FC2ブログ

SM小説 被虐願望

人格を無視した性欲処理の道具として、 奴隷として、めちゃくちゃに犯されたい… 。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | | [編集] CM(-)

SM小説-被虐妄想-第1話

「被虐妄想 第1話(中村真紀(28)の場合)」

うう…もう真っ暗…。
結局、今日もこんな時間…。

時刻は既に23:00時を回っていた。辺りは静寂に包まれている。
今日もドクターの接待で、こんな時間になってしまった。医療機器の営業も楽では無い。
最近は医療機器の分野でも競争が激しくなり、他のライバルメーカーとの駆け引きも
多くなってきた。自然と、ドクターへの接待も増やさざるを得ない。
3日連続で病院のドクターを相手に酒を注がされた真紀は、うんざりしていた。

今年で28歳。命を守る医療機器の営業に誇りを持っていたのは、何歳までだったか…。
自社製品の優れた機能に目を向けてくれるドクターだけでは無い。
時には、体の関係を求めてくるような者までいた。同じ医療の関係者として嘆かわしい
限りだ。だが、そういう自分も今日はドクターの接待の為にミニスカートを履いている。
こんな事ができるのは、あと何年だろう…。真紀はため息を付いた。

とその時、道路脇に立てられている「ちかん注意」の看板が目に入った。
昨日まで、こんな看板無かったのに…。こんな暗い道で、痴漢なんて…。
真紀は肩から掛けたショルダーバッグの紐をぎゅっと掴むと、
自宅のマンションへと続く寂しい道を急いだ。
少し大胆な長さのミニスカートから伸びる細い足が、素早く交差する。
ヒールがアスファルトを蹴るカッカッという音が、闇夜に響いた。

マンションのすぐ近くに、小さな公園があった。
かなり古い公園で、公衆便所は剥き出しのブロックを積み上げて作ってあった。
周囲は背の高い樹木でコの字型に囲まれており、昼でもその辺りは薄暗い。
ブロックの壁はスプレーで落書きされ、個室のドアはベニヤが剥がれて腐っている。
公衆便所の入り口を照らす街灯には、大量の羽虫の死骸が溜まって薄暗かった。

真紀は、その公衆便所が大嫌いだった。
コの字型に囲んだ樹木も含め、全体的に湿っぽくて、全てが不潔で腐っている。
こんな所で用を足す人の、気が知れなかった。
この公衆便所の側の道を通る時は、朝でも道路の一番離れた場所を歩くようにしていた。
真紀はその公衆便所の前の道を、足早に通り抜けようとした。

と、その時。急に公衆便所の側から3人の男たちが現れた。
公衆便所の方を見ないようにしていたのと、急いでいたのとで、真紀は思わずそのうちの
一人とぶつかってしまった。男達は、公衆便所と樹木の間から飛び出して来たようだ。

「きゃっ!」

思わず声を上げ、身を小さくする真紀。
偶然ぶつかったのでは無いのは明らかだった。驚きもせず、真紀に掴みかかろうとする男達。
真紀はその手を払って助けを呼ぼうとしたが、今度は後ろから大きな手で口を押さえられた。
どうやら、男達は3人だけではないようだ。声を出すタイミングを奪われた真紀。
そして、真紀はそのまま大嫌いな公衆便所の方に引きずられていった。

渾身の力を込めて自由を奪われた両手を解こうと試みたが、男の力には敵わない。
口元を強い力で押さえつけられたまま、公衆便所の裏側の方に引きずられて行った。
そこは、ちょうどコの字型をした樹木に隠れて、死角となる場所だった。
まさか、こんな事になるなんて…!真紀はさっきの「ちかん注意」の看板を思い出して、
恨めしく思った。まさか自分が…!

