FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-言葉責め-第1話

<言葉責め 第1話>

時刻は0時を過ぎたところだった。
智美は胸を高鳴らせながらメッセージを順に読んでいく。

名前:はる 年齢:26歳
「太いチンポで、何度も連続でいかせてあげよう。
SEX無しでは生きていけない体にしてやるよ。(リアル前提・関東)」

名前:コウイチ 年齢:42歳
「死ぬほど恥ずかしい責めに悦ぶような女性を探しています。(神奈川)」

マウスを握る手のひらに、汗が滲む。

名前:aki 年齢:30歳
「TELで言葉責めして欲しいM女性、どうぞ。
卑猥な言葉を浴びせて、いっぱい虐めてあげる。
さらに、考えただけでも恥ずかしい言葉を無理矢理
言わせて、涙が出てくるくらい惨めな気持にさせてあげるよ。」

智美の目が、メッセージの「言葉責め」というところで止まった。
言葉責めか・・・。
どんな酷い事を言われるんだろう。
卑猥な言葉でいっぱい虐められちゃうんだ・・・。
卑猥な言葉って・・・。
言葉としては知っているが、もちろん、自分で口にしたような事はない。
それを、他人から言われるのだ。
少し想像したところで、自分の心臓の鼓動が高まっているのを自覚した。
私、興奮してる。
言葉責めされるのを想像して興奮してるんだ・・・。

酷い事を言われて、虐められてみたい・・・。
智美には以前からそのような嗜好があった。
だが、今まで付き合った男達はそれに気づかなかった。
まさか中学の教師である智美に、そのような嗜好があろうとは誰も思わない。
もちろん、智美から男に言ったことなどない。
真面目で、知的な女で通ってきたはずだった。少なくとも今までは。

どんな風に虐められるんだろう。
智美に鼓動の高鳴りを抑えることは出来なかった。
智美は、恐る恐る入室のボタンをクリックする。
すると、自分の名前を入力する画面が現れた。
一瞬迷ったが、そこに本名を入れる事にした。ただし、平仮名で。
名前を入力後、再度入室ボタンをクリックする。

「ともみ」さんが入室されましたので、この部屋をロックします。

部屋に繋がった。
智美が被虐という黒くて甘い網に掛かった瞬間だった。

[ 2011/12/10 12:09 ] 言葉責め | TB(1) | CM(0) | [編集]

言SM小説-葉責め-第2話

<言葉責め 第2話>

入室して10秒ほどして、すぐに相手からのメッセージが表示された。

aki >「こんばんは、ともみさん」

以外。
智美の予想に反して、普通の挨拶で会話はスタートした。
これでは、夜に同僚に会ったのと変わらないではないか。
まあ、最初はこんなものなのか。
智美も挨拶を返した。

ともみ > 「こんばんは、よろしくお願いします」

自分の打った文字が、画面に表示される。
と、直ぐに返事が返ってきた。

aki > 「こちらこそよろしく」

自分の打った文字を、相手も見てるんだ。
当たり前の事だったが、それを現実で感じた瞬間だった。
これがチャットか・・・。なんだか、少し楽しくなってきた。

aki > ともみさんは、このサイトは初めて?
ともみ > はい、初めてです
aki > 夜中にこんなサイトに来るなんて、Hなんだね
aki > 何歳?自分は今年で30歳

そういえば、メッセージの所に名前と合わせて年齢も出ていた。
自分よりも7つ年上だ。
智美は今まで自分と歳が1つか2つしか離れていない男としか付き合った事がなかった。
少しとまどったが、よく考えてみればチャットで少し話すだけだ。別に付き合うわけではないのだ。
まあ、年齢くらいなら教えても問題ないだろう。本当の歳を答えた。

ともみ >23歳です

aki > ねえ、このサイトにいっぱい部屋があったと思うけど、どうして自分の所に入ってくれたの?
aki > 入り口のメッセージの、どの部分に惹かれた?

意地悪な質問だったが、智美は正直に答えた。
その質問に正直に答えることによって、新しい扉を開く事ができるような・・・そんな気がした。
キーボードを打つ指が、わずかに震える。

ともみ > 言葉責めって書いてあったから・・・

aki > へえ、言葉責めの意味知ってるの?もちろん、知ってて入ったんだよね。
aki > いやらしくて酷いこと、いっぱい言われてみたいんだ。
aki > ともみは虐められるのが好きなんだね。マゾなんだ・・・。
aki > ね、いっぱい虐められてみたいんだよね?

智美から見ると、すごいスピードで文字が表示される。
こんなに早く話すんだ、自分について行けるのかな。
そんな不安を感じた瞬間、「マゾ」の言葉に体を震わせた。
マゾ・・・。
もちろん意味は知っているし、自分がその気質があるのも解っていた。
顔も見たことも無い他人に、指摘されるのはすごく恥ずかしかった。
だが、智美はこれにも正直に答えた。さも、それが当然のように。

ともみ > はい、そうです・・・

智美が、自らマゾであることを他人に対して認めた瞬間だった。
柔らかな白い頬が、うっすらとピンク色に染まる。

[ 2011/12/10 12:10 ] 言葉責め | TB(0) | CM(0) | [編集]
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。