FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

飼育-第1話

<飼育 第1話>

エリスは、今の自分が置かれている事態が理解できなかった。
いったいどうして、こんな事になってしまったのだろうか?
つい先日まで、村で家族と平和に過ごしていたというのに…。

エリスは先月19歳になったばかりであり、来月にはディーンという婚約者と結婚する予定であった。
エリスの美貌は周辺の町でも噂に上るほどで、何人もの男に言い寄られたりもしたが、
結局は自分の村の幼馴染の男と結婚することにした。
ディーンは特に裕福な男ではなかったが、誠実で真面目な性格の男で、何よりエリスに優しかった。

だが、そのエリスの幸せを打ち壊す事件が起きた。
エリスの村が、亜人種であるオークを中心とした軍隊の襲撃を受けたのだ。

村は農耕を中心とした比較的小さな村で、軍事的には何の価値もなかった。
しかし、オークを中心とした軍隊に襲われたのには理由があった。
それは、食料と労働力。それと若い雌を得ることであった。
老人と子供は殺され、男は奴隷として強制労働に狩り立てられた。

そして、若い女はオークの慰み物として奉仕させられた。
少しでも抵抗する者は、その場で惨殺された。
家族は殺され、婚約者のディーンは強制労度のための奴隷として、連れて行かれた。
そして、自分も家畜のように首輪をされ、納屋のような建物に連れてこられたのだ。

その粗末な建物の内部には、異様な光景が広がっていた。
若い女達が、全裸で養豚場の豚のように並ばされている。
20人はいるだろうか…。
エリスは身震いした。
これは、いったいどういう場所なのか…?

皆同じ方向に尻を突き出し、床に敷かれた藁の上で四つん這いにさせられていた。
手足の自由は鎖で奪われ、更に床に太い鎖で繋がれている。
そして、女達のすすり泣く声が絶えず聞こえた。
体を震わせて、泣きじゃくっている者もいた。

と、その時、ガランガランと大きな鐘の鳴る音がした。
何とも耳障りで、納屋の薄い壁がビリビリと震える程の大きな音だった。
それと同時に、女達から悲鳴に似た声が上がった。

「いや、もう、いやあああっ!」
「やめて、もう、もうやめて、やだああああっ!!」
「許して、お願い、お願いですから、許して…許してえぇ…」
「ああ、また、またああぁ…」

何、何が始まろうとしてるの?
エリスには、あの鐘の音が何を意味しているのか、さっぱり分からない。
ただ、全裸で四つん這いにさせられている女達にとっては、何か辛い事のようではあった。
女達の中には、体を揺すって必死に逃げ出そうとする者もいた。
しかし、両手両足を太い鎖で繋がれ、足は肩幅より狭く閉じれないように固定されている。
その行為は、全く無駄なものだった。

その時、耳障りな鐘の音がようやく止もうとしていた。
重くざらついたその最後の音色が、薄暗い納屋の中に長く響いている。
そして気味の悪い鐘の音が完全に止むと、納屋の向こう側の扉が大きな音を立てて開いた。
と同時に、屈強なオーク達がどかどかと中に入ってくる。
女達の泣き叫ぶ声が、さらに大きくなった。

「いや、いやああ、いやあああっ!!」
「ああっ、あああっ!も、もう…許してぇっ!!」

頭を上げてオークに懇願しようとするが、首輪は鎖で床に固定されており、
高く上げる事が出来ない。しかも、その鎖の長さは30センチほどしかなかった。
自然と頭を低くして、尻を突出す格好にするためだ。
泣き叫ぶ者もいれば、全てを諦めているのだろうか、床に敷かれた藁に顔をうずめ、
動かない者もいる。まさに、異様な光景だった。

オーク達は、四つん這いにさせられている女達の尻の方に、列を作り始めている。
既に一人あたり3匹ほどのオークが並んでいた。そして、それはどんどん増えている。
オーク達は酷く興奮しているようで、息が荒く雄たけびを上げている者もいた。
そして、その者達の性器は、例外無く大きく膨張している。

カラーン、今度は納屋の中で先ほどとは違う鐘の音がした。
ただし、今回は一度きりだった。
すると、女達が頭を低くし、足を肩幅からさらに大きく開き、尻を高く突き出し始めた。
もう、大声で泣き叫ぶ者はほとんどいない。ただ、むせび泣く声が納屋に響いた。
背中は大きく反り、後ろに並ぶオーク達の前に女達の尻が高く突き出される。
どうやら、この鐘は女達にこの格好をさせるためのものらしい。
もう、エリスにもこの後何が行われるのか、理解するのに十分だった。
自分もこの後、ここに養豚場の豚のように並ばされて…後は…。

「う、うう…」

エリスは、嫌悪感で体を震わせた。
そして体中を、絶望が駆け抜ける。

その鐘が鳴り止むと、鞭を持った一人の男が尻を突き出した女達の後ろを歩き始めた。
この男は、豚のように飼育されている女達の飼育係とでも言えばよいだろうか。
そして、むせび泣きながら床に這いつくばっている少女を見つけると、
飼育係はためらいもせず少女の体に鞭を振るった。
「きゃああっ!!」少女は甲高い悲鳴をあげると、急いで四つん這いになり、
他の女達同様に足を大きく開き、尻を高く突き出した。