「むうぅっーーー!ううぅっーー!!」

真紀は汚れたブロックの壁の側を引きずられながらも声を出そうとしたが、完全に塞がれた
口からは、小さくこもった声が漏れるだけだった。これでは、誰も気づいてくれない。
そして、とうとう公衆便所の裏側に連れてこられると、そのまま押し倒された。
そこには、薄汚れたマットレスが置いてあった。この為に準備されていたらしい。
口を押さえられたまま、両手両足を押さえ付けられる。背中には、湿ったマットレスの感覚。

両手で口を押さえ付けられ、両腕は万歳をした状態で同じ男の膝で押さえつけられている。
残りの4人の男達は、笑いながら真紀の服を乱暴に脱がしにかかった。
ブラウスのボタンが弾け、今日の為に我慢して履いていたミニスカートが引きずり降ろされた。
ブラも力ずくで引きちぎられ、ブラとお揃いのショーツが長い足から引き抜かれた。
真紀は目に涙を浮かべながら、足をばたばたさせて抵抗する。だが、無駄な抵抗だった。

「おい、今日こそは俺が最初だよな?」

「ああ、こいつ処女って歳でもなさそうだしな。先にやらせてやるよ。」

自分をまるで物のように話す男達の会話に、恐怖する真紀。
もう間違い無い。自分は、レイプされようとしている。たった今、犯されようとしているのだ。
必死で抵抗する真紀の両足が、2人の男達の手で大きく開かされる。
外で、それも、大嫌いな公衆便所のすぐ側で犯される…。
真紀は全身の皮膚の上を虫が這うような悪寒を感じた。凄まじい緊張が体を襲う。

男の指が、屋外で剥き出しにされた真紀の茂みに触れる。
くちゅ、くちゅ、くちゅ、くちゅっ…
触れた瞬間、男の指がぬるっと奥まで挿入され、指の動きに合わせて卑猥な音が聞こえた。
そんなっ…!こんな状況で…!恐怖に震えているはずの真紀は、混乱した。
引き抜かれた指には、べっとりと白い白濁液がこびりついている。

「ふん、女ってのはこういう状況になると体が反応しちまうんだよなぁ…。
お前も、本当はレイプされてみたかったんだろぉー?今、本物やるからなぁ!」

「んんっ!!んんんんっーー!!」

男達の声は若く感じた。真紀よりも10歳近く年下の少年のようだった。
腰を左右に振って、何とか逃れようとする真紀を無視して、それは乱暴にねじ込まれた。
ズンっっと一気に奥まで突き入れられ、そのまま激しいピストンが開始された。
男は真紀の白い乳房を乱暴に掴みながら、腰を突き入れる。
真紀の目から涙がこぼれた。男の腰の動きに合わせて、全身を激しく揺さぶられる真紀。

「おおっ!こいつ、すげぇ使いごこちいいぜぇっ!もう出ちまいそうだぁっ!」

回りの少年達の馬鹿にするような笑い声。
だが、真紀は恐怖した。中に出される!それだけはっ!
首を左右に振りながら、何とか中に出すのだけは止めるように目で訴える真紀。
だが、欲望に駆られた少年は腰を更に激しく打ちつけ、真紀に覆いかぶさる。
そして真紀の両肩を両手でぎゅっと抱きしめると、中に欲望を吐き出した。

どくっ、どくっ、どくっ、どくうぅぅうっ……

「むうっ!むうううぅぅーーー!!」

真紀の必死の制止も聞かずに、乱暴な腰の動きと共に射精が行われた。
10歳近くも年下の少年の若い精子が、力強い脈動と共に真紀の体内に注ぎ込まれる。
腹部に熱い液体がじわっと広がっていくのを感じた。

「あー、気持ちよかったぁー。やっぱオナニーするより気持ちいいぜぇー。」

「あ、次は俺ね。おい、足もっと広げさせろよ。」

足を大きくMの字に広げさせられると、2人目の少年が入ってきた。
SEXのテクニックなど何も知らない、ただ乱暴なだけのピストン。
自分の好きなように、ただひたすら腰を打ち付ける少年。
だが、そんな乱暴なピストンに、以外にも真紀の体は強く反応していた。
流し込まれた精液が乱暴なピストンで掻き出され、マットレスに垂れた。

