に舌をゆっくりと奥まで挿入する。
チェーンの唾液は押し入れられた舌によって、割れ目の奥まで浸透していった・・・。

ぐちゅうぅ・・・ぐちゅるうぅぅ・・・ぐちゅううぅぅ・・・

奥まで突き入れられた舌が中でいやらしく動くたびに、唾液と愛液が混じった、卑猥な音が漏れた。
そして、チェーンは唾液と愛液が混ざり合って白く泡立った液体を吸い出して口内いっぱいに溜めると、
喉を鳴らしながら一気に飲み干した。

ごく・・・ごくぅ・・・

口元に残った白い泡も、指と舌で綺麗に舐め取る。
そして、チェーンがレミーの割れ目も綺麗にしようと舌を出した時、掴まれた髪がぐいっと後方に引かれ、
次の瞬間には今度は下向きに引っ張られた。自然と、レミーの鋭い目と視線が会う。

「チェーン・・・あなた私のものなら、何でも受け入れられるわよね・・・」

レミーはぐっと腰を突き出すと、チェーンの顔を今度は両手で強く割れ目に押し付けた。
もう、何をすればいいのかはチェーンにはわかっている。
チェーンは口を大きく開き、割れ目に吸い付いた。一滴も残さず飲み干す覚悟である。
床にひざまずき、両腕は左右にだらんと垂れ下がった状態で、口にだけに意識が集中している。

私・・・これじゃまるで、道具みたい・・・でも、レミー様の道具になら・・・。

「チェーン、こっちを見て・・・ほら、私の目を見るのよ・・・」

チェーンは目を開くと、ゆっくりと視線を上に向けた。
そこには僅かに微笑みを浮かべた、上気したレミーの顔があった。

そして目が合った瞬間、レミーは僅かに興奮の声を上げると、

それをチェーンの口内に勢いよく排泄した。
[ 2011/12/14 20:49 ] 拷問 | TB(0) | CM(0) | [編集]
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。