さらに大声で泣き叫んでいる女に鞭を振るい、全員の準備が出来たのを確認すると、
手に持った鐘を大きく振り始めた。

カラーン、カラーン、カラーン、カラーン…
乾いた鐘の音が、納屋中に響く。

それは、この藁の上で養豚場の豚のように並ばされ、惨めに尻を突き出している女達にとって、
地獄の始まりを知らせる鐘の音だった。
その鐘が鳴り始めると同時に、女の後ろに並んだオークの前の柵が開いた。

「うう、ううぅっ…」
「あ、ああっ…」

女達から、諦めと絶望のうめき声が漏れる。
そして、突き出された尻めがけて突進する、オーク達の雄叫びが納屋を埋めた。

[ 2011/12/10 12:22 ] 飼育 | TB(0) | CM(0) | [編集]

飼育-第2話

<飼育 第2話>

20匹のオークが、目の前の女の尻に一斉に飛びついた。
突き出された白い尻をわしづかみにすると、硬く膨張したペニスを膣口にあてがう。
そして、何のためらいもなく突きたて始めた。
前戯などというものは、オークには存在しない。ただ、膣に突っ込み犯すだけだ。
そして、溜まった精液を放出して性欲を満たす。
オーク達にとって、人間の雌とはただそれだけの道具だった。

「ああ、いやああっ!」
「ううう…、もういやあっ!」
「やめ、もう、もうやめてえっ!」

行為が始まると、女達の悲痛な声が聞こえ始める。
皆、四つんばいで後ろからオークの太いペニスで犯され、体を前後に激しく揺すられている。
両手で身体を支えることも出来ずに、床に敷かれた藁の上に顔を埋もれさせながら、犯されている女もいた。
パン、パン、パン、と尻を打ち付ける音が納屋中に響く。

エリスは恐怖と嫌悪感で、思わず目を背けた。
それを見た飼育係は、エリスの髪を掴むと強引に目をその行為に向けさせた。

「こら、よく見ておけよ。お前も今からここで同じように飼育されるんだからな。
それに、ちゃんと言う事を聞いてれば悪い事ばかりじゃないぞ?」

そう言いながら、飼育係は卑猥な笑みを浮かべた。
エリスには、何のことだか理解できない。
オーク達にいいように陵辱され、良い事などあろうはずかないではないか。
怪訝な表情を浮かべるエリスなどお構いなしに、飼育係は話を続けた。

「ほら、よくあの雌達を見てろ。そろそろ変化が現れるころだろう。」

エリスが恐る恐る飼育係の指差す方向に目を向けると、確かに女達に変化が見られた。
もう、行為を嫌がるような声を出す者はいない。
ただ諦めているようにも見えなくはないが、何かが違っていた。
女達の口から熱い吐息が漏れ、顔を赤く染めている。
口を半開きにして、唇が細かく震えていた。
それに、小さな喘ぎ声も聞こえ初める。

「は…はあ…、ああ…」
「ああ、はあ、はあああ…ん…」

こ、これは!?
エリスは不思議だった。ついさっきまで、あれほど嫌がっていた女達が、
顔を上気させ、喘ぎ声さえ漏らしている…。
不思議に思って飼育係の方を見ると、飼育係は満足そうな顔をして説明を始めた。

「オークの性器から分泌される液体には、人間の雌を興奮させる作用があるんだ。
まだここに来て間もない雌は最初の3日くらいは抵抗するが、直ぐに鐘の音を聞いただけで
興奮して、汁を垂らして藁を汚すようになる。」

「お前も、直ぐにそうなるんだよ。」

「あ、ああ、ああああっ…」
「はあ、はあん、ああああんっ!」
「ああ、い、いいっ、気持いいっ!!」

ついさっきまで悲痛な声を上げていた女達の声が、一斉に歓喜の声に変わった。

オークの性器から分泌される体液の媚薬効果については、この時既に広く知られていた。
特徴としては、非常に即効性があるということだ。性器にほんの一滴たらしただけで、
その効果は現れた。神に忠誠を誓った直後の修道女が、その瞬間に性器から熱い汁を垂れ流し、
だらしなく涎をたらしながら、一心不乱に男根にむしゃぶりつくほどだ。

「あ、あああ…、も、もっとおっ!」
「す、すごい…すごいいっ…!」

くちゅっ、くちゅっ、くちゅっ、くちゅっ…
ぐちゃ、ぐちゃっ、ぐちゃっ…

オークの太いペニスが、女達の濡れそぼった膣を出入りする。
白い尻に容赦なくペニスを打ち付けられ、体を前後に大きく揺さぶられる。
あの太くて大きなものが、今は完全に女の穴に押し込まれていた。
オークの一突き、一突きに、必至になって両手で体を支える哀れな女達…。
カリ高なペニスに熱い愛液がかきだされ、膣口から透明な汁を垂らす…。

ぐりゅううぅぅ……ぐちゃっ!ぐりゅううぅぅ……ぐちゃっ!

ペニスを膣口までゆっくり引き抜き、焦らしてから一気に奥まで突っ込むのを繰り返している。
オーク達も、「女」を楽しんでいるようだ。

[ 2011/12/10 12:22 ] 飼育 | TB(0) | CM(0) | [編集]
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。