ぐっちゅっ、ぐっちゅっ、ぐっちゅっ、ぐっちゅっ……

性器が擦れる卑猥な音。真紀は悔しくて、そして惨めだった。
少年達に組み敷かれ、体をおもちゃのように扱われている。
それも、不潔な公衆便所の裏で…。
犯されながら見上げた空は真っ暗で、星は一つも出ていなかった。
公衆便所のコンクリートの壁から、水が腐った匂いがした。

「おおっ!出るっ!」

どくぅっ!どくっ、どくっ、どくぅ…

腰を奥までぐっと押し付け、若い欲望の先端が子宮口を押し上げる。
そして、その先端がぐわっと膨らんだ直後に、欲望が破裂した。
子宮口を持ち上げたまま、どくどくと吐き出される精液。
子宮口に直接精液を浴びせられた真紀は、若くて熱い精液を直に感じた。
中に射精された恐怖で、ぶるぶると震える真紀。悲しくて涙が止まらない。

「ああ…いっぱい出た…。こんなにいっぱい出たら、お前妊娠するかもなぁ…。」

女を性欲処理の道具としか考えていない少年は、相手が妊娠しようが構わなかった。
彼らはただ、自分たちの性的欲望を満たしたい。ただ、それだけなのだ。
女を犯したい。犯してぶち込み、精液を流し込みたい。だから、犯す。
それによって他人が迷惑を被る事になろうと、自分が困るわけでは無い。
それが彼らの"自由"であり、当然の"権利"だった。

彼らは仮に逮捕されても、平然と次のように言うかもしれない。
"心配しなくても大丈夫ですよ。僕は全然困ってませんから"と。

陵辱は尚も続いた。
口を押さえられる代わりに、ナイフが首筋に突き付けらる。
ナイフで首を切られるかもしれないという恐怖で、声を出すことは出来ない。
真紀は四つんばいや片足を大きく上げた格好など、様々な体位で陵辱された。
更に、ナイフで脅されて、男の上に跨って腰を振ることまで強要されたのだ。

そして、射精は全て真紀の中で行われた。少年達は、真紀の中に熱い欲望をぶちまけた。
一人が満足すると、すぐに次の少年が真紀に覆いかぶさる。犯して中に出す。
これの繰り返しだった。真紀は、体を激しく揺すられながら、この地獄が早く終わってくれる
事だけを願った。既に逃げる事は考えられなくなっていた。早く満足して、終わって欲しい。
ただ、それだけだった。

地獄が終盤にさしかかった時、真紀は四つんばいの格好で自分から腰を振らされていた。
男は真紀の白い尻をぎゅっと掴むと、腰をぐっと突き出して最後の射精をした。
どくどくと注ぎ込まれた精液は、これまでに出された精液と混じり合い、性器の入り口から
子宮口までの筒を満たした。目的を終えたペニスが引き抜かれると同時に、精液で汚れた
マットレスの上に崩れ落ちる真紀。頬に当たるマットレスの、湿った匂いが鼻を突いた。

合計で10回以上熱い精液を流し込まれた真紀は、全裸で足を開いたまま、マットレスの上で
うつ伏せになっていた。開いた足の付け根からは、大量の精液がどろどろと流れ出した。
体を細かく震わせながら、泣き続ける真紀。もう、何もかもが汚れてしまった感じがした。
だが、まだ地獄は終盤を迎えたに過ぎなかった。

男達は真紀の体を、ロープでぎちぎちに縛り始めたのだ。両手を後ろ手に縛られ、
足は大きく開いてM字で固定された。そして、最後に体中をロープで乱暴にぐるぐる巻きに
されてしまった。そして、声を出せないように口には真紀の履いていたショーツを押し込んで
その上からロープで猿轡を噛まされた。そして、哀れな真紀は男達の手で公衆便所の男性用
便所の中に連れて行かれた。

全裸でぎちぎちに縛られた真紀は、汚れたコンクリートの床の上に転がされた。
それを見下ろす5人の少年達が、かちゃかちゃと音をさせながらベルトをはずし、
さっきまで真紀の中に入っていたペニスを取り出した。そして、その先を真紀に向ける。
もう、真紀にもこれから何をされるのかは分かっていた。
真紀は、体を震わせながら目をつぶった。

シャーという音と共に、暖かい液体が真紀の全身に振りかけられた。
5人分の尿が、真紀の顔、髪、胸、尻、あらゆる箇所を濡らしてゆく。
尿が真紀の体で弾け、コンクリートの床へ流れ落ちる。
びちゃびちゃという音が、狭い男性用公衆便所の中を満たしていた。
あまりの屈辱に体をガクガクと震わせながらも、ただ耐えるだけの真紀だった。

「あーすっきりしたー。やっぱ、輪姦の後はこれに限るな。」

「ああ、性欲が満たされた後のしょんべんは、すげー気持ちいいよな。」

「おい、しょんべんした後は、水を流すのがマナーじゃねえか?」

「さすが!俺ら若い人間がマナーを忘れちゃいけないよな!」

少年は用具入れから取り出したバケツに水を溜めると、真紀の体にぶちまけた。
ばしゃーん!と大きな音が便所の中にこだました。
思わず、体を小さくする真紀。そして、目をゆっくりと開けた所に、真紀のショルダー
バッグの中身が便所の床にぶちまけられた。手帳や化粧品などの小物が、汚れた床の
上を滑って壁に当たった。

「財布の中身は、俺たちが有効利用しといてやるからなー。」

少年達はそういい残すと、真紀を放置したままその公衆便所を後にした。
便所の床に全裸で縛られたままの真紀が発見されたのは、その日の昼であった。
[ 2011/12/18 10:43 ] 被虐妄想 | TB(0) | CM(0) | [編集]

SM小説-被虐妄想-第2話

「被虐妄想 第2話(平岡良子(26)の場合)」

ブルルルル…、ブルルルル…、ブルルルル…

ダイニングテーブルの上で、携帯が振動を続けている。どうやらメールのようだ。
良子は、それを恨めしい視線で見つめていた。
きっと、またあの子からの命令だ…。そう思うと、携帯に手を伸ばすのがためらわれた。
しかし、命令に従わないとどうなるかは、良子にも分かっていた。
良子はゆっくりと携帯を手に取ると、メールの内容を確認した。

"15:00"

内容はこれだけだったが、送信者欄に翔太と出ていたため、その内容で十分だった。
良子はそのメールを見た瞬間、全身がぶるっと震えた。
心臓の鼓動が早くなり、胸の奥が熱くなるのを感じた。
これで、今日の15:00からの良子は、もはや人ではなくなる事が確定した。
単なるおもちゃとして、人格の全てを否定された、肉奴隷として扱われるのだ。

しかも、男と呼ぶにはまだ早い、遥かに年下の○学○年生の男の子に…。
どうしてこんな事になってしまったのか…。
後悔しても仕方が無いのは分かっているが、良子は今までの事を思い出していた。


良子は結婚3年目の専業主婦だ。
まだ26歳の良子は、元々スタイルが良いのと童顔とで、服装にさえ気をつければ20歳
くらいに見えた。その為、先月引っ越してきたばかりの頃は、近所でも評判になった程だ。
引越し先として茨城を選択したのは、良子の旦那だった。
都心までの通勤時間は2時間かかったが、その自然と何より土地の安さが魅力だった。
念願の一戸建てを購入した平岡家は、まだ子供はいなかったが順風満帆だった。

ただ、良子にも少なからず不満はあった。
それは、良子の旦那に出張が多いことだ。元々旦那の本社は大阪にあり、本社の大阪に
出張することが多いのだ。時には1ヶ月間ずっと単身赴任の時もある。
26歳の良子は、欲求不満になることもしばしばだった。
しかも、何となく25歳くらいから性欲が強くなってきたような気がしていた。
旦那がいない時は、1階のリビングでオナニーに耽ることも多かった。

そして、それが命取りになった。
いつの間にか、その行為はリビングの窓越しに盗撮されていたのだ。
それも、○学○年生の少年によって…。その少年の名前は翔太といった。
それを最初に見せられた時は、もちろん衝撃だった。
しかしながら、冷静になってみると相手はまだ○学生である。何とかなると思えた。
だが、それはとんでもない間違いだとわかるのに、時間はかからなかった。

近所に写真をばら撒くだけでなく、インターネットに動画を流出させると脅されたのだ。
弱みを握られた良子は、命令されるがまま、次々と恥ずかしい行為を迫られた。
陰部を目の前で大きく開かされたり、四つんばいになって尻を突き出し、丸見えの
肛門をじっくりと観察された。もちろん、その一部始終がデジタルビデオに撮られていく。
旦那が不在なのを良いことに、少年は毎日のように平岡家へ上がりこんでは、良子に淫らな
事を命令した。

少年の見ている前でさせられた強制オナニーは、良子の細い指が割れ目を這い、
2本の指が割れ目の中に挿入される瞬間から、白濁した汁をかき出すシーンまでアップで
撮られていった。良子もオナニーを見られるという事に興奮して、一人でやる時よりも
大きな声を上げながら激しく指を動かし、腰を振った。そして、カメラの前で絶頂を告げた。
更に、風呂場で放尿までさせられた。しかも、下着は付けたままである。パンティを履いた
ままでのお漏らし…。しかも○学生の前で…。良子は泣きながら尿を漏らした。

そして、行為はエスカレートしてついにその時を迎える。○学生による、挿入である。
良子は、生まれて初めて、○学生のペニスを受け入れた。
それは、思っていたよりも、大きかった。そして、硬い…。
最近の○学生は、性的な成長も早いのか。良子は旦那とするのと同じように大きく足を
開くと、少年のペニスを奥まで受け入れた。○学生に犯されるという屈辱感…。
良子は子供に性のおもちゃにされている自分が惨めで悲しかった。
だが、良子のあそこからは、旦那とする時とは比べ物にならないほど蜜が溢れていた。

「ああ、翔太くん…。だめ、もう私…。」

子供におもちゃにされることに興奮し、絶頂を迎えそうになる良子。
だが、かってにいくことは許されていない。翔太の許可があって初めて、いくことが
出来るのだ。腰を深く突き入れながら、絶頂を我慢できない良子を見下ろす翔太。
○学生の割には、体つきがしっかりとしている。サッカー部に入っているからか。

「しょうがねぇなあ、良子は…。じゃあ、ちゃんといつもの言えよ!」

「は、はい!言いますっ!」

良子は、翔太に名前を呼び捨てにされることにも、慣れてきていた。
そして、翔太に接する時は、常に敬語である。

「はああっ!いくっ!良子いきますっ!
翔太くんの、翔太くんのおちんちんでいくうっ!」

両足を思い切り開くと、翔太の背中に手を回して、大きく背中をのけぞらせる良子。
いつものいき方だった。もちろん、その瞬間までビデオに撮影されていた。
どんどんと深みに嵌まっていく良子。

翔太は腰を大きく円を描くように動かしながら、良子の中をかき回した。
くちゅくちゅと卑猥な音が、割れ目から漏れる。

「お前、俺の女にしてやろうか…。どうだ、俺の女になるか?」

「は、はい…。なる…翔太くんの…。翔太くんの女になります!」

強烈な被虐感と快感で、頭の中がもうろうとする良子。
もう、翔太の事しか頭に無かった。ただ、翔太に犯されていれば幸せだった。
四つんばいになってバックで犯されながら、翔太への忠誠を誓う良子。

「翔太くんのおちんちん、気持ちいい…。
良子は…、良子は翔太くんの女ですぅっー!」

パシーン!
その時、良子の白い尻が大きな音を立てて平手打ちされた。
突然尻を叩かれて、良子が悲鳴を上げる。

「翔太くんじゃねぇだろ?お前は俺の女なんだ!翔太様って呼べっ!
それから、おちんちんってのも止めろ!俺を2度と子ども扱いするなっ!」

「は、はい。すいません、すいません、しょ、翔太さ…ま、翔太様ぁっーー!!」

バックで犯されながら、○学生の名前を様付けして呼ばされる屈辱感…。
そして謝罪と服従…。それらは繰り返せば繰り返すだけ、強烈で甘美な快感として
良子の体に刻み込まれていった。

「お前は何だ?言ってみろっ!」

「はい!良子は、良子は翔太様の女ですっ!何でも…何でもいうこと聞きます!」

目からぼろぼろと涙を流しながら、服従の言葉を口にする良子。
翔太は良子を仰向けにすると、大きな乳房を両手で揉みながら、腰の動きを早めていく。
パン、パンと性器がぶつかる音が、夫婦の寝室に響いた。
翔太は良子を抱きしめると、耳元でそっと囁いた。

「じゃあ、俺の子供孕むか?」

一瞬、良子は聞き間違えかと思った。
今までは中に出すのだけは許してもらっていたが、ついに中に出されるのだ。
もう、被虐の快感に陶酔しきっている良子に、拒む気力は無かった。
この少年に、完全に支配されたい…。身も心も、全てをこの少年に捧げたい…。
ただ、それだけだった。

「は、孕みます…。翔太様の子供、孕ませてください…。」

「よーし、いい子だ、良子。さすがは俺の女になりたいってだけはあるな!
たっぷりと奥に中出しして、妊娠させてやるからな!」

中に出される…。○学生の子供に犯されて、妊娠させられる…!
良子は激しく混乱しながらも、その深い被虐感に溺れていた。

「はあっ!出してっ!出してくださいっ!翔太様の、翔太様の精子くださいっ!」

○学生を様付けで呼び、女として服従させられている自分…。
○学生に身も心も完全に支配されて、性のおもちゃにされている自分…。
それら全ての負の感情が、快感へと転化されて、良子を狂わせた。

「いく!いきますっ!翔太様の、翔太様のちんぽでいくぅっーー!!」

びゅるっ、びゅるうっぅぅーー!
良子が絶頂を迎えた瞬間、若い精液がペニスの先端から子宮口めがけて放たれた。

「ああっ!出てるっ!翔太様の精子っ!出てるっ!あっ!あああっーーー!!」

何度も何度も、体を大きくびくびくと痙攣させる良子。
最も敏感な絶頂の瞬間に精液を注がれ、良子の興奮は最高潮に達した。
口からだらしなく舌を出し、絶頂の快感に酔いしれる良子。

「これで、お前は完全に俺の物だからな…。」

それから3週間後、良子は翔太の子供を妊娠した。


"ピンポーン"

どうやら、ドアのチャイムの音である。
良子は携帯を握り締めたまま、今までの事を思い出してぼーっとしていた。
時刻は15:00。携帯で指示のあった時間である。翔太が来たのだ。
良子は急いで玄関へ向かった。その時、既に股はぐっしょりと濡れていた。
玄関を開けると、そこには翔太以外に4人の子供がいた。

「よう、良子。今日は、こいつらにも犯らせるからな。」

良子にそれを拒むことは出来なかった。
少年5人がかりによる陵辱。良子は口と性器に肉棒を咥え込みながら、
両手で少年達のものをしごかされた。次々と放出される精液。
顔や口に、びしゃびしゃと熱くて若い精液が放たれてゆく。

「こいつ、今妊娠中だから、好きなだけ中に出していいぜ。
ただし、中出し1回3000円な。」

「何だよ、こんな二十歳過ぎの女で金取るのかよ~。
まあ、たまにはいいけどさ~」

夕方から始まった少年達による陵辱は、深夜まで続いた。
体位も様々なものを要求され、上になったり、立ったまま犯されたりした。
四つんばいにさせられて、皆の前で自分から腰を振らされるのは、屈辱だった。
泣きながら、腰を振る良子。もちろん、それらは全てビデオに録画されている。

「ああ…もう我慢できないっ…。犯して、犯してえぇっーー!
良子は…良子は、皆さんの奴隷です!好きなだけ、犯してくださいっ!!」

○学生5人がかりで輪姦されて、とうとう狂い始めた良子。
自ら若いペニスにしゃぶりつき、腰を擦り付け始めた。
次々と中出しされる精液は割れ目からあふれ出し、シーツを汚した
夫婦の寝室は、若い汗と精液の匂いで充満してゆく。

「精液出てるぅっ!はああっーー!いくっ!おまんこいくうぅーーー!!」

「また、またいくっ!いっくうぅぅっ!ああっ!もうだめぇっーー!!」

繰り返される良子の絶頂の声。
少年達の精液便所と化した良子は、夜通し犯され続けた。
[ 2011/12/18 10:44 ] 被虐妄想 | TB(0) | CM(0) | [編集]
訪問者数
最近の更新履歴
2015/09/12 告白第3話掲載 2015/09/11 告白第2話掲載 2014/01/13 告白第1話掲載 2014/01/05 服従第2話掲載 2013/12/01 陵辱第10話掲載
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスランキング
おすすめリンク
エログチャンネル3
小説・エログの更新チェックはこちら
リンク一覧
<官能小説>
悲鳴館
東雲の屋根裏
TETLAHOMEPAGE
変態小説
家庭内盗撮の妄想
官能文書わーるど
蕩蕩(とろとろ)
羊頭狗肉
18'sSummer
翼をもがれた天使達
妄想劇場
お姫様倶楽部
悪夢の館
姦女真紅
愛と官能の美学
美菜子の物語
Virgin Milk
実験的官能小説
みさとのお部屋
つれずれなる羞恥小説
最低のオリ
ひとみの内緒話
ぷろとこーる・ラボ
快楽玩具
異端者
鬼畜系主義!
ぺたの横書き
悶々劇場
発情する官能小説
犬っこエミちゃん
花音 - Kanon -
Virtual Virtuality
Mikiko's Room
羞恥小説の森
新・SM小説書庫
人妻官能セレクション
夜汽車痴漢の甘砂糖
トシの羞恥、調教の部屋
素敵なSMアナルフェチ
生体実験、SM小説サイト
男に淫らな体に彩られていく加奈
変態ヒロイン羞恥露出痴漢調教小説
TOYBOY(玩具少年)
発情する官能小説
夜曲、彼女の蜂蜜。それから
妄想夢想

<官能小説リンク集>
エログちゃんねる
正しいH小説の薦め
萌駅
ちょらりんく
ぱっくりんく
駄文同盟.com
MEGURI-NET
Adult Novel Search
SM Trance Novel
HIMEGURI-NET
官能小説.com

<SM総合>
M女の隠れ家
絶対奴隷-M女のしつけ方-
調教倶楽部
SMリンク
Miomioのマゾ調教日記
緊縛艶奴 DomesticSlave
カメ吉の調教ブログ
M女りなの調教物語
変態牝豚 肉便姫
SM動画 パラフィリア
緊縛S魂の使者として

<体験告白>
エッチ告白体験談で至高のオナニー
エピソードセックス

<アダルトグッズ販売>
SOFT-STAFF
エネマグラ通販|マルチプル
サドマゾ
Paradise
オナニーグッズ通販・オナホ~!
悶絶ナイト
海外SMグッズタランチュラ
スポンサードリンク
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。